56件中 21 - 30件表示
  • 為末大

    為末大から見た小学校

    陸上競技の普及に積極的に取り組んでいる。2006年9月にクイズ$ミリオネアで1000万円を獲得。それを元手に翌年春、東京丸の内で東京ストリート陸上をプロデュースした。また「陸上競技の魅力をより多くの人に知ってもらいたい」との思いから、全国各地の小学校で様々な種目の選手と共に実演するイベントも企画している。このようなイベントを企画するゆえ、陸上競技選手の中では種目を問わず、人脈は広い。後述するように、地元・大阪での世界選手権では不本意な成績に終わったが、「多くの選手がこれを機に陸上競技をアピールしようという気持ちを失わないかという心配がある」と憂慮。普及活動を引き続き行っている。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た日本陸上競技選手権大会

    2012年6月2日、ロンドンオリンピック出場の可否に関わらず、今季限りで引退する旨を述べた。同年6月8日、大阪市長居陸上競技場でおこなわれた日本選手権男子400メートル障害予選にて、2組で出場した為末はいきなり1台目のハードルを越えられず、右足を引っ掛けて転倒してしまう。完走するも組最下位に終わり、準決勝進出も絶たれたことで、現役引退を表明した。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たレスリー・キー

    レスリー・キー *写真集「Super Stars」(2006年)、「SUPER TOKYO」(2010年)に参加為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たR.project

    為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の陸上競技選手、株式会社R\.project取締役。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たベースボールマガジン社

    『為末大 走りの極意』(ベースボールマガジン社、2007/8、ISBN 978-4583100364)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たサニーサイドアップ (マネジメント会社)

    大学卒業後、大阪ガスに入社したが退社し、アジアパートナーシップファンド(APF)に所属。マネジメントについてはサニーサイドアップと契約している。代理人はCaroline Feith(沢野大地、池田久美子らの担当でもある)。投資に関する著書もある。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たBSフジ

    ミ・ラ・イIII〜小さな希望たちの讃歌(アンセム)〜(2012年9月、BSフジ) - レポーター(取材先:ミャンマー)為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た400メートルハードル

    2012年6月2日、ロンドンオリンピック出場の可否に関わらず、今季限りで引退する旨を述べた。同年6月8日、大阪市長居陸上競技場でおこなわれた日本選手権男子400メートル障害予選にて、2組で出場した為末はいきなり1台目のハードルを越えられず、右足を引っ掛けて転倒してしまう。完走するも組最下位に終わり、準決勝進出も絶たれたことで、現役引退を表明した。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た400メートル競走

    1993年 全日本中学校選手権100m・200mで優勝(11秒08・22秒00)。2冠を達成。国体少年B200mでは第2位(決勝21秒55、予選では21秒54の当時日本中学新)。ジュニアオリンピックではさらに日本中学記録(当時)を更新した(21秒36)。また、三種競技B(現在は廃止)で3354点(12m68(砲丸投)?6m90(走幅跳)?49秒07(400メートル競走))の日本中学記録保持者でもあり、400メートル競走の49秒07は実施競技は混成競技ではあったが、この年の中学最高記録でもある。1993年中学ランク1位であった種目は、100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A(10秒7?12m64?1m83)、三種競技Bの計6種目。110mH、走高跳でも1993年中学ランク100位以内を達成している。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た走幅跳

    1993年 全日本中学校選手権100m・200mで優勝(11秒08・22秒00)。2冠を達成。国体少年B200mでは第2位(決勝21秒55、予選では21秒54の当時日本中学新)。ジュニアオリンピックではさらに日本中学記録(当時)を更新した(21秒36)。また、三種競技B(現在は廃止)で3354点(12m68(砲丸投)?6m90(走幅跳)?49秒07(400メートル競走))の日本中学記録保持者でもあり、400メートル競走の49秒07は実施競技は混成競技ではあったが、この年の中学最高記録でもある。1993年中学ランク1位であった種目は、100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A(10秒7?12m64?1m83)、三種競技Bの計6種目。110mH、走高跳でも1993年中学ランク100位以内を達成している。為末大 フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「為末大」のニューストピックワード