83件中 11 - 20件表示
  • バーショーン・ジャクソン

    バーショーン・ジャクソンから見た為末大為末大

    2005年に行われた世界陸上の400mハードルでは、第4コーナーまで為末大に先行を許していたが、最後の直線で抜き去り、47秒30の好タイムで優勝した。バーショーン・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • 2001年世界陸上競技選手権大会日本選手団

    2001年世界陸上競技選手権大会日本選手団から見た為末大為末大

    男子ハンマー投の室伏広治と女子マラソンの土佐礼子が銀メダルを、男子400mハードルの為末大が銅メダルを獲得した。この他に女子マラソンの渋井陽子が4位、男子マラソンの油谷繁が5位、森下由輝が8位に、男子4×100mリレー(松田亮・末續慎吾・藤本俊之・朝原宣治)が6位、男子20km競歩の柳沢哲が7位とそれぞれ入賞した。2001年世界陸上競技選手権大会日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 糸川雅子

    糸川雅子から見た為末大為末大

    小学校から高校まで陸上競技選手で、広島県代表選手にもなった。400mハードル銅メダリストの為末大とは同級生で中学からの陸上仲間。大の広島カープファンだった。糸川雅子 フレッシュアイペディアより)

  • ゆりーと

    ゆりーとから見た為末大為末大

    NHK Eテレで放送中の子供番組『大!天才てれびくん』2013年5月21日放送分の『スクープ野郎Uチーム #7 〜誰でもたったの1日で足が速くなる〜の巻』で陸上競技の元400mハードル選手・為末大と共演して出演した。このコーナーのナビゲーターを務めるてれび戦士の3名と共に足は速くなるのかという内容だった。ゆりーと フレッシュアイペディアより)

  • TIM神様の宿題

    TIM神様の宿題から見た為末大為末大

    夢の広島市民球場での始球式を目指すサイン集めシリーズ第2弾。用意された有名人25名(広島市内街頭アンケートによる「広島の人達が欲しいと思う有名人サイン」…20名、アンガールズが選択したフリーゾーン…5名⇒<山根>左上:為末大、左下:綾瀬はるか <田中>中央:ポルノグラフィティ、右上:明石家さんま、右下:ホリエモン)をBINGOパネルにし、サイン集め第1弾同様有名人のサインが置いてある店などをアンガールズが探すルール。2006年シーズン終了までに縦横斜め1列でも揃えば始球式の権利がもらえる(堀江のサインはゲットできたもののライブドアの証券取引法違反の事件により放送はお蔵入りとなった)。最後に小泉純一郎のサインを見つけ、念願の始球式の権利を獲得したが、桑原アナのドッキリ(10枚の瓦を多く割った方が始球式権獲得)により2006年4月26日の対巨人戦で始球式を出来たのは田中だけたった(さらに追い討ちをかけるようにTIMメンバーは2人を留守にして韓国ロケ(6月8日・15日・22日放送)に行ってしまう結末となってしまった)。TIM神様の宿題 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大が読み解く!勝利へのセオリー

    為末大が読み解く!勝利へのセオリーから見た為末大為末大

    この番組では陸上選手であった為末大がナビゲーターとなって、いわゆる“名将”と呼ばれるコーチや監督にスポットを当てて、その采配や戦術、さらに、育成法に込められた「知」や「哲学」を読み解くもので、この番組によって、厳しい競争社会を生き抜くヒントを探る。為末大が読み解く!勝利へのセオリー フレッシュアイペディアより)

  • SACLA

    SACLAから見た為末大為末大

    2013年7月より、特設ウェブサイト「世界一小さいものが見えるX線レーザー ピコスコープ SACLA」で広報活動が行われている。ウェブサイトでは、SACLA公式キャラクター「ピコネコ」が各所に使用されているほか、コンテンツとして放射光科学総合研究センターの職員と北野武、富野由悠季、さかなクン、為末大との対談記事などが掲載されている。SACLA フレッシュアイペディアより)

  • 加藤嘉一

    加藤嘉一から見た為末大為末大

    - 執筆者:岩瀬大輔・飯田泰之・古市憲寿・駒崎弘樹・経沢香保子・為末大・田端信太郎・加藤嘉一。加藤嘉一 フレッシュアイペディアより)

  • ひだかしんさく

    ひだかしんさくから見た為末大為末大

    高校の1期上の先輩にTBSアナウンサーの久保田智子、1期下の後輩に元陸上競技選手の為末大がいる。ひだかしんさく フレッシュアイペディアより)

  • 剣持哲志

    剣持哲志から見た為末大為末大

    群馬県立中之条高等学校を経て法政大学卒業。1971年、中之条高校に入学し、名将今井雅夫監督の指導で潜在能力が開花。1973年、関東高校陸上で、110mJHと走り幅跳びで2冠を達成。記録は14秒1と7m21という高校生離れしたもので、大きな注目を集めた。その後に行われた三重インターハイでは、大きな重圧の中、110mJHで14秒7をマークし見事に優勝した。高校卒業後、陸上競技の強豪・法政大学に進学。1年次から法政の主力選手として大活躍。1977年10月16日、日本学生選手権において14秒25の驚異的な日本新記録を樹立した。苅部俊二・斎藤嘉彦・為末大・内藤真人らは大学の後輩にあたる。剣持哲志 フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「為末大」のニューストピックワード

  • PlayStation VR Media Experience

  • AQUOS sense2 SH−M08

  • AQUOS R SHV39