371件中 31 - 40件表示
  • サーブ・EV-1

    サーブ・EV-1から見た炭素繊維炭素繊維

    サーブ・900ターボ16Vを基にした楔形をした2+2のクーペであり、ボディは鋼板製で屋根は全てガラス製であった。デザインはビョルン・エンヴァールの作で、ガラス製の屋根に据え付けられた66個の太陽電池による太陽エネルギーで稼動する室内空調ファンの様な装置を含むボディワークはレイフ・メルベリ(Leif Mellberg )の手によるものであった。この装置は太陽光の下で停車中に車内を冷やした。前後のバンパー(フェンダー)は複合材料で補強されたアラミド繊維(トワロン又はケブラー)製で、衝撃を吸収し元の形状に復元するように設計されていた。ドアにはカーボンファイバー製の側面衝突防御部材を備えていた。ほとんどの部品はサーブ・900ターボ16からの流用品か改造品であったが、シートはシボレー・コルベットの物を使用していた。エンジンは出力が285英馬力(213 kW)まで高められ、最高速度は275km/h、0-100km/hまでの加速は5.9秒であった。興味深い装置は速度計が現在速度の近辺のみが光るもので、これは改良されて後の量産型車で標準装備とされた。サーブ・EV-1 フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・RB7

    レッドブル・RB7から見た炭素繊維炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック・ルノーV8エンジン搭載(ストレスメンバー)レッドブル・RB7 フレッシュアイペディアより)

  • ティレル・023

    ティレル・023から見たカーボンファイバー炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー/アルミハニカム製モノコックティレル・023 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW32

    ウィリアムズ・FW32から見たカーボンファイバー炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー・エポキシ/ハニカムコンポジット複合構造モノコック(FIA規定の衝撃・強度基準)ウィリアムズ・FW32 フレッシュアイペディアより)

  • アリアン4

    アリアン4から見た炭素繊維炭素繊維

    従来アリアン4が担当していた打上げは後継のアリアン5とソユーズSTが担当する。アリアン4よりも重い物や軽い物はソユーズとセントールを組み合わせて打ち上げる予定である。 ソユーズロケットはペイロードプラットフォームは再使用し、アリアン4から流用した大型の炭素繊維製のフェアリングを使用し、ギアナ宇宙センターから打ち上げられる予定である。アリアン4 フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・B196

    ベネトン・B196から見たカーボンファイバー炭素繊維

    材質 カーボンファイバーアルミハニカム・コンポジットベネトン・B196 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアムズ・FW24

    ウィリアムズ・FW24から見た炭素繊維炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー製モノコックウィリアムズ・FW24 フレッシュアイペディアより)

  • 停電爆弾

    停電爆弾から見た炭素繊維炭素繊維

    停電爆弾(ていでんばくだん、英:Graphite bomb)、ブラックアウト爆弾(ブラックアウトばくだん、英:Blackout bomb)とは、爆発によって炭素繊維を主体とするワイヤーを撒き散らすことで、送電のための施設などにショートを起こさせ、機能を奪い停電を発生させる爆弾(兵器)である。直接的には非殺傷兵器であることからソフト爆弾(ソフトばくだん、英:Soft bomb)とも呼ばれる。停電爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・199

    ジョーダン・199から見たカーボンファイバー炭素繊維

    構造 カーボンファイバー・アルミハニカムコンポジット製モノコックジョーダン・199 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・EJ13

    ジョーダン・EJ13から見た炭素繊維炭素繊維

    材質 カーボンファイバー・アルミハニカムコンポジットジョーダン・EJ13 フレッシュアイペディアより)

371件中 31 - 40件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード