211件中 61 - 70件表示
  • 火災

    火災から見た火遊び

    まずは炎の発生を予防することが大事である。まずは直接的に炎を扱うこと(例:タバコ・ストーブ・料理)は、基本的に眼の届く範囲で行うということである。これに従えば、寝たばこや、子供に火遊びをさせない(保護者の目の届かない範囲である)ということになろう。この考えは予防以外にも役に立つ。というのは火災では初期消火の大切さが常々訴えられており、万が一出火してしまったときでも、目の届く範囲ならば迅速な消火活動により被害を軽微にすることが可能だからである。また、炎だけでなく、可燃物に対する意識も重要である。これは火災が放火や漏電などで引き起こされることがあるためである。生ゴミや灯油類は屋外に置かず、また配電設備は時々清掃(埃を拭き取るなど)を行うことが望ましい。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た愛宕信仰

    火除けの札-京都の愛宕神社のものなど。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た煙突効果

    煙は上昇する動きが人間の動きに比べて極めて速く逃げ切れない(煙突効果火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た三井三池炭鉱

    1984年1月18日-三井三池炭鉱の坑内火災(福岡県大牟田市、死者83人)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た火災警報機

    避難経路の確保も重要な予防方法である。避難経路や非常口には物を置かず幅を広めにとり、視界も確保する。他に配慮する点としては身体的弱者、例えばお年寄りや子供は逃げやすい場所を寝室にする、火災警報機や防火戸の設置などがある。大事なのは設置するだけでなく実際に使ってみて使い心地を確かめてみることである。また、後述のように煙が怖いのでそれに配慮した避難経路や道具の設置場所かを考える必要がある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たドン・キホーテ放火事件

    2004年12月13日-ドン・キホーテ浦和花月店火災(さいたま市緑区、死者3名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た燃料

    木造家屋が多い日本では江戸時代より大火が多く、明暦の大火など江戸市街の相当部分を焼失する火災がしばしば発生した。近代では函館市の大火(1907年、1934年)や、1923年の関東大震災、1945年の東京大空襲、1995年の阪神・淡路大震災による大火が有名である。地震や空襲による火災は複数箇所で火災が発生し、延焼地域が繋がって大火に至る場合が多い。プロパンガスを使用している場合や燃料など可燃物を設置している場合などは、ボンベの爆発等による危険を伴う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た噴火

    火災の多くは放火やタバコの不始末などの犯罪や過失、電気コードのショートといった人工物の不具合などが原因で起こり、落雷や火山の噴火、乾燥した自然林が倒れる等の自然現象を原因とする場合もある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た飯坂温泉

    1994年12月21日-飯坂温泉の旅館火災(福島県福島市、死者5名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た河西郡

    1964年3月22日-北海道河西郡芽室町にて大火発生。150戸を消失火災 フレッシュアイペディアより)

211件中 61 - 70件表示

「火災」のニューストピックワード