81件中 31 - 40件表示
  • 選挙方法

    選挙方法から見た無党派無党派

    第42回衆議院議員総選挙に際して2000年6月20日に森喜朗首相が、選挙演説で「無党派層は寝ていてくれればいい」と発言した。棄権票が多いと与党に有利な選挙になる事を知っていたためだと考えられる。選挙方法 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県第4区

    神奈川県第4区から見た無党派層無党派

    一定の政党や人物が特に強さを持っているわけではない無党派層の多い地域で選出議員や出馬候補の顔ぶれも変遷が激しい。1996年の第41回衆議院議員総選挙では候補乱立の中で自由民主党の飯島忠義が初当選を果たしたが、2000年の第42回衆議院議員総選挙では民主党の大石尚子が飯島に比例復活を許さず当選。2003年の第43回衆議院議員総選挙も大石が制したが2005年の第44回衆議院議員総選挙では逆に小泉旋風の中で自民党の新人林潤が大石に比例復活を許さず当選した。神奈川県第4区 フレッシュアイペディアより)

  • 屋山太郎

    屋山太郎から見た無党派層無党派

    首相の靖国神社の参拝も積極的に主張している。郵政民営化に関しては強硬な推進論者で、仮に法案が否決された際は衆議院解散し国民の信を問うべきだと一貫して小泉政権支持を主張し続けると共に、自民党が郵政を大義に解散すれば必ず勝利すると断言していた。その根拠として、屋山は郵政民営化の議論が本格化してきた際の『報道2001』(フジテレビ)の世論調査を挙げ、同調査は首都圏限定で無党派層の動向が色濃く反映される点を指摘した。屋山太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年東京都知事選挙

    1995年東京都知事選挙から見た無党派無党派

    そこへ「世界都市博覧会中止・東京臨海副都心開発見直し」「破綻した2信組の救済反対」を掲げ、青島幸男が無党派を標榜して出馬。高い知名度を生かした選挙戦を展開した。1995年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年東京都知事選挙

    1995年東京都知事選挙から見た無党派層無党派

    オール与党相乗りで立候補し、前知事鈴木の後継として立候補していた石原の当選が有力視されていた中で、無党派を掲げていた青島が他の有力候補を退けて圧勝した。この統一地方選挙では、同様に元参議院議員で無党派を掲げる横山ノックも大阪府知事に当選し、投票率の向上もあって「無党派層」に注目が集まり、同年の流行語大賞にも「無党派」がノミネートされた。1995年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 呉智英

    呉智英から見た無党派無党派

    愛知県西枇杷島町(現・清須市)生まれ。東海高校を経て1971年に早稲田大学法学部を卒業。高校時代に日本教職員組合の教師から共産主義の教えを受け、学生運動では日本共産党にも既存の新左翼の組織にも所属せず、無党派の活動家として新左翼運動に参加。大衆迎合主義や日本共産党の党派性を批判した。早稲田大学の学費値上げなどを巡るストライキを防衛しようと、スト破りをしようとする運動部の学生と乱闘して逮捕、起訴。1969年に執行猶予つきの有罪判決を受けた。呉智英 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデン人民党 (フィンランド)

    スウェーデン人民党 (フィンランド)から見た無党派無党派

    スウェーデン語がフィンランドにおける公用語の片方(もう1つは当然のことながらフィンランド語)であることから、その保護と強化を主たる党是とする。党の支持者は、スウェーデン語が話される沿岸部の漁師や農民、環境保護に関心がある左派の中流知識人、リベラルな無党派層などである。スウェーデン人民党 (フィンランド) フレッシュアイペディアより)

  • 吉良州司

    吉良州司から見た無党派無党派

    2007年の第21回参議院議員通常選挙に際し、当初は社会民主党が候補を擁立し、その候補を民主党が推薦する方向で調整が進んでいた。これは、大分県は村山富市元首相の地盤であったためか社民党が比較的強く、1998年の第18回参議院議員通常選挙で民主、社民両党が共に独自候補を立てて共倒れした前例をふまえ、2001年の第19回参議院議員通常選挙からは社民、民主のいずれかが交互に候補を擁立し、候補を立てなかった政党が推薦をする選挙協力が行われてきたためである(19回は社民党候補が落選、20回は民主党候補が当選)。しかし、吉良は社民党が擁立した松本文六(病院長)を推薦せず、独自候補の擁立を表明し、矢野大和の無所属での擁立を決定する。矢野の擁立を強行した背景には、保守派を自認する吉良による、リベラル派である松本への不安があり、また大分県選挙区で自民党候補を破るには無党派層や保守層からも幅広く票を集められる候補を擁立する必要性を吉良が感じていたためでもあった。吉良州司 フレッシュアイペディアより)

  • フランコ・ゼフィレッリ

    フランコ・ゼフィレッリから見た無党派無党派

    仕立て屋の息子として生まれ、フィレンツェに住むイギリスの上流階級の人々のコミュニティで育つ。(イタリア人の少年とイギリスの婦人たちの交流を描いた「ムッソリーニとお茶を(Tea with Mussolini)」は彼の半自伝的映画である)。そのため英語が堪能であり、無党派だった彼は第二次世界大戦の際にはイギリス陸軍の通訳として働いた。フランコ・ゼフィレッリ フレッシュアイペディアより)

  • 北川正恭

    北川正恭から見た無党派無党派

    1995年(平成7年)、同じ三重県出身の岡田克也に推されて、議員辞職して三重県知事選挙に出馬した。自民党公認等候補を破って当選を果たして、2期務めた。当初は新進党が支援母体であり、2期目は事実上は自社公民4党による相乗りのオール与党体制だったが、公式には政党・団体の推薦・支持を得なかったため「無党派知事」といわれた。北川正恭 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「無党派層」のニューストピックワード