264件中 21 - 30件表示
  • カーボンナノコイル

    カーボンナノコイルから見た炭素繊維炭素繊維

    カーボンナノコイル(Carbon Nanocoil)とは、コイル径が数nm?数百nm程度でコイル型に巻いた炭素繊維である(マイクロサイズのものはカーボンマイクロコイル(CMC)と呼ばれる)。電磁波を吸収する特性などを持ち、心臓ペースメーカーの保護など様々な分野への応用が期待されている。カーボンナノコイル フレッシュアイペディアより)

  • ブリッテンV1000

    ブリッテンV1000から見た炭素繊維炭素繊維

    広く知られるのは1992年型以降のマシンで、従来のオートバイとは一線を画した特異な外観やサスペンション周りの機構、構造材としての炭素繊維・ケブラーの多用などが特徴であるが、エンジンを含むほぼ全ての部品を自作している点も特筆すべきである。このモデルのマシンは、1994年にデイトナ・バイクウィークで行われたバトル・オブ・ザ・ツインズで勝利した他、出場したレースでは敵なしの強さを見せた。ブリッテンV1000 フレッシュアイペディアより)

  • フォーミュラ・トヨタ

    フォーミュラ・トヨタから見た炭素繊維炭素繊維

    ジュニア・フォーミュラながらもカーボンモノコックを採用したほか、リミテッド・スリップ・デフ(LSD)を搭載し、ブリヂストンより供給されるタイヤもバイアスタイヤからラジアルタイヤに変更された。フォーミュラ・トヨタ フレッシュアイペディアより)

  • 森田・ベイリス・ヒルマン反応

    森田・ベイリス・ヒルマン反応から見た炭素繊維炭素繊維

    1966年に東レの基礎研究所で森田健一らによって、トリシクロヘキシルホスフィンを触媒としたアクリルニトリルとアルデヒドとの反応により、2-(1-ヒドロキシアルキル)アクリロニトリルが得られることが発見された。この物質は東レにより炭素繊維の原料として商業生産されたものであるが、2006年現在東レは炭素繊維の世界一のメーカーとなっている。森田・ベイリス・ヒルマン反応 フレッシュアイペディアより)

  • ドルニエ S-Ray 007

    ドルニエ S-Ray 007から見た炭素繊維炭素繊維

    この飛行艇は中央にロータックス 912Sエンジンを載せた一体構造の主翼を高翼に配置し、胴体とは滑らかに整形されたパイロンを介して結合している。S-Ray 007は炭素繊維で補強された強化プラスチック素材を使用して製作されており、これにより機体は海水による腐食に対し高い耐候性能を有している。引き込み式の降着装置と容量50 Lの燃料タンクを備えている。ドルニエ S-Ray 007 フレッシュアイペディアより)

  • オピネル

    オピネルから見た炭素繊維炭素繊維

    ハンドル材はブナ材の他にもトネリコ、紫檀、炭素繊維、牛骨、桜、クルミ、オリーブなど多種多様なものが存在している。オピネル フレッシュアイペディアより)

  • スペクトラム S-40 フリーダム

    スペクトラム S-40 フリーダムから見た炭素繊維炭素繊維

    S-40 フリーダムはFAAとJAAの型式証明を2010年に取得すると推定される。中型のスペクトラム フリ?ダム S-40はスペクトラム社にとって最新の航空機である。幾つかの独特の炭素繊維?エポキシ生産技術により、S-40はS-33の概念を拡大し客室の大きさは他社の同規模の機体よりも広い。スペクトラム社はGEホンダのHF120エンジンのローンチカスタマー2社の内の1社である。小売価格は620万ドルである。(2006年の時点)スペクトラム S-40 フリーダム フレッシュアイペディアより)

  • トールマン・TG183

    トールマン・TG183から見たカーボンファイバー炭素繊維

    TG181の後継車として開発され、カーボンファイバーモノコックから出来ている。シャシー及びエンジンの信頼性が上昇、前年より競争力を増し、最終戦ラスベガスグランプリではデレック・ワーウィックが予選10番手をマークしている(決勝はリタイア)。トールマン・TG183 フレッシュアイペディアより)

  • マニハ食品

    マニハ食品から見た炭素繊維炭素繊維

    近年では群馬県衛生環境研究所、三洋電機と共同研究を行い、オゾンと炭素繊維電極を利用した世界初の水浄化装置を開発している。マニハ食品 フレッシュアイペディアより)

  • ビスマレイミドトリアジン樹脂

    ビスマレイミドトリアジン樹脂から見た炭素繊維炭素繊維

    電子基板の積層など耐熱性を要する部品類の接着用に広く使用される。これらには、エポキシ樹脂とのポリマーアロイが多用されている。液晶ディスプレイの基盤やリフレクター材料に使用される際には反射率を高めるため白着色が施されえる。また、炭素繊維をコーティングし、耐熱複合材料化するために加熱処理を行う際の酸化防止にも利用され、高周波製品用パッケージやオートバイのマフラーなどの性能評価にその名を謳われることもある。ビスマレイミドトリアジン樹脂 フレッシュアイペディアより)

264件中 21 - 30件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード