311件中 11 - 20件表示
  • ウィークデイ・ストック

    ウィークデイ・ストックから見た為替為替

    主に東京株式市場の前場市況と、世界各国の株式、為替、商品の動向を短くまとめて放送する。ウィークデイ・ストック フレッシュアイペディアより)

  • 為替取引

    為替取引から見た為替為替

    為替取引 フレッシュアイペディアより)

  • M702iS

    M702iSから見た為替為替

    iアプリは「Hungry Fish」、「OpeltOut」がプリインストールされている。その他、為替換算機能付き電卓やワールドクロック機能を搭載している。M702iS フレッシュアイペディアより)

  • 市況1板

    市況1板から見た為替為替

    為替、ニューヨーク証券取引所が話題に上がることが多い。市況1板 フレッシュアイペディアより)

  • 同人用語

    同人用語から見た為替為替

    定額小為替。ゆうちょ銀行が発行する送金用の証書。サークルが通信販売を行う場合に決済手段としてよく用いられるものの1つ。同人用語 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時利得税

    臨時利得税から見た為替為替

    1935年(昭和10年)、臨時利得税法(昭和10年3月30日法律第20号)により創設された。当時、日本経済は不況であったが、輸出産業や軍需産業など一部の産業は、為替の下落や満州事変の影響などで、大きな利益をあげていた。しかし国の財政は赤字であったので、増収を図って臨時利得税が創設された。臨時利得税 フレッシュアイペディアより)

  • 買米令

    買米令から見た為替為替

    これによって市場に流通する米の量を減らして米価を強制的に引き上げさせ、米価の低落によって年貢収入の換金に支障を来たしていた武士階層を救済するとともに、彼らの購買力を高めて景気回復を図った。また、同様の目的で米切手の為替化容認(結果的に米の延べ売買となり、米の売出しの先送りとなる)、囲米奨励、諸藩に対する江戸・大坂への廻米・蔵屋敷の米売却の制限・禁止などの措置が取られている。買米令 フレッシュアイペディアより)

  • 分散 (破産)

    分散 (破産)から見た為替為替

    その後、債務者の財産は入札・売却などによって換金されて分配されることになるが、質権者などが持つ担保付債権や奉公人の給与、未納の租税や家賃、御用為替は分配に先だって優先的に全額の弁済を受けられた。これを抜取(ぬきとり)と言う。その後、残った代金を債権者間で未回収の債権の比率に応じて分割することになる。その後、債権者は分散の対象になった財産とその処分内容を記した分散割帳(ぶんさんわりちょう)を作成して債務者および地域代表の印を受けた。分散 (破産) フレッシュアイペディアより)

  • 蔵預かり切手

    蔵預かり切手から見た為替為替

    代表的なものに蔵米切手が挙げられるが、他にも豊後国岡藩の「大豆切手」や備前国岡山藩の「繰綿切手」、他にも砂糖や干鰯、藍玉、生蝋、小麦などの切手が存在した。当初は保管証明書でしかなかったが、後に転売が可能となり為替の代用品として流通するようになった。明治4年(1871年)に明治政府によって廃止されるまで商人間の代金支払などに広く用いられた。蔵預かり切手 フレッシュアイペディアより)

  • 御用商人

    御用商人から見た為替為替

    江戸時代も中期になると、徳川家との特別な関係に支えられてきた御用商人の中には経営不振などから姿を消す者もあり、次第に新興の御用商人が登場するようになる。すなわち、新しく公儀御用師に任ぜられた越後屋の三井家は後に金融分野にも進出して、大坂の鴻池家とともに幕府公用の為替を取り扱った。また、蔵米の売却を担当していた札差や金銀貨の両替を扱う両替商が御用商人として重要視されるようになり、江戸幕府では天明期に勘定方御用達、寛政期に米方御用達、文化期に町方御用達を設置して、米穀・貨幣・金融・財政政策の円滑な遂行を図った。御用商人 フレッシュアイペディアより)

311件中 11 - 20件表示

「為替」のニューストピックワード