264件中 71 - 80件表示
  • ゴードン・マレー

    ゴードン・マレーから見た炭素繊維炭素繊維

    マレーのマシンは三角形の断面をもつピラミッドモノコック、表面冷却のBT46プロトタイプ、ファン・カーとして知られるBT46Bなど、個性的なアイデアとレギュレーションの盲点を突く意外性に富んでいた。1970年代には、いち早くウイングやブレーキディスクにカーボン素材を導入したが、モノコックに関しては剛性を不安視し、しばらくは従来のアルミハニカム素材との併用に止めていた。ゴードン・マレー フレッシュアイペディアより)

  • シェルビー・スーパーカーズ

    シェルビー・スーパーカーズから見たカーボンファイバー炭素繊維

    1999年にジェロルド・シェルビー氏によって設立された。その時代の世界最高峰の性能と十分な品質を備えながら、他社製の同クラスのものと比べて安価なスポーツカーを少量生産している。また、世界で初めて自動車にカーボンファイバー製ワンピースホイールを採用したメーカーである。シェルビー・スーパーカーズ フレッシュアイペディアより)

  • 繊維補強コンクリート

    繊維補強コンクリートから見た炭素繊維炭素繊維

    補強繊維としては、鋼(鉄)を削ったり引き伸ばしたりして製造される鋼繊維や、炭素繊維、アラミド繊維、ポリプロピレン、ポリエチレンなどのポリオレフィン繊維、ビニロン繊維などの、比較的強度、弾性率の高い合成繊維がよく使用される。繊維補強コンクリート フレッシュアイペディアより)

  • シューベルトヘルメット

    シューベルトヘルメットから見たカーボンファイバー炭素繊維

    創業当時はヘルメットではなく、ビールを製造していた。現在F1で義務付けられているカーボンファイバー製のヘルメットを初めて導入した。初めてレースで同社のヘルメットを使用したのは、ミハエル・シューマッハ。シューベルトヘルメット フレッシュアイペディアより)

  • ルータン ボイジャー

    ルータン ボイジャーから見た炭素繊維炭素繊維

    ボイジャーはバートが初期に手がけたバリ・ビゲンやバリ・イージーと同じくエンテ型の翼配置を採用し、前翼(カナード翼)端から主翼中央部を通って機体後方に突き出した左右2本のブーム先端にそれぞれ1枚ずつの垂直尾翼を備えていた。翼のアスペクト比は誘導抗力を減らすために大きく取られ、非常に細長いものとなった。なるべく機体を軽くし、かつ十分な強度を持たせるために構造材料としてはガラス繊維や炭素繊維それにケブラーといった強化繊維と樹脂との複合材料である、繊維強化プラスチック (FRP) が多用された。エンジンの配置は牽引式プロペラ用と推進式プロペラ用を機体の前後にそれぞれ1基ずつ装備するという一見変わったものであった。エンジンとして当初はライカミング (:en:Lycoming Engines) 製のO-235(空冷式、出力約110hp)を搭載していたが、後に牽引用としてコンチネンタル (:en:Continental Motors) 製のO-240(空冷、130hp)、推進用として同じくコンチネンタルのIOL-200(液冷、110hp)に換装している。なお、牽引用と推進用を両方作動させるのは離陸上昇時だけで、飛行が安定したら後部の推進用エンジンのみで巡航する仕様となっていた。ルータン ボイジャー フレッシュアイペディアより)

  • 藤倉ゴム工業

    藤倉ゴム工業から見た炭素繊維炭素繊維

    藤倉ゴム工業は、工業用ゴム製品、救命ボート、救命胴衣をはじめとする救難救命機器、除振台、空圧制御機器、印刷機器などゴム機材関連工業製品、ゴルフ用カーボンシャフト等を取り扱う製造業を営む会社である。資本的には株式会社フジクラを頂点とするフジクラグループの一員であり、藤倉化成とは兄弟会社である。藤倉航装をはじめとする各社に原材料、半製品等の供給も行っている。藤倉ゴム工業 フレッシュアイペディアより)

  • サーヴェロ

    サーヴェロから見た炭素繊維炭素繊維

    サーヴェロの炭素繊維製フレームは、流体力学に基づいて設計され、「S」および「P」シリーズにおける翼断面を採用したフレームを特徴とする。 またサンディエゴのAir and Space Technology Centerでは、風洞実験も行っている。サーヴェロ フレッシュアイペディアより)

  • 放電索

    放電索から見た炭素繊維炭素繊維

    高抵抗タイプは、主に金属製のベースと炭素繊維のブレードから成り、原料の配合により電気抵抗値を調整する。先端部に複数の棘(とげ)状部分を持つ金属製ピンが装着されている。放電索 フレッシュアイペディアより)

  • 神子元島灯台

    神子元島灯台から見た炭素繊維炭素繊維

    速成セメントに経年および風波による劣化がみられたため、耐震補強を兼ねた工事が1982年と1995年に行われた。炭素繊維などを使って灯台全体を補強した。2007年から2008年にも電源設備を中心とした改修工事が行われた。神子元島灯台 フレッシュアイペディアより)

  • RaidersSphereSecond〜the Hidden Script〜

    RaidersSphereSecond〜the Hidden Script〜から見たカーボンファイバー炭素繊維

    土木建築史上初のカーボンファイバーによる非金属製の巨大吊り橋。隣に旧レインボーブリッジの橋脚が存在する。RaidersSphereSecond〜the Hidden Script〜 フレッシュアイペディアより)

264件中 71 - 80件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード