222件中 41 - 50件表示
  • 火災

    火災から見たストーブ

    まずは炎の発生を予防することが大事である。まずは直接的に炎を扱うこと(例:タバコ・ストーブ・料理)は、基本的に眼の届く範囲で行うということである。これに従えば、寝たばこや、子供に火遊びをさせない(保護者の目の届かない範囲である)ということになろう。この考えは予防以外にも役に立つ。というのは火災では初期消火の大切さが常々訴えられており、万が一出火してしまったときでも、目の届く範囲ならば迅速な消火活動により被害を軽微にすることが可能だからである。また、炎だけでなく、可燃物に対する意識も重要である。これは火災が放火や漏電などで引き起こされることがあるためである。生ゴミや灯油類は屋外に置かず、また配電設備は時々清掃(埃を拭き取るなど)を行うことが望ましい。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た高齢者

    火災による死者は、高齢者になるほど多くなる。年齢階層ごとに火災で死亡する確率を求めると、40歳を超えた辺りから、年齢に比例して死亡確率が高くなっている。これは、加齢するに従い、判断力や身体機能が衰えるからだと考えられている。ただし、直近の傾向として無職や独身住まいの男性熟年層(45〜64歳)の死亡者数が急増していることが、消防庁の調査で判明している。火災発生率の地域的な傾向を見ると、北陸地方では特に低く、東北地方では特に高くなっているが、その原因はよく判っていない。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た気象

    月別に見てみると、2月・3月に多い。乾燥した気象条件の時に火災が発生しやすいからであり、実効湿度・風速と火災発生件数は相関関係にあることが判っている。そこで、毎年この時期に「春の全国火災予防運動」が実施されている。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た長崎屋火災

    1990年3月18日 - 長崎屋火災(兵庫県尼崎市、死者15名火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たアメリカ同時多発テロ

    2001年9月11日 - アメリカ同時多発テロによるワールドトレードセンターの火災火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た日本の警察

    火災原因の究明と損害の調査(火災調査)は法に基づき消防が行うこととされているが、特に放火など不審火の場合、警察もまた捜査を行う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た喫煙

    火災の多くは放火やタバコの不始末などの犯罪や過失、電気コードのショートといった人工物の不具合などが原因で起こり、落雷や火山の噴火、乾燥した自然林が倒れる等の自然現象を原因とする場合もある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た野焼き

    火入れ(野焼きのため)2,095件火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た不審火

    火災原因の究明と損害の調査(火災調査)は法に基づき消防が行うこととされているが、特に放火など不審火の場合、警察もまた捜査を行う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た現住建造物等放火罪

    放火については、刑法上、殺人と同じ刑が定められている(殺人罪・現住建造物等放火罪ともに死刑又は無期若しくは5年以上の懲役)が、殺人年間件数約1,300件に対して、放火年間件数は約8,000件と数倍にのぼっている。なお、放火(現住建造物等放火)犯を殺人と同様に重く罰するのは木造の長屋が大半だった江戸時代からの流れを継いでいる。江戸時代には江戸でたびたび大火が起きた(江戸の火事)。火災 フレッシュアイペディアより)

222件中 41 - 50件表示

「火災」のニューストピックワード