371件中 11 - 20件表示
  • マクラーレン・MP4/11

    マクラーレン・MP4/11から見たカーボンファイバー炭素繊維

    モノコック カーボンファイバー・ハニカムコンポジットマクラーレン・MP4/11 フレッシュアイペディアより)

  • ロードレース世界選手権の歴史

    ロードレース世界選手権の歴史から見た炭素繊維炭素繊維

    ホンダという会社は技術者の発言力が大きいという社風を持っている。そのためホンダの技術者はライダーの直感よりもダイナモメーター(動力計)が指し示す数値を重視してマシンを設計する。そのような背景のもとで作り出された型NSR500(NV0A)は今までのマシンとはまったく異なる部品レイアウトを持ち、エンジンの上部にチャンバーを、エンジンの下部に燃料タンクを配置していた。そして、ホイールにはカーボンファイバー製のスポークを採用していた(→図)。ロードレース世界選手権の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • エアロゲル

    エアロゲルから見た炭素繊維炭素繊維

    シリカエアロゲルは非常に低い熱伝導率(およそ0.017 W/(m?K))を持ち、優れた断熱性を示す。融点は1,200 ℃。この高い断熱性は、熱が伝わる方法である対流、伝導、放射の3方法のほとんどを遮断することにより実現している。対流による伝熱は、細孔径が空気の平均自由行程より小さく、対流できないことにより抑制され、伝導による伝熱は、シリカエアロゲルの場合、原料である二酸化ケイ素の熱伝導性が低いことにより抑制される(金属エアロゲルの場合、固相の伝熱により熱伝導抑制効果はシリカエアロゲルに劣る。)。シリカエアロゲルは赤外線を良く吸収する。建築物に使えば、太陽熱の入射を抑えたまま採光することができる。カーボンなどを混ぜればよりよく赤外線を吸収するため、カーボンファイバーを加えたシリカエアロゲルなども研究されている。エアロゲル フレッシュアイペディアより)

  • 繊維強化プラスチック

    繊維強化プラスチックから見た炭素繊維炭素繊維

    繊維強化プラスチック(せんいきょうかプラスチック)または (Fiber-Reinforced Plastics の略称) は、ガラス繊維、炭素繊維などの繊維をプラスチックの中に入れて強度を向上させた複合材料のこと。繊維強化プラスチック フレッシュアイペディアより)

  • スノーボード

    スノーボードから見た炭素繊維炭素繊維

    日本ではヨネックスが独自の炭素繊維加工技術をもち、またオガサカスキーでは多くの日本産ブランドにおけるモデルを生産している。しかし、国外メーカーが技術的優位に立ち、量的にも日本国内に流通するスノーボードのうち日本製は20%前後と言われる。スノーボード フレッシュアイペディアより)

  • 日本グラファイトファイバー

    日本グラファイトファイバーから見た炭素繊維炭素繊維

    日本グラファイトファイバー株式会社(にほんグラファイトファイバー、英文社名:Nippon Graphite Fiber Corporation)は、ピッチ系炭素繊維(長繊維)を製造・販売する企業である。日本グラファイトファイバー フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴン (宇宙船)

    ドラゴン (宇宙船)から見た炭素繊維炭素繊維

    2009年2月23日、スペースX社は、ドラゴン宇宙船の大気圏再突入のための素材の試験に成功したと発表した。この素材は、耐熱シールド材にPICA-X(フェノール樹脂を含侵させた炭素繊維からなる耐熱材)を選んだものであった。PICA-Xは、NASAが開発したPICA (phenolic impregnated carbon ablator) を改良したもので、NASAのPICAと比べても10分の1のコストで製造できる。ドラゴン (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • クレハ

    クレハから見た炭素繊維炭素繊維

    1969年 - 炭素繊維「クレカ」発売クレハ フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング787

    ボーイング787から見た炭素繊維炭素繊維

    中型のワイドボディ機で、ナローボディの757やセミワイドボディの767、および777の一部の後継機と位置づけられている。特にターゲットとなる767より、航続距離や巡航速度は大幅に上回るとともに、燃費も向上している。東レ製の炭素繊維を使用した炭素繊維強化プラスチック(カーボン)等の複合材料の使用比率が約50%であり、残り半分が複合材料に適さないエンジン等なので、実質機体は完全に複合材料化されたといえる。ボーイング787 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス MD-90

    マクドネル・ダグラス MD-90から見た炭素繊維炭素繊維

    降着装置は、前脚、主脚ともにMD-83のものを強化して流用された。ブレーキは新たにカーボンブレーキとなり、デジタル式のアンチスキッドブレーキシステムが導入された。その他、新しくなった装備品には、補助動力装置や不定速/定周波発電システムなどがある。マクドネル・ダグラス MD-90 フレッシュアイペディアより)

371件中 11 - 20件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード