前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示
  • 恒心

    恒心から見た無党派層無党派

    2001年(平成13年)以降の小泉内閣および民主党政権では、特殊法人の廃止と民営化の議論が開始された。相次ぐ、選挙結果を無視する国会議員独自の政界再編と政治家のスキャンダルもあり国民の政治不信を呼んだ。そのため、特定の支持政党を持たない無党派層が既存政党への支持者を大きく上回っている。2003年(平成15年)12月1日から法改正されて期日前投票が開始されて、2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙から公職選挙法が改正されて、民主党が先駆けてマニフェスト選挙を行った。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では自民党に対する逆風から民主党へ無党派の浮動票が流れて、民主党は安定過半数の300議席を持つ第1党となった。自由民主党は110議席代となり初めて衆議院の第1党から転落した。創価学会からの組織票がある公明党を除く中小政党は後退傾向となり、2大政党化が進行した。特定の支持政党を持たない無党派層が政権を左右する風潮が2000年代以降顕著になり、政治家や政党のポピュリズム(大衆主義)やマスコミによる世論調査が盛んになり、与野党攻防の劇場化現象や政治家の発言のワンフレーズ化と言われる風潮が生まれた。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤忠治

    伊藤忠治から見た無党派層無党派

    1993年(平成5年)7月18日の日本社会党が大敗した選挙では、津市内にあるNTT三重体育館の婦人バレーボール大会(NTT主催)に出席して、「日本政治のベルリンの壁が壊れた。今、政治が変わらなければ世界の笑いものになる」と主婦たち約300人に訴えた。落選の危機感から政治改革派の議員としてアピールする作戦にして、衆議院選挙のキャッチフレーズを「改革する男」とした。自身の日本社会党労組は稼動せず無党派層の支持票が岡田克也に票を奪われ、88317票の6位で落選をした。伊藤忠治 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年東京都知事選挙

    2007年東京都知事選挙から見た無党派層無党派

    結果は、3選を目指す石原が支援を受けた自民党・公明党の基礎票をまとめ上げた他、無党派層の票も手堅く獲得し当選を果たした。一方、前宮城県知事の浅野は県知事を務めあげた手腕を強調し、都政転換を目指したが、石原の前では一歩及ばなかった。注目された建築家の黒川は石原・浅野の知事経験者の前で都民の大きな支持を得られず得票数4位で供託金没収となった。共産党推薦の吉田は石原・浅野の論戦に加われず3位止まりであった。2007年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年東京都知事選挙

    2014年東京都知事選挙から見た無党派無党派

    しかし、出馬会見の2度に渡る延期や共同会見の中止によって他候補から苦言を呈され、『脱原発』以外の政策に具体性が欠けるなど選挙に対する準備不足が否めなかった。争点としたかった原発・エネルギー政策についても、そもそも都知事選で原発政策を問うのが適切なのかといった疑問に加え、舛添が中長期の原発依存脱却を主張し実質的な『脱原発』を主張、対立軸が明確にならず争点とすることが出来なかった。また、宇都宮を始めとした『脱原発』を掲げる候補が他にもおり脱原発派の票が分散。民主党などの政党の支援も受けたが、同党の支持層や浮動票獲得を狙った無党派層などの票を獲得しきれず得票数3位止まりとなった。2014年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た無党派無党派

    小泉政権の手法については、マスコミ報道を利用した「劇場型政治」や「ワンフレーズポリティクス」などと評され、従来の自民党支持層とは異なる都市部無党派層・政治に関心がない層からも幅広い支持を集めた。小泉旋風は具体的な政策論議よりも小泉自身のキャラクターや話題性に依存する面が大きく、敵対勢力からはポピュリズム政治であるとの評価がしばしばなされる。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た無党派層無党派

    2001年(平成13年)以降の小泉内閣および民主党政権では、特殊法人の廃止と民営化の議論が開始された。相次ぐ、選挙結果を無視する国会議員独自の政界再編と政治家のスキャンダルもあり国民の政治不信を呼んだ。そのため、特定の支持政党を持たない無党派層が既存政党への支持者を大きく上回っている。2003年(平成15年)12月1日から法改正されて期日前投票が開始されて、2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙から公職選挙法が改正されて、民主党が先駆けてマニフェスト選挙を行った。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では自民党に対する逆風から民主党へ無党派の浮動票が流れて、民主党は安定過半数の300議席を持つ第1党となった。自由民主党は110議席代となり初めて衆議院の第1党から転落した。創価学会からの組織票がある公明党を除く中小政党は後退傾向となり、2大政党化が進行した。特定の支持政党を持たない無党派層が政権を左右する風潮が2000年代以降顕著になり、政治家や政党のポピュリズム(大衆主義)やマスコミによる世論調査が盛んになり、与野党攻防の劇場化現象や政治家の発言のワンフレーズ化と言われる風潮が生まれた。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た無党派無党派

    1980年1月、社会党と公明党が日本共産党排除を前提とした政権構想に合意した結果(社公合意)、社会党との連立を前提にしていた民主連合政府構想は実現性が遠のいた。このため1981年、平和・民主主義・革新統一をすすめる全国懇話会(全国革新懇)を結成し、「軍事費を削って福祉にまわせ」「非核の一点で結集を」などと呼びかけ、政党の組み合わせによる「革新共闘」模索ではなく、「思想、信条、支持政党、の違いを超えた国民多数の革新的な運動の結集」により、無党派との共同による新たな革新戦線を全国的に追求するとした。しかしこれは、社会党と共産党との間で揺れ動く革新浮動層を共産党に取り込むための方便と見る見解もあり、亀田得治(元参議院議員)、成瀬昇(元愛知県評議長)、西岡瑠璃子(元参議院議員・歌人)、栗原透(元社会党高知県委員長・高知県議)、矢山有作(元衆議院議員)ら元社会党員も多数参加しているにもかかわらず、具体的な選挙共闘としては愛知県・高知県などを除き余り大きな成果は得られていない。革新懇は全国組織の「全国革新懇」、都道府県や市区町村、学区などの単位で結成されている「地域革新懇」、職場ごとの「職場革新懇」など、様々な単位で結成され、活動しているが、実態は党が名前を変えただけの組織である場合が多く、幅広い結集となっているとは言い難い。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本

    1995年の日本から見た無党派無党派

    無党派」、「NOMO」(野茂英雄)、「がんばろうKOBE」が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した(その他の受賞語は後節「」も参照)。1995年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 東国原英夫

    東国原英夫から見た無党派層無党派

    東国原は、選挙活動において、タレント候補にありがちなタレントの選挙応援を一切受けないことで、「脱タレント」を印象付ける選挙活動を展開した。遊説や立会演説では宮崎弁を使い、早稲田大学出身をアピールし、選挙活動最終日にはマラソンをしながら活動した。宮崎再建・宮崎自立のための具体策を打ち出したそのまんまマニフェストや無所属であることの「しがらみのなさ」を強調しての県政批判などは、政治に無関心な無党派層の関心を呼び起こしただけではなく、現状に不満を持つ政党支持層へも支持を拡大していくこととなった。東国原英夫 フレッシュアイペディアより)

  • SBCニュースウィークリー

    SBCニュースウィークリーから見た無党派無党派

    放送開始当初は視聴率で苦戦が続いていた。ところが、2000年10月の長野県知事選挙にて、下馬評では県職員出身の当時副知事が圧倒的有利とされ、無風で終わるかと思われた選挙で、当時少数ながら県内の著名な経済人・文化人などが作家であり、テレビ・ラジオのコメンテーターなども務めて認知度の高い田中康夫を擁立したことで選挙戦の構図を一変させ、当時ほとんどのマスメディアが中央で活躍する無党派・改革派の田中 VS 戦後長期に渡り役人が県庁を支配し、また県議会との馴れ合い体質の色濃い守旧派候補の一騎打ちの論調での取り上げ方をしたことで、急激に県民の県政への関心が高まった。その後は田中が当選したこともあり、田中の言動や守旧派のレッテルの貼られた県議会とのやり取りなどに注目が集まり、それらと比例して番組の視聴率も安定してきた。SBCニュースウィークリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示

「無党派層」のニューストピックワード