81件中 11 - 20件表示
  • 三バン

    三バンから見た無党派層無党派

    タレント候補の場合は、地盤は希薄である場合もあるが、知名度と資金力、特に知名度が高いため、組織型選挙では難しいとされる無党派層の獲得を中心とした“都市型選挙”に強い傾向がある。この場合は必ずしも三バンを必要としない。三バン フレッシュアイペディアより)

  • 多田羅譲治

    多田羅譲治から見た無党派無党派

    1998年 旧民主党の改変に伴う混乱で中央政界との関係が疎遠になったため、民主党香川を離れ無党派の勝手連組織「チヂダス」(知事を出す、の意)を結成。これを運動母体に、脱談合、反天下りと県政の透明化を掲げて香川県知事選挙に立候補したが、オール与党推薦の元キャリア官僚で、高校?大学の先輩に当る真鍋武紀との、無所属・新人同士の闘いに大敗。多田羅譲治 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年大阪府知事選挙

    2008年大阪府知事選挙から見た無党派層無党派

    無党派層は、51%が橋下に、31%が熊谷に投票した。2008年大阪府知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年大阪府知事選挙

    2004年大阪府知事選挙から見た無党派無党派

    太田知事は、前年9月に立候補表明をした際、「政党からの推薦を求めない」と宣言し、無党派層からの支持の取り込みを図った。しかし元阪神タイガースの選手で民主党参議院議員の江本が、太田府政に批判的な自民党や民主党の若手地方議員の後押しを受けて11月に名乗りを上げたことで方針を転換、自民党や民主党など共産党以外の政党推薦を取り付け、各種団体を回るなど各党相乗りの組織選挙を展開した。一方、民主党を離党して知事選に挑んだ江本は、太田に批判的な府議や大阪市議など地方議員の支援を受けつつ、過去2回の府知事選で横山ノックを当選させる原動力となった無党派層を意識した選挙戦を展開した。そして共産党推薦の梅田は、焦点となっていた自衛隊のイラク派遣問題など平和について訴え、太田・江本との違いを際だたせる選挙戦を行った。2004年大阪府知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉都民

    埼玉都民から見た無党派層無党派

    埼玉県内の鉄道路線は、東京方面へ直接行く路線網(京浜東北線、埼京線、宇都宮線、高崎線、武蔵野線、東武伊勢崎線、東武日光線、東武東上線、西武池袋線、西武新宿線、つくばエクスプレス、埼玉高速鉄道など)が非常に発達し、県内の東西交通よりも南北交通が至便となった。高度経済成長期以降、このような南北間鉄道交通網整備を背景として、埼玉県では南部を中心に宅地化が急速に進行し、「住居は埼玉県にあっても東京都区内に通勤・通学する」というライフスタイルを持つ新住民が急増した。彼らの多くは新規に流入した住民であること、東京に通勤・通学する者が多いことから、一般に居住地域の政治や郷土意識に対する意識は低い傾向にあるといわれ、無党派層が多い。埼玉都民 フレッシュアイペディアより)

  • The Ballot or the Bullet

    The Ballot or the Bulletから見た無党派層無党派

    マルコムは、アフリカ系アメリカ人は「政治的に敏感に」なってきており、統合と中立を通じて、来る選挙では、無党派層の投票者(:en:swing vote)となり得ると認識しており、彼らの関心に注意深い立候補者は:The Ballot or the Bullet フレッシュアイペディアより)

  • みどりのテーブル

    みどりのテーブルから見た無党派無党派

    前身であるみどりの会議が、2004年の参議院議員選挙の結果、所属国会議員が皆無となったため、2004年7月22日の党大会で政治団体としての解散を決定し、新たな出発について話し合う場としてみどりのテーブルを設け、コーディネートを参議院議員選挙候補者であった小林一朗に委任した。小林らは、参議院議員選挙の若手候補者を中心とした暫定運営委員会を立ち上げ、参議院議員選挙を勝手連的に支えた、全国各地域の無党派・市民派の市民、地方議員、ローカルパーティーなどと協力しながら、再始動に向けた準備を進めた。みどりのテーブル フレッシュアイペディアより)

  • 奈良府民

    奈良府民から見た無党派無党派

    無党派が多く、そのため奈良府民が多い奈良盆地の自治体(奈良市、生駒市など)が関係する選挙の予想はつきにくく、テレビや新聞が予想していた結果とは正反対になる事が多くある(その代表例として、2006年度生駒市長選挙がある)。この奈良盆地を通る近畿日本鉄道(奈良線と大阪線、京都線、橿原線など)と西日本旅客鉄道(関西本線(大和路線)と奈良線など)にとって、この奈良府民の通勤通学者は大きな収入源であるとともに、朝ラッシュ時などかなりの混雑となっている。奈良府民 フレッシュアイペディアより)

  • 混合経済

    混合経済から見た無党派無党派

    江田三郎 - 日本社会党委員長代行に就任、西側世界と東側世界のいいとこどりとも言える江田ビジョンを発表。有権者(特に無党派層)から熱狂的に支持されるも、当時、同党で多数を占めていた左派から疎まれ委員長就任も同党基本政策転換も適わず離党。後に社会市民連合(後の社会民主連合)を創設。混合経済 フレッシュアイペディアより)

  • 川田悦子

    川田悦子から見た無党派無党派

    もともと日本共産党に近い団体である日本民主青年同盟(民青同盟)、新日本婦人の会(新婦人)などに属しており、先に民主党から出馬した家西悟については「出馬するのは勝手だが、自身の当選のために裁判を利用するのはやめてもらいたい」と不快感を表明していた。自身の選挙出馬に際しては、共産党に既に擁立を決めていた公認候補を下ろして自身を推薦候補とするよう要請していた(ただし川田は共産党の側から推薦を申し込まれたと主張)。しかし支援者の1人である中村敦夫が共産党との共闘に反対したため、無党派候補であることを強調するために共産党の推薦要請を撤回し、むしろ中村との関係を全面に押し出すようになった。選挙当時、共産党は「共通の政策で共闘する」「共産党を敵視しない」などの確認事項を発表し、独自に「応援」するという形を取った。川田悦子 フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「無党派層」のニューストピックワード