84件中 41 - 50件表示
  • 為末大

    為末大から見た1600メートルリレー走

    1996年 インターハイで400mの日本ジュニア新記録(当時)(46秒27)を樹立して優勝。日本ジュニアでも400m優勝。世界ジュニア選手権代表に選出され400mと、4x400mR(1600mリレー走)に出場。400mでジュニア日本新記録(当時)(46秒03)を樹立して4位に入る、マイルでも2走をつとめ3分06秒01のジュニアアジア新記録で準優勝。10月に行われた地元の広島国体で400mと400mHでいずれも当時の日本高校新記録・日本ジュニア新記録をマークして優勝。400メートルハードルの49秒09は日本高校記録・ジュニア記録・当時の世界ジュニア歴代5位であった。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た400メートル競走

    1993年 全日本中学校選手権100m・200mで優勝(11秒08・22秒00)。2冠を達成。国体少年B200mでは第2位(決勝21秒55、予選では21秒54の当時日本中学新)。ジュニアオリンピックではさらに日本中学記録(当時)を更新した(21秒36)。また、三種競技B(現在は廃止)で3354点(12m68(砲丸投)?6m90(走幅跳)?49秒07(400メートル競走))の日本中学記録保持者でもあり、400メートル競走の49秒07は実施競技は混成競技ではあったが、この年の中学最高記録でもある。1993年中学ランク1位であった種目は、100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A(10秒7?12m64?1m83)、三種競技Bの計6種目。110mH、走高跳でも1993年中学ランク100位以内を達成している。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た三種競技A

    1993年 全日本中学校選手権100m・200mで優勝(11秒08・22秒00)。2冠を達成。国体少年B200mでは第2位(決勝21秒55、予選では21秒54の当時日本中学新)。ジュニアオリンピックではさらに日本中学記録(当時)を更新した(21秒36)。また、三種競技B(現在は廃止)で3354点(12m68(砲丸投)?6m90(走幅跳)?49秒07(400メートル競走))の日本中学記録保持者でもあり、400メートル競走の49秒07は実施競技は混成競技ではあったが、この年の中学最高記録でもある。1993年中学ランク1位であった種目は、100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A(10秒7?12m64?1m83)、三種競技Bの計6種目。110mH、走高跳でも1993年中学ランク100位以内を達成している。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た砲丸投

    1993年 全日本中学校選手権100m・200mで優勝(11秒08・22秒00)。2冠を達成。国体少年B200mでは第2位(決勝21秒55、予選では21秒54の当時日本中学新)。ジュニアオリンピックではさらに日本中学記録(当時)を更新した(21秒36)。また、三種競技B(現在は廃止)で3354点(12m68(砲丸投)?6m90(走幅跳)?49秒07(400メートル競走))の日本中学記録保持者でもあり、400メートル競走の49秒07は実施競技は混成競技ではあったが、この年の中学最高記録でもある。1993年中学ランク1位であった種目は、100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A(10秒7?12m64?1m83)、三種競技Bの計6種目。110mH、走高跳でも1993年中学ランク100位以内を達成している。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た走幅跳

    1993年 全日本中学校選手権100m・200mで優勝(11秒08・22秒00)。2冠を達成。国体少年B200mでは第2位(決勝21秒55、予選では21秒54の当時日本中学新)。ジュニアオリンピックではさらに日本中学記録(当時)を更新した(21秒36)。また、三種競技B(現在は廃止)で3354点(12m68(砲丸投)?6m90(走幅跳)?49秒07(400メートル競走))の日本中学記録保持者でもあり、400メートル競走の49秒07は実施競技は混成競技ではあったが、この年の中学最高記録でもある。1993年中学ランク1位であった種目は、100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A(10秒7?12m64?1m83)、三種競技Bの計6種目。110mH、走高跳でも1993年中学ランク100位以内を達成している。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た三種競技B

    1993年 全日本中学校選手権100m・200mで優勝(11秒08・22秒00)。2冠を達成。国体少年B200mでは第2位(決勝21秒55、予選では21秒54の当時日本中学新)。ジュニアオリンピックではさらに日本中学記録(当時)を更新した(21秒36)。また、三種競技B(現在は廃止)で3354点(12m68(砲丸投)?6m90(走幅跳)?49秒07(400メートル競走))の日本中学記録保持者でもあり、400メートル競走の49秒07は実施競技は混成競技ではあったが、この年の中学最高記録でもある。1993年中学ランク1位であった種目は、100m、200m、400m、走幅跳、三種競技A(10秒7?12m64?1m83)、三種競技Bの計6種目。110mH、走高跳でも1993年中学ランク100位以内を達成している。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たスポーツ

    為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の男子元陸上競技選手。400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中。株式会社R.project取締役。株式会社侍 代表取締役。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た広島市立五日市中学校

    広島市立五日市中学校から広島県立広島皆実高等学校を経て法政大学経済学部卒。父方の祖母が被爆しており、為末自身は被爆3世にあたる。この祖母の弟、つまり大叔父が今西和男。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見たブータン

    2015年4月、ブータン五輪委員会(BOC)のスポーツ親善大使に就任。五輪メダル獲得経験のない同国への支援を考えたと説明した。為末大 フレッシュアイペディアより)

  • 為末大

    為末大から見た世界陸上競技選手権大会

    2001年世界陸上エドモントン大会・2005年世界陸上ヘルシンキ大会の男子400mハードルにおいて、世界陸上選手権の2大会で銅メダルを獲得。又オリンピックには、2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場した。身長170cm、体重66kg。為末大 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「為末大」のニューストピックワード