前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示
  • 国際通貨基金

    国際通貨基金から見た為替為替

    国際通貨基金(こくさいつうかききん、、IMF)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関。本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.。2011年9月現在の加盟国は187ヶ国。国際通貨基金 フレッシュアイペディアより)

  • 両替商

    両替商から見た為替為替

    さて、日本には中世より、替銭・割符と呼ばれる為替の前身にあたる物を扱う「替銭屋」・「割符屋」と呼ばれる商人が存在した。また、土倉と呼ばれる倉庫兼金融業者の活動も活発であった。さらに、戦国時代に入り全国の金山および銀山の産出が増大するにつれ、山師の持ち込む金銀地金の精錬、鑑定および売買を行う金屋および銀屋も現れた。後世の両替商はこうした業者が後述の三貨制度の確立によって両替の分野にも関わるようになったものと考えられている。両替商 フレッシュアイペディアより)

  • 国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価)

    国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価)から見た為替為替

    各国または地域で産み出された付加価値の総額の比較は、名目国内総生産(GDP)と為替レート(通貨換算比率)を用いて行われることが多いが、これは国や地域ごとの生活のコストを反映しておらず、また国家間の資本移動の影響をうけやすい。市場取引における為替レートではなく、その地域の生活関連コストやインフレ率や収入の差などの要素を考慮した購買力平価(PPP)を用いることで、貿易や国家間投資のような、国際間資本移動の影響を受けにくいレートで比較することができる。国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価) フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ソロス

    ジョージ・ソロスから見た為替為替

    1992年、イギリス政府の為替介入に対抗してイギリスの通貨ポンドへ空売りを行い、15億ドルの利益を得る。この一件により、「イングランド銀行を潰した男」の異名を得る。ジョージ・ソロス フレッシュアイペディアより)

  • 米子銀行

    米子銀行から見た為替為替

    開業当時の営業種目は、貸付金、諸預り金、手形割引、送金為替、振出手形、荷為替などで、明治27年(1894年)末の預金3万円、貸出金8万円であった。また為替取組先は、現在、山陰合同銀行に保存されている「為替取組先下札」によれば、山陰全域、山陽各地、北九州方面、近畿一円、四国の一部、北陸の一部、東京、朝鮮(釜山)など約60ヵ所であった。米子銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵屋敷

    蔵屋敷から見た為替為替

    蔵役人は蔵屋敷の管理を担当し、その責任者である留守居は商人達との交渉の総責任者でもあった。名代は前述のように蔵屋敷の名義人であり、蔵元が兼ねる事もあった。蔵元が蔵屋敷の内部の品物の管理・売却を行う実務責任者であり、藩役人が兼ねる場合と米問屋や両替商などの有力商人が務める場合があった。前者を役人蔵元、後者を町人蔵元と呼ぶが、次第に後者が一般的となった。掛屋は売却代金などの管理・出納を行う役職で特に金融・為替を扱う両替商が任命される場合もあり、蔵元が兼ねる場合もあった。蔵元・掛屋は藩から扶持米が与えられ、売買の際には手数料を取る事が許された。藩によっては名字帯刀などの武士身分への取立てを行う場合もあった。用聞・用達はその他一般の出入り商人である。蔵屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • 替銭

    替銭から見た為替為替

    替銭(かえせん)とは、中世日本において割符とともに為替の先駆的な役割を果たした手形・証文のこと。取り扱う対象が銭ではなく米である場合には、替米(かえまい)と呼ぶ。また、替銭を取り扱う業者である替銭屋(かえせんや)を指す場合もある。替銭 フレッシュアイペディアより)

  • 銭荘

    銭荘から見た為替為替

    銭荘の主たる業務は、事実上の本位通貨として高額取引や遠距離間取引には欠かせないものになっていたにも関わらず貨幣(銀貨)として存在していなかった銀の固形体である銀錠と日常的に用いられていた銅銭の両替を行い、その際に手数料を得ることであったが、19世紀に入ると、銭票(荘票)と呼ばれる銅銭との引換可能な小額紙幣を発行して、現金の預かりや払い出し業務も行うようになった。更に出資者(通常は経営者の他数名の出資者によって設立される)による銀預金を元手とした銀票の発行をはじめ、地域によって規格・品位が異なるためにそのままでは使うことが出来ない他地域の銀錠の交換や会票と呼ばれる為替の発行など今日の銀行業務に近い業務を行うようになった。こうした業務を支えたのは牙行などの同業者組合の存在であった。後に中国金融の中心地となる上海の銭荘は元々紹興出身者によって設立されたものが多く、上海や近隣の江蘇・浙江両省を拠点として米や大豆を扱う商人やこれを輸送する航運業者の出資を受けて事業を広げ、1776年には上海銭荘の牙行の代表的存在である北市銭業会館が設立されている。個々の銭荘が発行した銭票・会票は牙行を介して広範な決済が行われた。銭荘 フレッシュアイペディアより)

  • 大名貸

    大名貸から見た為替為替

    江戸時代初期には伝統的に有力商人が多かった京都の商人からの借り入れも多かったが、京都自体の経済的地位の低下によって大名貸との関係が薄くなった。関東・東北を中心に江戸商人との取引も行われ、江戸商人による大名貸の例もみられるが、江戸は江戸幕府本体及びその親衛隊として江戸に常住した旗本の年貢米・特産品の売却地でもあり、幕府財政安定を意図した米価維持のための諸藩への廻米制限令が出されることもあり、藩にとっては安定した資金調達先にはなり得なかった(結果的に江戸への米は幕府米・旗本米・商人米が大部分を占め、関東・東北諸藩の年貢米の一部が売却されるのみとなる)。結果的にほとんどの藩が蔵屋敷を設置し、江戸よりも幕府による制約が少ない大坂に資金調達先が求められ、大坂の蔵元・掛屋・両替商などが大名貸の有力な担い手となっていった。また、大名貸に伴う大坂から江戸への貨幣の流出は、江戸商人による大坂からの物資買付とともに、武士とその生活を支える商工業者による消費都市江戸と「天下の台所」と呼ばれる大坂との間に高度な為替の仕組を生み出す間接的な要因にもなった。大名貸 フレッシュアイペディアより)

  • 為替制度

    為替制度から見た為替為替

    為替制度 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示

「為替」のニューストピックワード