前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
371件中 1 - 10件表示
  • 大谷杉郎

    大谷杉郎から見た炭素繊維炭素繊維

    1962年より群馬大学工学部教授。1991年より東海大学開発工学部教授、群馬大学名誉教授。 コールタールピッチや石油ピッチを原料とする、ピッチ系炭素繊維を発明したことで知られる。大谷杉郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東邦テナックス

    東邦テナックスから見た炭素繊維炭素繊維

    東邦テナックス株式会社(とうほうテナックス)は、東京都千代田区に本社を置くPAN系炭素繊維メーカー。世界を代表する規模を誇り、生産高は世界第2位。主力製品である炭素繊維は、風力発電のブレード(羽根)や高圧タンク向けなどの産業用途のほか、仏エアバス社の超大型旅客機エアバスA380を始めとした航空・宇宙分野向けに出荷されている。東邦テナックス フレッシュアイペディアより)

  • 三菱レイヨン

    三菱レイヨンから見た炭素繊維炭素繊維

    三菱レイヨン株式会社(みつびしレイヨン、MITSUBISHI RAYON CO.,LTD. )は、東京都千代田区に本社を置いていた日本の大手合成繊維・合成樹脂メーカー。かつて存在した三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業であった。メタクリル酸メチル樹脂(MMA樹脂・アクリル樹脂)世界首位、炭素繊維世界3位。社名の由来となったレーヨンのステープル(短繊維)は、1978年12月に生産を終了していた。2017年4月1日に親会社の三菱ケミカルホールディングスの元、三菱化学、三菱樹脂と企業合併を行い、三菱ケミカルとして事業を行うこととなった。日本化学繊維協会元会員。三菱レイヨン フレッシュアイペディアより)

  • 複合材料

    複合材料から見た炭素繊維炭素繊維

    複合材料の成型工程には複数の方式がある。一体化して成型する事が出来るため、その利点を活用した成型法が採用される場合が多い。一般的なのは熱硬化性樹脂を含浸した炭素繊維やアラミド繊維のプリプレグを積層後、オートクレーブで加熱する事で硬化する手法である。一方、量産性と強度の両立を考慮して液晶ポリマーを分散させた樹脂を射出成型によって金型内に射出して成型する方法もある。但し、オートクレーブを使用した成型は生産性に劣り、オートクレーブの大きさによって製造可能な成形品の大きさが制限されるため、近年では、前述の積層式の成型においては脱オートクレーブ成形法も徐々に普及しつつある。複合材料 フレッシュアイペディアより)

  • F-2 (航空機)

    F-2 (航空機)から見た炭素繊維炭素繊維

    ベースとなったF-16からの大型化にともなう重量増を軽減するために、本機では炭素繊維強化複合材による一体構造の主翼を世界で初めて採用している。また、量産戦闘機として世界初となるアクティブフェーズドアレイレーダーを搭載し、CCV研究機T-2CCVにより蓄積された国産技術によるデジタル式フライ・バイ・ワイヤ (FBW) を飛行制御に用いる。F-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ブフォーリ

    ブフォーリから見た炭素繊維炭素繊維

    いずれの車種も25段階の工程において伝統的な手法で手造りされる。ブフォーリのボディはカーボンファイバーとケブラーで作られており、軽量かつ強固である。ブフォーリは全てオーダーメードであり、オーナーの希望に応じてカスタマイズができる。ブフォーリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒスパニア・F110

    ヒスパニア・F110から見たカーボンファイバー炭素繊維

    当初のF110はサスペンションが金属製であった。通常のF1マシンのサスペンションはカーボンファイバー製のものを使用している。また、予定していたよりも重量が20kg近く重いことも明らかとなった。したがって、開幕戦バーレーンGPの予選ではトップチームより10秒遅れ、他の新参チームからも3秒以上も遅いタイムとなってしまった。ヒスパニア・F110 フレッシュアイペディアより)

  • オレカ・03

    オレカ・03から見た炭素繊維炭素繊維

    ACOが定めた耐久レース用の新レギュレーションである2011年のLMP2カー全車に適用される345,000ユーロの車両価格を上限としたコスト・キャップ制度に適合する様にオレカ・03は製作された。2011年のLMP2カーで使用されるエンジンとして、市販車ベースでかつ広範な種類なものを選択してオレカ・03に搭載できる。2011年は5チームがオレカ・03を選択している。(2011年のオレカ・03の搭載エンジンは最終的に2種類に絞られている。オレカ・03を使用したチームのほとんどが、SUPER GTでニスモが使用したエンジンによく似た日産製の4.5LのV8パワープラントを搭載している。レース・パフォーマンスというスイスのチームのみが、BMW・M3に使われているBMW製のエンジンをベースとした3.6LのV8のユニットをジャッドがチューンしたものを採用した。両エンジンは460bhp、343.0kWの最大出力を出す。オレカ・03は、カーボン・ファイバー製のモノコックシャシーでオープン・ボディのレースカーである。サスペンションはダブルウィッシュボーンで4軸にプッシュロッドを搭載している。車体を停止するパワーは、カーボン・セラミック製ディスクブレーキから得ている。オレカ・03 フレッシュアイペディアより)

  • カーボンヒーター

    カーボンヒーターから見た炭素繊維炭素繊維

    カーボンヒーターは、電気ストーブの一種。発熱体の材料として導電性素材である炭素繊維(カーボン)を用いることからこの名がある。カーボンヒーター フレッシュアイペディアより)

  • 進藤昭男

    進藤昭男から見た炭素繊維炭素繊維

    進藤 昭男(しんどう あきお、1926年 - 2016年10月31日)は通商産業省工業技術院(現産業技術総合研究所)に在籍した炭素繊維研究者。1961年広島大学より理学博士を取得(博士論文タイトルは"Studies on graphite fibre")。日本化学会第25回化学技術賞受賞。進藤昭男 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
371件中 1 - 10件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード