81件中 21 - 30件表示
  • 神の国解散

    神の国解散から見た無党派層無党派

    6月20日 森が選挙演説で「無党派層は寝ていてくれればいい」と発言し、問題視される。神の国解散 フレッシュアイペディアより)

  • 追加公認

    追加公認から見た無党派無党派

    投票する有権者はその候補者の出自を承知していることが多く、党派入りを公約違反と責めることはあまりなかった。もっとも、自民党公認と保守系無所属が最後の1議席を争うような展開では、自民党公認ではないことから逆に野党支持者・無党派の票を取り込み、当選した事例もある。この場合の追加公認は、当然そうした有権者の反感を買うことになるが、相対的にその影響は小さかった。また、実際に党派入りしないことを公約していた候補でも、うやむやにされたケースが多い。追加公認 フレッシュアイペディアより)

  • 反創価学会キャンペーン

    反創価学会キャンペーンから見た無党派層無党派

    1994年12月、新進党の誕生とともに公明党は新進党に合流。新進党の一派閥になった。自社さ政権は、阪神淡路大震災やオウム事件での対応の遅れからマスコミからの批判を招き、また自社が手を結んだことによる批判、政治不信が増大、1995年の4月に行われた東京と大阪の知事選挙では無党派層の風が吹き東京では青島幸男が大阪でも横山ノックが既成政党の支援候補を破って当選したことに与党は大きなショックを受けた。また7月の1995年の参議院議員選挙でも票が伸びず当選人数では新進党に遅れをとり敗北する。危機感を持った自民党は新進党と創価学会にターゲットを絞った「シリーズ新進党=創価学会ウオッチング」を機関紙自由新報に掲載。反創価学会キャンペーンを展開する自由新報で取り上げられた主な内容としては反創価学会キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 大衆政党

    大衆政党から見た無党派層無党派

    大衆政党においては所属する議員だけでなく、個々の党員からなる党組織が力を有することになる。このため、党組織の決定に議員が従う党議拘束が要請される。このことから主権在民(広義の国民主権)との関係では、人民主権(プープル主権)に近づく。ただ実際の意思決定においては必ずしもボトムアップ的な状況ではなく、中央集権的な党の本部(事務局、書記局などと呼ばれる場合もある)がトップダウンで党の方針を決める場合が多々みられ一般党員が党本部の決定に従うことにもなる。これを本来あるべき民主主義の組織論ではなく一種の寡頭制だとして批判したのがロベルト・ミヒェルスが指摘した寡頭制の鉄則論である。無党派層の有権者に多くみられる政党への不信はこうした点を根拠としている。大衆政党 フレッシュアイペディアより)

  • 幹部政党

    幹部政党から見た無党派層無党派

    だが、その後20世紀の中盤にマスメディアが発達すると、政治家の意志を政党を媒介せずとも個々の有権者に届けることが可能となった。また、大衆政党の中央集権的な組織や党議拘束の強さを嫌悪する層(主に無党派層)も登場し、個々の議員・政治家の「顔」がみえるスタイルの政治が再び求められるようになった。幹部政党 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年北海道知事選挙

    2003年北海道知事選挙から見た無党派無党派

    選挙戦は全9候補者中、政党推薦の高橋・鉢呂両候補に無党派候補を標榜する磯田・伊東・酒井の3候補が絡む構図が強くなり、激しいつばぜり合いとなった。有力候補者の乱立により当初、最多得票が有効投票の4分の1に届かずに再選挙の可能性もささやかれたが、混戦を抜け出した高橋が当選に必要な有効投票の4分の1を約10万票上回って初当選を果たした。投票率は前回を2%弱下回り、過去2番目の低さとなった。2003年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年北海道知事選挙

    1999年北海道知事選挙から見た無党派無党派

    北海道知事の任期4年が満了したことに伴って実施された選挙である。北海道知事は1947年の第1回知事選挙以来、一貫して統一地方選挙の日程で実施されている。北海道では旧社会党とその流れを受け継ぐ民主党が強い勢力を誇っており、第1回知事選挙以来、常に与野党による一騎打ちの選挙戦となっていた。しかし、この時は前回、社会党や新進党の推薦で初当選した現職の堀達也候補を自民・公明・民主など共産党を除いた与野党が推薦したことで、道知事選で初めて与野党相乗りの構図が出現した。そこに無党派を標榜する元衆議院議員で前回知事選に出馬した伊東秀子と、共産党が推薦する佐藤誠一が挑む選挙戦となった。1999年北海道知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年大阪市長選挙

    2011年大阪市長選挙から見た無党派無党派

    ジャーナリストの鳥越俊太郎は毎日新聞に寄せたコラムの中で、今回の市長選を「かつて小泉純一郎首相がおこなった小泉選挙の大阪版」とし、シングルイシューを掲げ抵抗勢力という敵をつくって大声で叫ぶ、そして無党派層があおられた、とした。また、「有権者の熱狂はロクな結果を生まない。それは太平洋戦争の末路が私たちに教えてくれる最大の教訓」で、今回の市長選も郵政選挙のときと同じくメディアのあり方が大きく関わっており、独裁者をアピールする橋下のほうがテレビ向きだった、とした。2011年大阪市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街を占拠せよ

    ウォール街を占拠せよから見た無党派無党派

    参加者は様々な政治的主張を持っており、その中にはリベラル, 無党派層, アナーキスト, 社会主義者, リバタリアン, 保守派,や環境保護活動家が含まれている。ウォール街を占拠せよ フレッシュアイペディアより)

  • 神の国発言

    神の国発言から見た無党派無党派

    2000年4月5日に就任した森首相は、この発言などから急速に内閣支持率を落とした。その後、6月2日に森首相は衆議院を解散。6月25日の投票日までの間、この発言や「無党派層は寝ていてくれればいい」という発言、さらに五人組による総理・総裁選出の経緯など、森の首相としての資質が盛んに論じられたため、当該解散を神の国解散と呼ぶことが定着した。ただし、これらの発言、経緯にも森は反論を実施していることを付記しておく。神の国発言 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「無党派層」のニューストピックワード