222件中 61 - 70件表示
  • 火災

    火災から見た日本の消防車

    上に避難してもはしご車が来るまでどうしようもない火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た群馬県

    3月11日 - 菊富士ホテル火災(群馬県水上町、死者30名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た禁門の変

    1864年8月19日 - どんどん焼け(禁門の変による出火が大火に発展)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た愛宕信仰

    火除けの札として、京都の愛宕神社のものなど。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た煙突効果

    煙は上昇する動きが人間の動きに比べて極めて速く逃げ切れない(煙突効果火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た火災警報機

    避難経路の確保も重要な予防方法である。避難経路や非常口には物を置かず幅を広めにとり、視界も確保する。他に配慮する点としては身体的弱者、例えばお年寄りや子供は逃げやすい場所を寝室にする、火災警報機や防火戸の設置などがある。大事なのは設置するだけでなく実際に使ってみて使い心地を確かめてみることである。また、後述のように煙が怖いのでそれに配慮した避難経路や道具の設置場所かを考える必要がある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た焚き火

    日本での主な出火原因は、上位から放火(放火と疑わしいものを含める)、煙草、焚き火、焜炉である。平成26年版消防白書に示される出火原因において、2013年中の総出火件数4万8,095件のうち、失火による火災は3万2,128件(全体の66.8%)であり、失火の多くは火気の取扱いの不注意や不始末から発生している。主な内訳は以下である。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た燃料

    木造家屋が多い日本では江戸時代より大火が多く、明暦の大火など江戸市街の相当部分を焼失する火災がしばしば発生した。近代では函館市の大火(1907年、1934年)や、1923年の関東大震災、1945年の東京大空襲、1995年の阪神・淡路大震災による大火が有名である。地震や空襲による火災は複数箇所で発生し、延焼地域が繋がって大火に至る場合が多い。プロパンガスを使用している場合や燃料など可燃物を設置している場合などは、ボンベの爆発等による危険を伴う。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た噴火

    火災の多くは放火やタバコの不始末などの犯罪や過失、電気コードのショートといった人工物の不具合などが原因で起こり、落雷や火山の噴火、乾燥した自然林が倒れる等の自然現象を原因とする場合もある。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た飯坂温泉

    1994年12月21日 - 飯坂温泉の旅館火災(福島県福島市、死者5名)火災 フレッシュアイペディアより)

222件中 61 - 70件表示

「火災」のニューストピックワード