371件中 91 - 100件表示
  • メルセデス・F1 W05

    メルセデス・F1 W05から見た炭素繊維炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコックメルセデス・F1 W05 フレッシュアイペディアより)

  • イブ・ロッシー

    イブ・ロッシーから見た炭素繊維炭素繊維

    彼は、カーボンファイバー製の翼幅が約2.4メートルほどの、折り畳み機構が付いた翼の下に、ケロシンを動力とする小型のジェットエンジンが4つ搭載されたリュックサックのように背負う飛行装置を発明した。また、ジェットエンジンの排気ガスの熱に耐えられるように消防士やレーシングドライバーが着用するような防火性の高い服を用意した。飛行の際には、いったん小型飛行機で上空に移動してから、飛行装置の翼をたたんだ状態で飛行機から飛び降りて、翼を展開してジェットエンジンの推力で空を滑空し、パラシュートを使用して地上に降りた。イブ・ロッシー フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス・リミテッド

    ロールス・ロイス・リミテッドから見た炭素繊維炭素繊維

    第二次世界大戦中からジェットエンジンの開発を始めており、1949年に初飛行した世界初のジェット旅客機、デ・ハビランド DH.106 コメットの第二世代モデル(1953年 - )にも同社製のエンジンが搭載された。しかしながら1960年代、大型ジェット旅客機「L-1011 トライスター」向けに開発中だった新機軸を大幅に盛り込んだRB211エンジンがトラブルを招いた。同エンジンへの搭載が試みられた炭素繊維複合材料製のターボファンブレードであるHyfilはバードストライクの試験に合格できず、また採用試験運転中にファイバーが剥がれ落ちてしまう事故も発生した。振動特性の違いなどからターボファンのみを通常の金属製に変更することは不可能であり、エンジン全ての再設計が必要となった。この経過は、ロールス・ロイスにとって莫大な経済的損失となった。また搭載予定だったトライスターの販売不振に繋がり、政財界を巻き込んだロッキード事件の一因となった。ロールス・ロイス・リミテッド フレッシュアイペディアより)

  • 落橋

    落橋から見た炭素繊維炭素繊維

    多くの橋脚では鉄筋コンクリート製(RC造)の1本、または2本程度の太い柱が用いられているが、地震時の揺れで基部付近のコンクリートが抜け落ち籠状になった鉄筋だけが残されることで支え切れずに座屈し倒壊する事実に対応して、強度向上のためにプレストレスト・コンクリート(PC)造の橋脚に炭素繊維シート (CFRP) で補強するなどが行われた。鋼鉄製の橋脚でも、補剛材であるリブが幾つも内側に付けられ、強度が高められる。落橋 フレッシュアイペディアより)

  • Executor (ロケットエンジン)

    Executor (ロケットエンジン)から見た炭素繊維炭素繊維

    Executorは廉価で使い捨て可能なアブレーション冷却のシリカ-フェノールと炭素繊維複合材ノズルを使用して真空中で推力を生み出す。エンジンのアブレーションノズルは180秒間の運転のために設計された。初期のエンジンの構造体ではシリカ-フェノール複合材で製造されたものの、外部構造体は炭素-エポキシだった。構造体の厚みは10mmから30mmである。アブレーション冷却と共にエンジンはケロシンを使用したフィルム冷却法を併用する。Executor (ロケットエンジン) フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R31

    ルノー・R31から見た炭素繊維炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック・ルノーV8エンジン搭載(ストレスメンバー)ルノー・R31 フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・94T

    ロータス・94Tから見たカーボンファイバー炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバーモノコックロータス・94T フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・93T

    ロータス・93Tから見たカーボンファイバー炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー製モノコックロータス・93T フレッシュアイペディアより)

  • アブレータ

    アブレータから見た炭素繊維炭素繊維

    アブレータ(あぶれーた Ablator)とは、炭素繊維やガラス繊維などにフェノール樹脂のような合成樹脂を含侵させて作られた繊維強化プラスチック製耐熱材のことである。アブレータ フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維強化炭素複合材料

    炭素繊維強化炭素複合材料から見た炭素繊維炭素繊維

    炭素繊維強化炭素複合材料(たんそせんいきょうかたんそふくごうざいりょう、carbon fiber reinforced-carbon matrix-composite)は、繊維強化複合材料の一種で、繊維として炭素繊維を、母材(充填材)としても炭素を用いたもの。カーボンカーボン (carbon-carbon) 、カーボンカーボン複合材料 (carbon-carbon composite)、C/Cコンポジット(C/C composite)、強化カーボンカーボン (reinforced carbon-carbon, RCC)などのさまざまな呼び方がある。炭素繊維強化炭素複合材料 フレッシュアイペディアより)

371件中 91 - 100件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード