前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 伊藤忠治

    伊藤忠治から見た無党派層無党派

    1993年(平成5年)7月18日の日本社会党が大敗した選挙では、津市内にあるNTT三重体育館の婦人バレーボール大会(NTT主催)に出席して、「日本政治のベルリンの壁が壊れた。今、政治が変わらなければ世界の笑いものになる」と主婦たち約300人に訴えた。落選の危機感から政治改革派の議員としてアピールする作戦にして、衆議院選挙のキャッチフレーズを「改革する男」とした。自身の日本社会党労組は稼動せず無党派層の支持票が岡田克也に票を奪われて、88317票の6位で落選をした。伊藤忠治 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た無党派層無党派

    2001年(平成13年)以降の小泉内閣及び民主党政権では、特殊法人の廃止と民営化の議論が開始された。相次ぐ、選挙結果を無視する国会議員独自の政界再編と政治家のスキャンダルもあり国民の政治不信を呼んだ。そのため、特定の支持政党を持たない無党派層が既存政党への支持者を大きく上回っている。2003年(平成15年)12月1日から法改正されて期日前投票が開始されて、2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙から公職選挙法が改正されて、民主党が先駆けてマニフェスト選挙を行った。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では自民党に対する逆風から民主党へ無党派の浮動票が流れて、民主党は安定過半数の300議席を持つ第1党となった。自由民主党は110議席代となり初めて衆議院の第1党から転落した。創価学会からの組織票がある公明党を除く中小政党は後退傾向となり、2大政党化が進行した。特定の支持政党を持たない無党派層が政権を左右する風潮が2000年代以降顕著になり、政治家や政党のポピュリズム(大衆主義)やマスコミによる世論調査が盛んになり、与野党攻防の劇場化現象や政治家の発言のワンフレーズ化と言われる風潮が生まれた。平成 フレッシュアイペディアより)

  • ノンポリ

    ノンポリから見た無党派無党派

    ノンポリは、英語の「nonpolitical」の略で、政治運動に関心が無いこと、あるいは関心が無い人。元は1960-70年代の日本の学生運動に参加しなかった学生を指す用語で、政治にまったく興味を持たなかった人だけではなく、政治問題に関心はあるものの次第にセクト化・過激化していった学生運動を嫌い特定の党派に属することを拒否した人々(ノンセクト・ラジカル)なども含まれていた。無党派の中の消極的無党派をノンポリと呼ぶことがある。ノンポリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年愛知県知事選挙

    2007年愛知県知事選挙から見た無党派層無党派

    また、1月28日の中日新聞の世論調査では、神田:石田が、男性では4:4の割合で拮抗していたのに対して、女性は5:2の割合で神田がリードしていたが、中日新聞の出口調査では52:41と石田が追い上げていたことが分かった。特に、無党派層では38:55と石田が逆転していた。このことから、柳澤発言の影響があったと考えられる。2007年愛知県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年福岡市長選挙

    2010年福岡市長選挙から見た無党派層無党派

    高島は「アサデス。」などのKBCの番組に出演していたことによる知名度に加え、36歳の若さと行政経験のないことを前面に出し「発信力」「アジアナンバーワン都市」など単純な言葉を多用して演説を行ったことで、清新さ、しがらみのなさを印象付け、自民・公明党支持者だけでなく無党派層をも多く取り込んでの当選につながった。また、撤退を表明した植木に対する票の一部が高島に流れたとの見方もある2010年福岡市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ノンセクト・ラジカル

    ノンセクト・ラジカルから見た無党派無党派

    「ノンセクト」は「(既存の)セクト(sect; 党派)に属していない、無党派」の意。「ラジカル」(radical) は「急進的」の意。(本来の意味は、ラディッシュと同語源の「根」から派生する「根底的・根源的」)ノンセクト・ラジカル フレッシュアイペディアより)

  • 2002年横浜市長選挙

    2002年横浜市長選挙から見た無党派層無党派

    1990年から3期12年市長の座にあり、自民党、民主党(但し県連レベルであり党本部は中立)、公明党、社民党、保守党のオール与党からの推薦、さらに連合の支援を受けた組織選挙を展開した高秀に対して、改革派のイメージと若さを売りに、一度出馬を表明しながら辞退した26歳の竹田恒泰、更に自民党総裁だが郵政民営化論者の党派を超えた同志小泉純一郎(当時)や民主党の一部からも非公式の支持を受け、無党派層を取り込んだ中田が勝利した選挙である。この当選により中田は政令指定都市ではもっとも若い市長(当選当時37歳)となった。なお中田は高秀が初当選した1990年横浜市長選挙の時点で25歳と被選挙権を有していたが不出馬、高秀陣営の選挙ボランティアをつとめている。2002年横浜市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年札幌市長選挙

    2003年札幌市長選挙から見た無党派無党派

    札幌市長の任期4年が満了したことに伴って行われた選挙である。札幌市長選挙は1983年の選挙で日本社会党(以下、社会党)が候補者擁立を見送って以降、日本共産党(以下、共産党)を除く与野党相乗り体制が続いてきた。しかし、今回は現職の桂信雄市長が不出馬を表明した上、後継候補指名を行わなかったため、これまで相乗りを続けてきた自由民主党(以下、自民党)と民主党がそれぞれ独自候補を擁立、また「無党派」を標榜する候補者も相次いで立候補したため、過去最高の7名が立候補した。4月の選挙では票が分散し、法定得票を得た候補者がおらず、2ヶ月後の6月に再選挙が行われ、4月の選挙において最多得票を得た上田文雄が当選を果たした。2003年札幌市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年札幌市長選挙

    2011年札幌市長選挙から見た無党派層無党派

    当選した上田候補は財政再建やゴミ減量化など2期8年の実績を訴え、公約の第1に保育所や特別養護老人ホーム増設など「福祉型社会の実現」を訴え、幅広い支持を集めることに成功した。出口調査でみた場合、上田候補は推薦を受けた民主党や社民党の支持層の8割近くから支持を集め、自主投票となった共産党支持層から7割、無党派層からも6割近くの支持を集めた。一方、破れた本間候補は前回自民党推薦候補を支援した公明党や経済界が自主投票を決めたこと、震災による自粛ムードの中、街頭活動を控えたため知名度不足を挽回できなかったことが敗因となった。2011年札幌市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 市民活動

    市民活動から見た無党派無党派

    しかし、市民活動自体、完全に無党派中立的な公共的活動ということはできない。誰がどこでどういう手順で、活動する人たちに自分たちの代表として「市民活動」を名乗ることを供託したのか、またその共益が配分されるのは市民全体の利害が絡んでいるのか、それとも一部の市民なのかといった点(手続きの正当性、代表性、公益性)を検討していくと市民活動という名目の背後には、特定の商業的・政治的利益関心を持った多様な集団の存在が見出されるケースもある。市民活動全般に画一的な評価を当てる事は不可能であり、それぞれの活動に対し、目的(真意)、背景、個々の活動に基づく評価が必要とされる。市民活動 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「無党派層」のニューストピックワード