311件中 31 - 40件表示
  • 自動車製造事業法

    自動車製造事業法から見た為替為替

    本法の施行と、日中戦争勃発による円為替相場下落・輸入部品高騰の結果、3年後の1939年にフォード、GM、クライスラーの3社は日本から撤退することになった。フォードは、許可会社である日産およびトヨタとの合弁会社設立も検討したが、実現しなかった。自動車製造事業法 フレッシュアイペディアより)

  • 大西洋銀行

    大西洋銀行から見た為替為替

    大西洋銀行はマカオ特別行政区における市中銀行の一つである。すなわち、個人・法人に対して通常の金融業務(預金、為替、融資、クレジットカードの発行など)を行っている銀行である。また市中銀行であると同時に発券銀行でもあり、マカオ金融管理局の監督下において、同局に香港ドルを預託してパタカ紙幣を発券している。大西洋銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 請負代官

    請負代官から見た為替為替

    南北朝時代の頃に入ると、地頭ら在地勢力による請所・下地中分の展開、職の体系に基づく支配体系の動揺、代銭納や割符・為替などの登場によって従来の荘園領主や彼らに派遣された所務代官による支配が困難になる中で、好条件での代官請を行って収益確保を図る動きが現れた。代官請によって所務職を与えられた代官を請負代官という。請負代官 フレッシュアイペディアより)

  • 高山郵便局

    高山郵便局から見た為替為替

    宮城県宮城郡七ヶ浜町にかつて存在した、夏季のみ営業の郵便局(定期開設局)。高山外国人避暑地の外国人避暑客の便宜のため宮城県が設置し、為替業務も取り扱っていた。高山郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 月ヶ瀬郵便局

    月ヶ瀬郵便局から見た為替為替

    貯金、為替、振替、振込、国際送金、国債、国際送金月ヶ瀬郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 田村秀男

    田村秀男から見た為替為替

    中国共産党の支配下にある中国人民銀行が基準相場を設定し、変動を基準値の上下2%以内に限って許容している事、金融・資本市場は制限だらけで取引不自由である事、公正に開かれた金融市場を基盤として為替レートが自由に変動する先進国通貨とは対極にある事から、人民元を「悪貨が良貨を駆逐する」における現代版悪貨としている(2015年現在)。田村秀男 フレッシュアイペディアより)

  • 川口晴美

    川口晴美から見た為替為替

    福井県小浜市の海辺の町で育つ。福井県立若狭高等学校、早稲田大学第一文学部文芸専攻卒業。大学在学中に鈴木志郎康の講義を受けて詩を書き始め、1985年に第1詩集『水姫』を出版。商社の為替ディーリング室にOLとして7年3ヶ月勤めたあと、現在は詩集を上梓したり、現代美術と詩のコラボレーション展を開催している。いくつかのアンソロジーに詩が収録され、イタリア語や韓国語に翻訳された詩もある。東京造形大学非常勤教員。川口晴美 フレッシュアイペディアより)

  • けいせい恋飛脚

    けいせい恋飛脚から見た為替為替

    梅川は人に呼ばれてその場を外したが、ひとりになった忠兵衛の前に丹波屋八右衛門が現れる。八右衛門は亀屋に頼んで江戸から五十両の為替の金を送ってもらうはずだった。ところがその期日が十日を過ぎても一向に届いたとの知らせがない、どうしたわけかと責め立てる。忠兵衛は、じつは梅川を身請けしようという田舎の客がいて、その客に梅川を取られまいと、たまたま届いたその五十両を梅川を身請けするための手付け金として使ってしまったのだという。梅川の身請け金は合せて二百五十両、養子の忠兵衛が自由に出来る額ではない。どうか待ってくれと、八右衛門に土下座し涙して謝る忠兵衛。これに八右衛門は「待ってやろう」と言い、そのかわり梅川の身請けの手付け五十両の受取りを、金を返すまで預かろうという。忠兵衛はそれを承知しその受取りを忠兵衛に渡したが、忠兵衛は八右衛門が本来受け取るはずの五十両の受取りを先に書いてくれるよう八右衛門に頼む。八右衛門もそれを承知してその場で受取りを書いて渡す。けいせい恋飛脚 フレッシュアイペディアより)

  • 人間万事金世中

    人間万事金世中から見た為替為替

    (同 仙元下裏借家の場)いっぽう林之助は、五郎右衛門に会うことがかなわず金の工面は出来なかった。しかしこのままでは済まされまいと、乳母おしづと千之助の暮らす借家を訪れる。ところがそこでは意外なことが起きていた。何者かが林之助の名を使って、十円の金を為替でおしづ宛てに届けていたのである。林之助は不審がる。とそこへ、大家の武太兵衛(ぶたべえ)が米屋と薪屋を連れてやってきた。武太兵衛たちはおしづが溜めていた店賃や、米代薪代を取り立てにきたのだが、しかしどうせ金はなかろうとおしづたちを罵り、すこしでも金にしようと、無慈悲にも粗末な家財道具を洗いざらい持っていこうとする。林之助が例の十円のうちから金を出して払うと、武太兵衛たちは態度をころりと変えて帰っていった。それを見送る林之助は、「地獄の沙汰も金次第じゃわえ」とつぶやくのであった。人間万事金世中 フレッシュアイペディアより)

  • 田部文一郎

    田部文一郎から見た為替為替

    当時の広島一中は江田島が近いため、海軍兵学校へ行く者、陸軍幼年学校へ行く者を育てるための軍人養成学校のようなスパルタ教育校だった。両親には商人になれと迫られ、どうしても商売をしなければならないなら、と1924年(大正13年)東京商科大学(現・一橋大学)予科へ進学し上京。関東大震災の翌年で東京は焼け野原だった。1930年(昭和5年)卒業後、海外勤務を希望し三菱商事を受験。世界的な就職難の時代、縁故と陸上部に所属していながら成績がよいという理由で三菱商事に入社出来た。営業を希望し機械部勤務。この頃から「将来は社長になる」とまわりに吹いた。入社半年で第一次世界大戦に負けたドイツが戦勝国・日本に払う「対独賠償債権」の請求を担当。猛勉強して大蔵省の役人を前に為替変動の仕組みを講義した。台湾・高雄支店、大阪機械支店の後、1938年(昭和13年)ニューヨーク支店に転勤。当時日本からアメリカへの機械輸出は0で、この頃不況だったアメリカの鉱山地帯をまわり、採掘機械を大量に安く買い付け、満州関係の業者に売ったり、日産自動車の浅原源七や山本惣治に頼まれ、自動車製造技習得のため工場案内や、アメリカの技術者の日本派遣の手引きなどをする。当時はトヨタ自動車もようやく車の製造を開始した頃だった。また同様に八幡製鐵所などの製鉄技術者の案内や製造機械の日本輸出などを行った。他の機械担当者は実際のビジネスを外人まかせにする事が多かったが、田部はアメリカの大企業のトップと直接交渉した。田部文一郎 フレッシュアイペディアより)

311件中 31 - 40件表示

「為替」のニューストピックワード