211件中 71 - 80件表示
  • 火災

    火災から見た電気室

    電気室や発電機からの出火で、感電の危険性がある火災。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た千日デパート火災

    1972年5月13日-千日デパート火災 (大阪市、死者118名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た地下鉄

    地下施設-地下街や地下鉄は人が集まり、煙も地上施設に比べてたまりやすいためにパニックや将棋倒しになりやすい。従業員・係員の指示に従って冷静に避難することが大事である。特に列車乗車中に火災に遭遇した場合、安易なドアコックの操作は厳に慎まなければいけない。ドアコックを操作するとドアを手動であけることが出来るようになるが、これを作動させると運転士が異常を感知して列車を直ちに停止させてしまう。この場合、運転士・車掌は火災のために停車したということが分からず、迅速な対策がとれない。また停止場所がトンネル内や鉄橋上である場合には避難・消火の大きな妨げになるので、列車内での火災を発見した場合はまずは運転士もしくは車掌に連絡し指示を仰ぐことが大切である。近年、最前部・最後部まで行かなくとも連絡をつけられる対話式の車内非常通報装置(SOSボタン)が普及しつつある、この装置もボタンが押された場合は停止義務があるが、火災だとわかるとすぐに運転を再開でき、安全な場所まで運行したうえで避難できるのが大きな違いである。たとえば、大阪市交通局では地下鉄乗車中に火災に遭遇した場合には、安全な車両に移動したうえで、非常通報装置を使って乗務員に連絡を取り、車内に備え付けの消火器を用いて初期消火を行うべきだとの見解を示している。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た漏電

    まずは炎の発生を予防することが大事である。まずは直接的に炎を扱うこと(例:タバコ・ストーブ・料理)は、基本的に眼の届く範囲で行うということである。これに従えば、寝たばこや、子供に火遊びをさせない(保護者の目の届かない範囲である)ということになろう。この考えは予防以外にも役に立つ。というのは火災では初期消火の大切さが常々訴えられており、万が一出火してしまったときでも、目の届く範囲ならば迅速な消火活動により被害を軽微にすることが可能だからである。また、炎だけでなく、可燃物に対する意識も重要である。これは火災が放火や漏電などで引き起こされることがあるためである。生ゴミや灯油類は屋外に置かず、また配電設備は時々清掃(埃を拭き取るなど)を行うことが望ましい。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た池之坊満月城火災

    1968年11月2日-池之坊満月城火災(神戸市、死者30名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た北陸トンネル火災事故

    1972年11月6日-北陸トンネル火災事故(敦賀市、死者30名)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た上小阿仁村

    1964年5月14日-秋田県北秋田郡上小阿仁村にて大規模火災が発生し80棟全焼火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た

    火災(かさい)とは、による災害である。規模が比較的小さいものは火事(かじ)、火事になるまえに消し止められたものは小火(ぼや)、焼失面積が大きく被害が甚大なものは大火(たいか)ともいう。被害は有形財産の焼失はもとより、怪我人や死者がでることも珍しくない。火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見たホテル大東館火災

    1986年2月11日-熱川温泉ホテル大東館火災(静岡県賀茂郡東伊豆町、死者24人)火災 フレッシュアイペディアより)

  • 火災

    火災から見た渋川市

    2009年3月20日-群馬県渋川市の老人ホーム火災(群馬県渋川市、死者10名)火災 フレッシュアイペディアより)

211件中 71 - 80件表示