254件中 51 - 60件表示
  • 田中智

    田中智から見た為替為替

    大学在学中に株・為替投資を始め、個人投資家としても紹介されている。田中智 フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・デ・アスピルクエタ

    マルティン・デ・アスピルクエタから見た為替取引為替

    教会法の権威として名高く、『聴罪師と悔悛者の手引き』を著したほか、ドミンゴ・デ・ソトによって発展した16世紀サラマンカ学派の経済理論を継承発展させた。著書『徴利明解論』で「貨幣数量説」を展開し、新大陸からの金銀の流入により貨幣数量が増大してその価値が下落し物価騰貴が起こった、と価格革命のメカニズムを解明した(この学説は、一般に「数量貨幣説」の始祖とされているボダンよりも時期的に先行している)。また彼は、当時盛んであった貨幣取引(為替取引)に対して行われていた宗教上の非難から、この取引を弁護するために、後年「購買力平価説」といわれた理論を提唱した。マルティン・デ・アスピルクエタ フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・デ・ソト

    ドミンゴ・デ・ソトから見た為替取引為替

    また経済理論については主著『公正と法』において、先行のルイス・サラビア・デ・ラ・カリェの理論を継承して「公正価格論」を発展させ、財貨の価格はそれらが人間が財貨に対して認める必要性の度合いに応じてなされる「評価」によって決まる、と主張した。彼はこの考えを貨幣に適用して為替取引を理論的に肯定したが、これはマルティン・デ・アスピルクエタによって継承され「貨幣数量説」へと発展していくことになった。『公正と法』は1540年から翌1541年、1542年から翌1543年にかけてのサラマンカの講義に基づくもので、徴利(usura)、国家のなかの商業の一般的形態、公正価格、価格変動とその原因、その他海運・生命保険まで広範な内容を含む経済書であり、多くの版を重ねた。ドミンゴ・デ・ソト フレッシュアイペディアより)

  • 新潟中央郵便局

    新潟中央郵便局から見た為替為替

    貯金、貸付、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替、トラベラーズチェック、国債、投資信託、確定拠出年金、変額年金保険 - 平日18時まで営業。新潟中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 蓑田秀策

    蓑田秀策から見た為替為替

    東京都出身。1974年一橋大学経済学部卒業、日本興業銀行入行。ニューヨーク勤務、ロンドン勤務を経て、みずほコーポレート銀行でシンジケーション部門の統括や、グローバル投資銀行グループ統括を担当。日本における為替オプション取引制度や、シンジケートローン市場の整備を行った。またイギリスの現地法人では中山恒博と二人三脚で、経営を担った。蓑田秀策 フレッシュアイペディアより)

  • 松山中央郵便局

    松山中央郵便局から見た為替為替

    貯金、貸付、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替、トラベラーズチェック、国債、投資信託、確定拠出年金、変額年金保険 - 平日18時まで営業。松山中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 高田商会

    高田商会から見た為替為替

    しかし、1923年(大正12年)の関東大震災により社屋が倒壊し商品を焼失した損害に加え、為替差損などもあいまって1925年(大正14年)2月経営破綻、整理会社となる。高田商会 フレッシュアイペディアより)

  • 商法

    商法から見た為替為替

    江戸時代には幕府が儒教的な重農抑商政策を進めたこと、諸藩が自藩の産業保護を優先した事によって、商業の全国的レベルでの発展は抑え込まれた。会社形態の組織が生まれる事はなく、もっぱら個人又は同族経営による商店のみが存在した。そのため、商取引は商慣習に従って行われた。それでも大坂などの大都市を中心に高度な為替システムの成立を見るなど、その水準は決して低くはなかった。商法 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉中央郵便局

    千葉中央郵便局から見た為替為替

    貯金、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替・トラベラーズチェック、国債、投資信託 - 平日18時まで営業。千葉中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 水戸中央郵便局

    水戸中央郵便局から見た為替為替

    貯金、貸付、為替、振替、振込、国際送金、外貨両替、トラベラーズチェック、国債、投資信託、確定拠出年金、変額年金保険 - 平日18時まで営業。水戸中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

254件中 51 - 60件表示

「為替」のニューストピックワード