43件中 21 - 30件表示
  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た釣り竿

    1980年代以降、製造コストの低減や加工方法の進歩が見られ、ロケットや航空機などの大型輸送機器からテニスラケットや釣り竿、白杖など身近な道具、さらには剣道の竹刀や弓道の弓など武道の分野にまで応用の幅を広げた。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た熱処理

    空気中で200-350℃で数時間熱処理する。この工程は不融化、安定化とも言う。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見たピッチ (樹脂)

    炭素繊維(たんそせんい、)とは、アクリル繊維またはピッチ(石油、石炭、コールタールなどの副生成物)を原料に高温で炭化して作った繊維。JIS規格では「有機繊維のプレカーサーを加熱炭素化処理して得られる,質量比で90%以上が炭素で構成される繊維。」と規定されている。アクリル繊維を使った炭素繊維はPAN系(Polyacrylonitrile)、ピッチを使った炭素繊維はピッチ系(PITCH)と区分される。炭素繊維を単独の材料として利用することは少なく、合成樹脂などの母材と組み合わせた複合材料として用いることが主である。炭素繊維を用いた複合材料としては炭素繊維強化プラスチック、炭素繊維強化炭素複合材料などがある。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た和弓

    1980年代以降、製造コストの低減や加工方法の進歩が見られ、ロケットや航空機などの大型輸送機器からテニスラケットや釣り竿、白杖など身近な道具、さらには剣道の竹刀や弓道のなど武道の分野にまで応用の幅を広げた。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た日本工業規格

    炭素繊維(たんそせんい、)とは、アクリル繊維またはピッチ(石油、石炭、コールタールなどの副生成物)を原料に高温で炭化して作った繊維。JIS規格では「有機繊維のプレカーサーを加熱炭素化処理して得られる,質量比で90%以上が炭素で構成される繊維。」と規定されている。アクリル繊維を使った炭素繊維はPAN系(Polyacrylonitrile)、ピッチを使った炭素繊維はピッチ系(PITCH)と区分される。炭素繊維を単独の材料として利用することは少なく、合成樹脂などの母材と組み合わせた複合材料として用いることが主である。炭素繊維を用いた複合材料としては炭素繊維強化プラスチック、炭素繊維強化炭素複合材料などがある。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た空気

    空気中で200-350℃で数時間熱処理する。この工程は不融化、安定化とも言う。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た竹刀

    1980年代以降、製造コストの低減や加工方法の進歩が見られ、ロケットや航空機などの大型輸送機器からテニスラケットや釣り竿、白杖など身近な道具、さらには剣道の竹刀や弓道の弓など武道の分野にまで応用の幅を広げた。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見たテニスラケット

    1980年代以降、製造コストの低減や加工方法の進歩が見られ、ロケットや航空機などの大型輸送機器からテニスラケットや釣り竿、白杖など身近な道具、さらには剣道の竹刀や弓道の弓など武道の分野にまで応用の幅を広げた。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た石油

    炭素繊維(たんそせんい、)とは、アクリル繊維またはピッチ(石油、石炭、コールタールなどの副生成物)を原料に高温で炭化して作った繊維。JIS規格では「有機繊維のプレカーサーを加熱炭素化処理して得られる,質量比で90%以上が炭素で構成される繊維。」と規定されている。アクリル繊維を使った炭素繊維はPAN系(Polyacrylonitrile)、ピッチを使った炭素繊維はピッチ系(PITCH)と区分される。炭素繊維を単独の材料として利用することは少なく、合成樹脂などの母材と組み合わせた複合材料として用いることが主である。炭素繊維を用いた複合材料としては炭素繊維強化プラスチック、炭素繊維強化炭素複合材料などがある。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素繊維

    炭素繊維から見た群馬大学

    1963年、群馬大学の大谷杉郎によりピッチ系炭素繊維が発明される。炭素繊維 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「炭素繊維」のニューストピックワード