264件中 81 - 90件表示
  • 天龍 (企業)

    天龍 (企業)から見た炭素繊維炭素繊維

    1978年1月 - カーボンロッドの製造開始。天龍 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・B197

    ベネトン・B197から見たカーボンファイバー炭素繊維

    材質 カーボンファイバー・アルミハニカムコンポジットベネトン・B197 フレッシュアイペディアより)

  • FMA IA 63 パンパ

    FMA IA 63 パンパから見た炭素繊維炭素繊維

    ダッソー/ドルニエ アルファジェットの設計の影響を受けていたが、「パンパ」はより小型の機体の単発エンジンと主翼はアルファジェットの後退翼に対して直線翼のスーパークリティカル翼であった。機体には主にアルミニウム合金と空気吸入口などには炭素繊維が使用されていた。乗員は一体型のキャノピーの下でタンデムに座り、副次的な攻撃任務に重要なアビオニクスもアルファジェットよりも簡素な物を搭載している。パンパの試作機は1984年10月6日に初飛行を行った。FMA IA 63 パンパ フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維強化炭素複合材料

    炭素繊維強化炭素複合材料から見た炭素繊維炭素繊維

    炭素繊維強化炭素複合材料(たんそせんいきょうかたんそふくごうざいりょう、carbon fiber reinforced-carbon matrix-composite)は、繊維強化複合材料の一種で、繊維として炭素繊維を、母材(充填材)としても炭素を用いたもの。カーボンカーボン (carbon-carbon) 、カーボンカーボン複合材料 (carbon-carbon composite)、C/Cコンポジット(C/C composite)、強化カーボンカーボン (reinforced carbon-carbon, RCC)などのさまざまな呼び方がある。炭素繊維強化炭素複合材料 フレッシュアイペディアより)

  • アースレース

    アースレースから見た炭素繊維炭素繊維

    船体は、造波抵抗を最小限にするため三胴船型ウェーブ・ピアーサー方式を採用した。これにより安定性と高速性が得られ、外殻は複合カーボン繊維とケブラーで構成される。推進機関にはバイオディーゼルもしくはディーゼル混合燃料で稼動出来る形式を採用したという。低公害動物性油脂と植物性油脂を使用できるとされ、2005年にパフォーマンスとして操舵手は脂肪吸引を受けて100グラムを燃料に変換した。建造費用は約250万ドルかかり、その大部分はスポンサーが供給した。アースレース フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-24

    マクラーレン・MP4-24から見た炭素繊維炭素繊維

    シャーシ構造 カーボンファイバー/アルミニウムハニカムコンポジットモノコック(フロント&サイドインパクト構造)マクラーレン・MP4-24 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のF1世界選手権

    1994年のF1世界選手権から見た炭素繊維炭素繊維

    このサンマリノGPは予選中にラッツェンバーガーが事故死し、ルーベンス・バリチェロが予選中に負傷し決勝を欠場した。レース中には観客やピットクルーを巻き込む負傷事故も起きるなど、大事故が多発した。F1開催中の死亡事故は1982年のリカルド・パレッティ以来(テスト走行では1986年にエリオ・デ・アンジェリスが死亡)。カーボンモノコックの普及により築かれた安全神話は打ち砕かれた。1994年のF1世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽帆

    太陽帆から見た炭素繊維炭素繊維

    実際に宇宙船の推力源として太陽帆を利用するためには、極めて軽量かつ極めて広い面積を保持できる薄膜鏡が必要であり、長らくは夢物語に過ぎなかった。初期にはアルミニウムの薄膜などが太陽帆の素材として候補になっていたが、あまりにも強度が不足しており、特に巨大な帆を宇宙空間で広げる際に帆を壊さずに広げる技術の開発が難しかった。しかし21世紀になって炭素繊維など素材の研究開発が進み、太陽帆に使用可能な薄膜の生成に実現性が帯びてきた。太陽帆 フレッシュアイペディアより)

  • アスカリ・KZ1

    アスカリ・KZ1から見た炭素繊維炭素繊維

    組み合わせられるトランスミッションは6速MT。ボディはカーボンファイバー製モノコック構造をとる。アスカリ・KZ1 フレッシュアイペディアより)

  • メルセデスベンツ・CLK-GTR

    メルセデスベンツ・CLK-GTRから見た炭素繊維炭素繊維

    快適装備として、車高調整機構、パーキングコントロール、ABS、トラクションコントロール、エアコン、オーディオなどを備え、GT1マシンの市販車両にしては快適性は高い部類である。ところが、ウィンドウを開く機構は存在せず、最小回転半径は7.5mと非常に大きい。ドアはAピラーにヒンジを設けたバタフライドアを採用し乗降性の向上を図っているが、サイドシルがかなり広いため(ここは対側面衝突用の衝撃分散・吸収構造となっており、小型のトランクスペースも兼ねる)マクラーレンF1などと比べると乗降性は良くない。シートはカーボンファイバー製のフルバケットシートを使用しており、購入者の体格や嗜好に合ったセッティングが施されるため、前後のスライドは出来ない。衝突安全性は考慮されており、運転席と助手席にエアバッグが装備され、フロントカウル内にはクラッシュボックスも備える。メルセデスベンツ・CLK-GTR フレッシュアイペディアより)

264件中 81 - 90件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード