371件中 71 - 80件表示
  • ドーム型テント

    ドーム型テントから見た炭素繊維炭素繊維

    極地探検用のアークティック・テントを経て発達し、ドーム型テントとして最初に使われたのは1933年にH・ラトレッジが率いたイギリスの第4次エベレスト遠征隊によりキャンプ3Aと4で使用された例とされる。エリック・シプトンによるとこのテントの床はφ460cmの円形で、フレームは竹製、その上に布をかけ、内側にも布を吊り下げた二重構造で、その間隔は30cmほどもあったのでストーブを焚くと非常に暖かく快適であったという。キャンプ3Aでの使用についてエリック・シプトンは「たいへん心丈夫であり、風の襲撃に対しても平気であった」「建てるのに骨が折れたが、一度建ててしまうと、よく建てられた丸太小屋のように居心地が良かった」と信頼を置いたし、ブリザードが吹き荒れたキャンプ4での使用についてフランシス・シドニー・スマイス(Francis Sydney Smythe )は「私たちは極地型テントをどれほど有難いと思ったことか。それは全く雪をとおさず、ただ人をとおすためにフラップを開けたとき、一、二度だけ、こまやかな粉雪が奔流のように流れ込んできたことが、あるにはあった」と深く感謝している。しかしこれも布地はナイロン、フレームは超ジュラルミンや炭素繊維製となった現代的なドーム型テントとは基本的に違うもので、重量や耐風性は無論のこと、凍結による設営撤収の困難の差は極めて大きく、特に風当たりが強かったキャンプ3Aではすんでのところで飛ばされるところであった。ドーム型テント フレッシュアイペディアより)

  • アバンテ2001

    アバンテ2001から見たカーボンファイバー炭素繊維

    内容は、当時のタミヤの純レース仕様車イグレスのデチューン仕様となっている。ディメンションはイグレスと同一のロングホイールベース仕様と同一としているが、シャーシ素材をカーボンファイバーからFRPに、ダンパーもアルミ製ハイキャップダンパーからプラ製のCVAダンパーへ、ステアリング機構の軸受もボールベアリングからプレーンメタルへと、それぞれグレードダウンされ価格を引き下げている。アバンテ2001 フレッシュアイペディアより)

  • ジッツオ

    ジッツオから見た炭素繊維炭素繊維

    ジッツオは、世界で初めてカーボンファイバー三脚、バサルト三脚、マグネシウム雲台を開発した。また、全ての製品は、独自のルールに従って大きく「シリーズ」に分類される。「シリーズ」は、脚チューブのサイズにあわせて、16mmが「00.」、20mmが「0.」、24mmが「1.」、28mmが「2.」、32mmが「3.」、37mmが「4.」、41mmが「5.」となっており、製品コードのGT、GMなどに続く1けた目の数字として表示されている。ジッツオ フレッシュアイペディアより)

  • PS-05/A

    PS-05/Aから見た炭素繊維炭素繊維

    レーダー信号処理装置(RPU)、励振/受信機(EXR)、送信機、電力増幅器、アンテナ部の5つの列線交換ユニットから構成されている。各部の重量は、レーダー信号処理装置が23 kg、励振/受信機が32 kg、送信機と電力増幅器が73 kg、アンテナ部が25 kgであった。レーダー信号処理装置には、従来はブルーヴィクセンと同じく再プログラム可能なD80プロセッサが用いられていたが、Mk.3より、MASC(Modular Airborne Computer System)に更新された。アンテナは炭素繊維を用いたプレーナアレイ型である。PS-05/A フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・R30

    ルノー・R30から見た炭素繊維炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック・ルノーV8エンジン搭載(ストレスメンバー)ルノー・R30 フレッシュアイペディアより)

  • プラサン サンドキャット

    プラサン サンドキャットから見た炭素繊維炭素繊維

    プラサン サンドキャットは、イスラエルのプラサン社(Plasan Sasa Ltd)によって、フォード F-350の車体をベースに開発された軽装輪装甲車である。プラサン カラカル(Prasan Caracal)の名称でも知られる。オリジナルのフォードF-350に比べ、ホイールベースは2.84mに短縮されている。車体は2列座席の5ドアハードトップで、後部には天面と後面が開放された荷台スペースを有するが、荷台側面部には兵員室と同じ高さの車体構造板があるため、前方や横方向から見ると、荷台の無いSUVタイプの乗用車型車両に見える。装甲板は鋼鉄とセラミックの複合装甲となっており、フェンダー等にはカーボンファイバーが使用され、車体の軽量化に貢献している。プラサン サンドキャット フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のル・マン24時間レース

    1981年のル・マン24時間レースから見た炭素繊維炭素繊維

    3年連続参戦となる童夢は3年の総決算のつもりで当時フォーミュラ1でも採用例が少なかったカーボンファイバーモノコックの意欲的な作品を持ち込み、エンジンを充分にオーバーホールして参加した。1981年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • アエリオン AS2

    アエリオン AS2から見た炭素繊維炭素繊維

    AS2は、8?12人乗りのビジネスジェットとして開発される。現在発表されている機体デザインでは、超音速飛行に最適化した機体形状であるため、従来のジェット旅客機と比較して細長い胴体と薄く短い翼が特徴である。客室は胴体の前半部となる。主翼は、NASAと共同研究を行っている超音速自然層流翼の翼形を採用した台形型で、付け根にはストレーキが設けられる。エンジンは3発で機体後部の左右と胴体上部に配置される。垂直尾翼と水平尾翼はT字尾翼で、F-104に類似した形状となっている。機体は前縁など一部にチタンを使用するほかは、炭素繊維により構成される。アエリオン AS2 フレッシュアイペディアより)

  • テーブル・フットボール

    テーブル・フットボールから見た炭素繊維炭素繊維

    フーズボールのテーブルのサイズは異なるが、長さおよそ120センチメートル(4フィート)、幅およそ60センチメートル(2フィート)のテーブル卓が典型的である。テーブルには通常プラスチック製や金属製、木製や時には炭素繊維でできたものもある、8列の「選手」が金属棒上に水平に配置されている。各チームは1 - 3人で4つの棒上の選手を操ってゲームを行う。テーブル・フットボール フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4/10

    マクラーレン・MP4/10から見たカーボンファイバー炭素繊維

    モノコック カーボンファイバー・ハニカムコンポジットマクラーレン・MP4/10 フレッシュアイペディアより)

371件中 71 - 80件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード