254件中 31 - 40件表示
  • 吉野昌甫

    吉野昌甫から見た為替為替

    『貿易・為替小辞典 』(編著,有斐閣, 1983年)吉野昌甫 フレッシュアイペディアより)

  • 同人用語

    同人用語から見た為替為替

    定額小為替。ゆうちょ銀行が発行する送金用の証書。サークルが通信販売を行う場合に決済手段としてよく用いられるものの1つ。同人用語 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替平衡操作

    外国為替平衡操作から見た為替為替

    外国為替平衡操作(がいこくかわせへいこうそうさ)とは、日本において財務省の命令で日本銀行が行なう為替市場への介入のことである。日本以外の為替当局が行うものについても本項で扱う。外国為替平衡操作 フレッシュアイペディアより)

  • 証文

    証文から見た為替為替

    為替・割符?今日の為替手形に相当、遠隔地に金銭などを送る場合に作成証文 フレッシュアイペディアより)

  • 郵便貯金制度

    郵便貯金制度から見た為替為替

    郵便貯金制度(ゆうびんちょきんせいど、Postal savings system)とは、政府が郵便局を通じて預金・為替サービスなどを国民に提供する制度の総称である。郵便貯金制度 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県央農業協同組合

    長崎県央農業協同組合から見た為替為替

    (貯金、年金、為替、窓口販売、資金運用、融資審査、固定化債権回収、観光企画等の業務)長崎県央農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時利得税

    臨時利得税から見た為替為替

    1935年(昭和10年)、臨時利得税法(昭和10年3月30日法律第20号)により創設された。当時、日本経済は不況であったが、輸出産業や軍需産業など一部の産業は、為替の下落や満州事変の影響などで、大きな利益をあげていた。しかし国の財政は赤字であったので、増収を図って臨時利得税が創設された。臨時利得税 フレッシュアイペディアより)

  • 富国生命投資顧問

    富国生命投資顧問から見た為替為替

    毎月マーケットビューというレポートが発表され、国内外の株式、債券、為替をはじめとする市場動向をまとめている。富国生命投資顧問 フレッシュアイペディアより)

  • 田部文一郎

    田部文一郎から見た為替為替

    当時の広島一中は江田島が近いため、海軍兵学校へ行く者、陸軍幼年学校へ行く者を育てるための軍人養成学校のようなスパルタ教育校だった。両親には商人になれと迫られ、どうしても商売をしなければならないなら、と1924年(大正13年)東京商科大学(現・一橋大学)予科へ進学し上京。関東大震災の翌年で東京は焼け野原だった。1930年(昭和5年)卒業後、海外勤務を希望し三菱商事を受験。世界的な就職難の時代、縁故と陸上部に所属していながら成績がよいという理由で三菱商事に入社出来た。営業を希望し機械部勤務。この頃から「将来は社長になる」とまわりに吹いた。入社半年で第一次世界大戦に負けたドイツが戦勝国・日本に払う「対独賠償債権」の請求を担当。猛勉強して大蔵省の役人を前に為替変動の仕組みを講義した。台湾・高雄支店、大阪機械支店の後、1938年(昭和13年)ニューヨーク支店に転勤。当時日本からアメリカへの機械輸出は0で、この頃不況だったアメリカの鉱山地帯をまわり、採掘機械を大量に安く買い付け、満州関係の業者に売ったり、日産自動車の浅原源七や山本惣治に頼まれ、自動車製造技習得のため工場案内や、アメリカの技術者の日本派遣の手引きなどをする。当時はトヨタ自動車もようやく車の製造を開始した頃だった。また同様に八幡製鐵所などの製鉄技術者の案内や製造機械の日本輸出などを行った。他の機械担当者は実際のビジネスを外人まかせにする事が多かったが、田部はアメリカの大企業のトップと直接交渉した。田部文一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良中央郵便局

    奈良中央郵便局から見た為替為替

    貯金、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替・トラベラーズチェック、国債、投資信託 - 平日18時まで営業。奈良中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

254件中 31 - 40件表示

「為替」のニューストピックワード