311件中 91 - 100件表示
  • 広島中郵便局

    広島中郵便局から見た為替為替

    貯金、貸付、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替、トラベラーズチェック、国債、投資信託、確定拠出年金、変額年金保険 - 平日18時まで営業。広島中郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡中央郵便局

    福岡中央郵便局から見た為替為替

    貯金、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替・トラベラーズチェック、国債、投資信託 - 平日18時まで営業。福岡中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • テクニカル分析

    テクニカル分析から見た為替為替

    テクニカル分析(テクニカルぶんせき、Technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。テクニカル分析 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災の経済への影響

    東日本大震災の経済への影響から見た為替為替

    一方の為替市場では、「震災からの復興特需に向けて円が大量に買われるだろう」「膨大な損害保険の支払いのために保険会社が円を大量に買い戻すだろう」「そのために企業は海外資産を円に替える」「その動きが加速したとき手元の円を売れば儲かる」「だから前もって円を買う人が多いだろう」との思惑に投機的な円買いが集中して、円が急騰した。3月14日から3月16日にかけて3日間で約7円急騰した。17日朝には、当初は円安基調から始まった為替相場であったが、買いを呼び、ニューヨーク外国為替市場で79円台で始まった取引が、わずか1時間あまり後のシドニー外国為替市場で一時76円台にまで急騰し、戦後最高値を大幅に更新した。東日本大震災の経済への影響 フレッシュアイペディアより)

  • 財務省国際局

    財務省国際局から見た為替為替

    国際局(こくさいきょく)は、日本の中央官庁である財務省の内部部局の一つである。主な業務は、為替及び国際金融市場の安定化、国際経済の調査・分析、国際機関での交渉、途上国支援の企画・立案など。財務省国際局 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨単位

    通貨単位から見た為替為替

    日本では現在は「円」が用いられるが、為替など特定の状況下では「銭」も用いられる。通貨単位 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本中央郵便局

    熊本中央郵便局から見た為替為替

    貯金、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替・トラベラーズチェック、国債、投資信託 - 平日18時まで営業。熊本中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 通貨取引開発税

    通貨取引開発税から見た為替取引為替

    通貨取引開発税(つうかとりひきかいはつぜい、英:Currency Transaction Development Levy、略称:CTDL)は、特定の通貨の為替取引に課税することで途上国の開発支援のための資金を創出するための革新的資金メカニズム(IFM)すなわち国際連帯税構想のひとつ。2006年のパリ国際会議で英国のNGO「Stamp Out Poverty」によって提唱された。通貨取引開発税 フレッシュアイペディアより)

  • ダイナミック・カレンシー・コンバージョン

    ダイナミック・カレンシー・コンバージョンから見た為替為替

    ダイナミック・カレンシー・コンバージョン (DCC: Dynamic Currency Conversion) は、顧客が海外発行のクレジットカードを利用して代金を支払う際に、その場で金額を顧客の自国通貨に換算して支払うことを可能とする決済サービスである。顧客にとっては、自国通貨への換算と決済(通常は翌日以降)までにレートが急激に変動する為替リスクを回避し、その場で自国通貨での支払金額を確定できるメリットがある。一方、DCCサービスを提供する業者(DCCプロバイダ)やアクワイアラ等にとっては、一定の手数料収入を得られるメリットがある。ダイナミック・カレンシー・コンバージョン フレッシュアイペディアより)

  • 萩郵便局

    萩郵便局から見た為替為替

    1875年(明治8年)1月1日 - 萩郵便局(三等)となる。翌日より為替取扱を開始。萩郵便局 フレッシュアイペディアより)

311件中 91 - 100件表示

「為替」のニューストピックワード