83件中 31 - 40件表示
  • 山本篤 (陸上選手)

    山本篤 (陸上選手)から見た為末大為末大

    オリンピック 400m ハードル元日本代表の為末大は、次のように述べている。「私が現役の頃、恥ずかしながらパラリンピックにはさほど注目して見ていなかった。五輪とパラリンピックは文部科学省と厚生労働省と管轄が違い、選手たちが交流することもなかった。ちょうど07年頃だったろうか。海外のとあるレースで、バスの中で日本人の義足選手と乗り合わせた。山本篤選手という大腿切断のカテゴリーの選手だ。彼から健常な足と義足の使い方の違い、スタートの仕方などの説明を受けて、漠然とパラリンピックの世界に興味を持った。」山本篤 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立広島皆実高等学校

    広島県立広島皆実高等学校から見た為末大為末大

    為末大 - 陸上選手(400mハードル日本記録保持者・エドモントン、ヘルシンキ両世界選手権銅メダリスト)広島県立広島皆実高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 秋本真吾

    秋本真吾から見た為末大為末大

    自身がプロとなってからプロ野球チームオリックス・バファローズやアメリカンフットボールチームオービックシーガルズなどの指導を行った。オリックス・バファローズには定期的にキャンプへ行き選手の指導を行った。2013年にはなでしこリーグチャンピオンチームINAC神戸レオネッサにランニングの指導をした。プロになる以前から陸上選手で昔から親睦の深い為末大と共に全国各地で陸上を通じて子供達に陸上教室を行っている。その後も為末と各地で陸上教室を催している。2011年に広島県のフラワーフェスティバルや東京都主催の浅草ストリート陸上などで共演している。秋本真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 岩水嘉孝

    岩水嘉孝から見た為末大為末大

    400mHの為末大、棒高跳の澤野大地のように、ヨーロッパ各地の主要大会(ゴールデンリーグやグランプリと呼ばれる)を転戦し、海外の競技者と闘っている。岩水嘉孝 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉 真子

    千葉真子から見た為末大為末大

    世界陸上選手権での複数回メダル獲得は、2009年現在で千葉のほかにハンマー投の室伏広治、400mハードルの為末大、マラソンの土佐礼子がいる。千葉真子 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のスポーツ

    1978年のスポーツから見た為末大為末大

    5月3日 - 為末大(広島県、陸上競技)1978年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 成迫健児

    成迫健児から見た為末大為末大

    2005年5月、国際グランプリ大阪の400mハードルで自身2度目の48秒台となる48秒71をマークして3位に入り、為末大に0秒01差で競り勝ち日本人最先着を果たした。成迫健児 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤嘉彦

    斎藤嘉彦から見た為末大為末大

    1998年、郷里の群馬綜合ガードシステムに入社。復調し48秒64の自己新記録で日本選手権優勝。2000年、シドニーオリンピック出場を目指したが、若手の為末大らの台頭もあり、あと一歩で出場を逃し選手生活を引退、その後、群馬県高崎市にある東京農業大学第二高等学校教諭として後進の指導にあたっている。斎藤嘉彦 フレッシュアイペディアより)

  • 森千夏

    森千夏から見た為末大為末大

    アテネ五輪代表決定の直後から体調に異変を感じ始め、満足な練習ができないまま五輪本番を迎え、予選落ちとなった。帰国後入院し、膀胱炎と診断された。一時は練習を再開したものの、極度の体調不良により入退院を繰り返す。検査の結果、かなり重篤な症状であることが判明した。2005年夏、開腹手術に踏み切ったが、悪性の腫瘍を取り除くことができなかった。2005年はまったく試合に出場することができなかったため、2006年3月をもってスズキとの契約が解消された。病名の公表は控えてきたが、同年4月に虫垂がんに冒されていることを公表した。虫垂がんは非常に症例が少なく、森の希望した治療が保険適用外であり、莫大な治療費が必要となった。そのため母校の東京高校や日本陸上競技連盟などが募金活動に乗り出し、選手仲間の池田や為末大、親交のあった阪神タイガース投手の下柳剛らも大会等で支援を呼びかけた。森千夏 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂田淳

    小坂田淳から見た為末大為末大

    神戸市立西落合中学校、兵庫県立神戸高塚高等学校、京都産業大学から大阪ガスに入社。大阪ガスの同僚にはアテネオリンピック男子4x100mRで4位入賞の朝原宣治(100m自己記録10秒02=日本歴代2位)、元同僚にはエドモントン世界選手権男子400mH銅メダリストでヘルシンキ世界選手権男子400mH銅メダリストの為末大(400mH自己記録47秒89=日本記録)がいる。2000年、シドニーオリンピックに出場。マイルリレーでバトンを落とし、大きな非難を浴びた。2004年、アテネオリンピックに出場。1600MR4位入賞(3位銅メダルへはわずか0.09秒差)に貢献。鼻が高いことで知られる。夫人は全日本実業団選手権優勝経験のある小坂田美恵(旧姓鈴木)。小坂田淳 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「為末大」のニューストピックワード

  • PlayStation VR Media Experience

  • AQUOS sense2 SH−M08

  • AQUOS R SHV39