55件中 11 - 20件表示
  • 岩水嘉孝

    岩水嘉孝から見た為末大為末大

    400mHの為末大、棒高跳の澤野大地のように、ヨーロッパ各地の主要大会(ゴールデンリーグやグランプリと呼ばれる)を転戦し、海外の競技者と闘っている。岩水嘉孝 フレッシュアイペディアより)

  • トラック&フィールド

    トラック&フィールドから見た為末大為末大

    現在のところ日本での代表的選手と言えば為末大、末續慎吾、室伏広治などが知られている。しかしマラソンや駅伝などがテレビ中継されることが多いのに比べて、トラック&フィールドの試合が全国ネットで放送されることは少なく、日本陸上競技選手権大会などごく一部の大会だけである。そのため、世界大会などに出場したり入賞した選手であっても、ファンを除けば一般市民への知名度は少ないこともある。トラック&フィールド フレッシュアイペディアより)

  • 成迫健児

    成迫健児から見た為末大為末大

    成迫 健児(なりさこ けんじ、1984年7月25日 - )は日本の陸上選手。大分県佐伯市出身。為末大とともにヨンパー王国ニッポンの中核をなす実力を持つ。成迫健児 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年世界陸上競技選手権大会日本選手団

    2001年世界陸上競技選手権大会日本選手団から見た為末大為末大

    男子ハンマー投の室伏広治と女子マラソンの土佐礼子が銀メダルを、男子400mハードルの為末大が銅メダルを獲得した。この他に女子マラソンの渋井陽子が4位、男子マラソンの油谷繁が5位、森下由輝が8位に、男子4×100mリレー(松田亮・末續慎吾・藤本俊之・朝原宣治)が6位、男子20km競歩の柳沢哲が7位とそれぞれ入賞した。2001年世界陸上競技選手権大会日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • バーショーン・ジャクソン

    バーショーン・ジャクソンから見た為末大為末大

    2005年に行われた世界陸上の400mハードルでは、第4コーナーまで為末大に先行を許していたが、最後の直線で抜き去り、47秒30の好タイムで優勝した。バーショーン・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • 白石宏

    白石宏から見た為末大為末大

    全盛期の伊達公子や山崎一彦のパーソナルトレーナーや斉藤仁、有森裕子、鈴木大地、カールルイスなどの怪我の治療を担当し彼らのメダル獲得に貢献。その実績から「ゴッドハンド」とも称された。近年も金本知憲、清原和博、為末大、北島康介、鈴木絵美子らの競技生活のサポートを務めている。白石宏 フレッシュアイペディアより)

  • マット安川の「勝負」シリーズ

    マット安川の「勝負」シリーズから見た為末大為末大

    為末大(陸上競技選手)-2010年6月4日マット安川の「勝負」シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • SUPER TOKYO

    SUPER TOKYOから見た為末大為末大

    AI/相川七瀬/青空球児・好児/秋山成勲/與真司郎/ATSUSHI/有馬隼人/有森裕子/飯沼誠司/池内博之/IKKO/石森太二/市原隼人/今井千尋/今井マサキ/入江幸人/岩崎恭子/宇野薫/梅宮アンナ/太田雄貴/カズ・ハヤシ/片山正通/香里奈/紀里谷和明/クリス・ペプラー/窪塚洋介/栗山和弥/栗山圭介/くるり/黒木メイサ/KENTA/小池修一郎/河野健児/小島よしお/KONISHIKI/小橋賢児/五味彬/近藤修司/斉藤工/坂本龍一/沢渡朔/澤野大地/三遊亭王楽/篠宮龍三/Jesse McFaddin/SHIHO/下村一喜/笑福亭鶴瓶/JUN HAGAN/ジョン・カビラ/ジェロ/尚玄/鈴木エドワード/鈴木桂治/鈴木みのる/平常/TAKAKO/高山善廣/宅八郎/タナカノリユキ/田中麗奈/田中ロウマ/棚橋弘至/谷原章介/谷本裕也/玉山鉄二/為末大/Char/知花くらら/土山直純/つんく♂/テリー伊藤/ドン小西/中山美穂/西島千博/西村晃一/西村由紀江/萩庭桂太/はるな愛/林家たい平/VERBAL/樋口真嗣/平間至/広末涼子/風吹ジュン/細江英公/舞山秀一/前田典子/前林新悟/松田美由紀/松任谷由実/丸山敬太/三池崇史/水野敬也/道端ジェシカ/宮坂絵美里/武蔵丸/武藤敬司/村上淳/箭内道彦/柳本和也/山田卓也/桑田尚樹/森豪士/大和ヒロシ/山根和馬/山本"KID"徳郁/RIKACO/リア・ディゾン/LiLiCo など。SUPER TOKYO フレッシュアイペディアより)

  • 森千夏

    森千夏から見た為末大為末大

    しかし、アテネ五輪代表決定の直後から体調に異変を感じ始め、満足な練習ができないまま五輪本番をむかえ、あえなく予選落ちとなる。帰国後入院し、膀胱炎と診断された。一時は練習を再開したものの、極度の体調不良により入退院を繰り返す。検査の結果、かなり重篤な症状であることが判明。2005年夏、開腹手術に踏み切ったが、悪性の腫瘍が取り除けなかった。2005年はまったく試合出場ができなかったため、2006年3月をもってスズキとの契約は解消された。病名の公表は控えてきたが、同年4月、虫垂がんに冒されていることを公表。虫垂がんは非常に症例が少なく、森の希望した治療が保険適用外のため、莫大な治療費が必要となった。そのため母校の東京高校や日本陸上競技連盟などが募金活動に乗り出し、選手仲間の池田や為末大、親交のあった阪神タイガースの下柳剛投手らも大会等で支援を呼びかけるなど、支援の輪が広がった。森千夏 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤嘉彦

    斎藤嘉彦から見た為末大為末大

    1998年、郷里の群馬綜合ガードシステムに入社。復調し48秒64の自己新記録で日本選手権優勝。2000年、シドニーオリンピック出場を目指したが、若手の為末大らの台頭もあり、あと一歩で出場を逃し選手生活を引退、その後、群馬県高崎市にある東京農業大学第二高等学校教諭として後進の指導にあたっている。斎藤嘉彦 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「為末大」のニューストピックワード