56件中 11 - 20件表示
  • 為末大

    為末大から見たバーショーン・ジャクソン

    2003年 7月に父を亡くす。世界陸上パリ大会に出場。一度は予選落ちした(3着まで通過のところ4着、タイムは9人までだったが10番目)。しかし、準決勝進出者の中から失格者(バーショーン・ジャクソン)が出たため、繰り上がりで準決勝進出を果たす。しかし、準決勝は組で7着に終わり、決勝進出を逸した。10月に大阪ガスを退社し、プロ選手として独立。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た苅部俊二

    苅部俊二(元400mH日本記録保持者・現在,法政大学)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た山崎一彦

    山崎一彦(元400mH日本記録保持者・現在,福岡大学)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た吉澤賢

    吉澤賢 (アテネ五輪400mH代表選手・現在競輪選手)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た梅田直哉

    梅田直哉(サッカー選手/高校同級生/湘南ベルマーレ所属)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た斎藤嘉彦

    斎藤嘉彦(元400mH日本記録保持者)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たヘルシンキ

    2005年 2月に朝原宣治・伊藤友広らとともにアメリカ合衆国アリゾナ州フラッグスタッフで高地合宿を行い、実力を養成。その甲斐あって5月のSGPドーハで400mH49秒53の好記録で6位入賞。6月にPrahaで行われたGPIIのMemorial Josefa Odlozilaでは49秒24をマークして優勝。7月にはイタリアで行われたパドバ国際でも49秒23で優勝を飾るなど好調を維持しヘルシンキ入り。世界陸上ヘルシンキ大会の400mハードルで再び銅メダルを獲得。豪雨であったが、豊富な経験を元に冷静さを失わず中盤までトップを走る。終盤でかわされたが48秒10のセカンドベストをマークし銅メダルを獲得。こぶしを突き上げて男泣きし、一躍時の人となった。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た広島市

    為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の陸上競技選手、株式会社R.project取締役。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た湘南ベルマーレ

    梅田直哉(サッカー選手/高校同級生/湘南ベルマーレ所属)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たロンドンオリンピック (2012年)

    2008年、北京オリンピックに出場したが、一次予選落ちしたため、去就が注目されていたが、10月1日、「ボロボロになっても、行ける処まで走りたい」として、2012年のロンドンオリンピックを目指して現役を続行することを決めた。為末大 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示