264件中 11 - 20件表示
  • フレーム素材 (自転車)

    フレーム素材 (自転車)から見た炭素繊維炭素繊維

    自転車のフレームに適切な素材はスチール、アルミニウム合金、チタン、マグネシウムなどの金属系素材からCFRP(≒カーボン)などの樹脂系素材、そして処理が適切ならば木材から竹に至るまで範囲が広い。フレーム素材 (自転車) フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴン (宇宙船)

    ドラゴン (宇宙船)から見た炭素繊維炭素繊維

    2009年2月23日、スペースX社は、ドラゴン宇宙船の大気圏再突入のための素材の試験に成功したと発表した。この素材は、耐熱シールド材にPICA-X(フェノール樹脂を含侵させた炭素繊維からなる耐熱材)を選んだものであった。PICA-Xは、NASAが開発したPICA (phenolic impregnated carbon ablator) を改良したもので、NASAのPICAと比べても10倍安く製造できる。ドラゴン (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た炭素繊維炭素繊維

    世界的にスキー・スノーボード製造工場が数社に集約されており、多くのブランドがそれらの工場に生産を委託し、大量生産されている。各工場が独自の技術でしのぎをけずっているが、それはスキーにおける各工場とメーカーの技術提携に見られるものと同じである。一般に流通するスノーボードにはほとんど性能の差はなく、乗り心地の好みによるところが大きい。一方、昔ながらの職人的技術で個性的な上級者向けスノーボードの少量生産を続けているメーカーも存在する。独自の製造技術を持っている場合もあるが、多くは職人の手工業的スキー製造技術で生産している。大量生産製品と違い、細かな改良が出来るといった小回りが得意なため、大手メーカーにはない独自な形状や性能を持ったスノーボードが生産され、マニアを中心に比較的高価な価格で流通している。日本ではヨネックスが独自の炭素繊維加工技術をもち、またオガサカスキーでは多くの日本産ブランドのモデルが生産されているが、日本国外のメーカーが技術的優位に立ち、量的にも日本国内に流通するスノーボードのうち日本製は20%前後と言われる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • BMW・M3

    BMW・M3から見たカーボンファイバー炭素繊維

    先代よりも一回りボディが大きくなったが、2代目M6(クーペ)と同様のカーボンファイバールーフを採用し、各パーツにアルミニウムを使用するなど軽量化が図られ、車両重量は先代の80kg増の1,630kgに抑えられている。0-100km加速は4.8秒となっている。BMW・M3 フレッシュアイペディアより)

  • 日本グラファイトファイバー

    日本グラファイトファイバーから見た炭素繊維炭素繊維

    日本グラファイトファイバー株式会社(にほんグラファイトファイバー、英文社名:Nippon Graphite Fiber Corporation)は、ピッチ系炭素繊維(長繊維)を製造・販売する企業である。日本グラファイトファイバー フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング787

    ボーイング787から見た炭素繊維炭素繊維

    中型のワイドボディ機で、ナローボディのボーイング757やセミワイドボディのボーイング767、およびボーイング777の一部の後継機と位置づけられている。特にターゲットとなる767より、航続距離や巡航速度は大幅に上回るとともに、燃費も向上している。炭素繊維を使用した炭素繊維強化プラスチック(カーボン)等の複合材料の使用比率が約50%であり、残り半分が複合材料に適さないエンジン等なので、実質機体は完全に複合材料化されたといえる。ボーイング787 フレッシュアイペディアより)

  • ブフォーリ

    ブフォーリから見た炭素繊維炭素繊維

    いずれの車種も25段階の工程において伝統的な手法で手造りされる。ブフォーリのボディはカーボンファイバーとケブラーで作られており、軽量かつ強固である。ブフォーリは全てオーダーメードであり、オーナーの希望に応じてカスタマイズができる。ブフォーリ フレッシュアイペディアより)

  • 進藤昭男

    進藤昭男から見た炭素繊維炭素繊維

    進藤 昭男(しんどう あきお、1926年 - )は通商産業省工業技術院(現産業技術総合研究所)に在籍した炭素繊維研究者。1961年広島大学より理学博士を取得(博士論文タイトルは"Studies on graphite fibre")。日本化学会第25回化学技術賞受賞。進藤昭男 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見た炭素繊維炭素繊維

    ホンダという会社は技術者の発言力が大きいという社風を持っている。そのためホンダの技術者はライダーの直感よりもダイナモメーター(動力計)が指し示す数値を重視してマシンを設計する。そのような背景のもとで作り出された型NSR500(NV0A)は今までのマシンとはまったく異なる部品レイアウトを持ち、エンジンの上部にチャンバーを、エンジンの下部に燃料タンクを配置していた。そして、ホイールにはカーボンファイバー製のスポークを採用していた(→図)。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ポリアクリロニトリル

    ポリアクリロニトリルから見た炭素繊維炭素繊維

    PAN を空気中で熱処理 (400-600 ℃) すると、環化が起こり不融化する。非酸素条件で熱処理 (600-1300 ℃) すると炭素繊維が、2000 ℃ 以上では黒鉛繊維が得られる。ポリアクリロニトリル フレッシュアイペディアより)

264件中 11 - 20件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード