140件中 41 - 50件表示
  • 市川一朗

    市川一朗から見た無党派無党派

    1997年、宮城県知事選挙で現職の浅野史郎が政党の推薦を拒否する。前回の選挙では浅野は新生党、日本新党、新党さきがけの推薦を得ていた関係から新進党党首の小沢一郎と会見を持つものの両者の溝は埋まらず、会談は決裂した。小沢は自民党宮城県連会長の三塚博とも協議し、自民、新進、公明三党の推薦を得て、市川を浅野の対立候補として擁立するが、無党派にターゲットを絞った浅野の戦略が奏功し、市川は落選した。市川一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 地方主権の会

    地方主権の会から見た無党派無党派

    地方主権の会(ちほうしゅけんのかい)は2003年に結成された埼玉県議会の会派。2007年3月をもって解散となった。民主党議員と非自民党・非共産党の無党派議員が参加した。国会における政界再編の流れや新党結成の影響を受け離合集散した県議によって組織された会派である。結成に至るまでの流れとともに前身の会派についても本稿にて記す。地方主権の会 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良府民

    奈良府民から見た無党派無党派

    無党派が多く、そのため奈良府民が多い奈良盆地の自治体(奈良市、生駒市など)が関係する選挙の予想はつきにくく、テレビや新聞が予想していた結果とは正反対になる事が多くある。奈良府民 フレッシュアイペディアより)

  • The Ballot or the Bullet

    The Ballot or the Bulletから見た無党派層無党派

    マルコムは、アフリカ系アメリカ人は「政治的に敏感に」なってきており、統合と中立を通じて、来る選挙では、無党派層の投票者 () となり得ると認識しており、彼らの関心に注意深い立候補者は:The Ballot or the Bullet フレッシュアイペディアより)

  • ベトナムに平和を!市民連合

    ベトナムに平和を!市民連合から見た無党派無党派

    「反米」であるものの、既存政党とは一線を画した無党派の反戦運動であり、基本的に「来る者は拒まず・去る者は追わず」の自由意思による参加が原則で、その「いいかげん」とも評された程の自由な雰囲気により、労働組合や学生団体などの様々な左翼団体のみならず、右翼の玄洋社や学生、社会人、主婦など、職業や社会的地位、保革などの政治的主張を問わず、多くの参加者を呼び寄せる事になった。ベトナムに平和を!市民連合 フレッシュアイペディアより)

  • クニミツの政

    クニミツの政から見た無党派無党派

    汚職の噂が付きまとう政治家や利権まみれの官僚が好き勝手やっている。過去の市長選挙では珍しく正真正銘の無党派候補が当選している。クニミツの政 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年広島市長選挙

    2015年広島市長選挙から見た無党派無党派

    無所属で現職市長の松井一実が、小谷野薫ら3候補に大差をつけて再選を果たした。与野党相乗り選挙で盛り上がりに欠いたことも影響して投票率は42.78%となり、戦後4番目に低い数値となった。対抗候補と目された小谷野は組織選挙を展開する松井陣営を「暗黒選挙」と批判し、自身はインターネット選挙運動を呼びかけ、Twitter、Facebook等のSNSを利用した無党派層、若年層の掘り起こしを狙ったものの、投票した無党派層の支持率は松井の66.6%に対して26.4%に留まり、若年層は20代後半の支持率で拮抗したものの、20代前半、30代の支持率では松井に2倍以上の差をつけられた。2015年広島市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 川上義博

    川上義博から見た無党派無党派

    2013年の第23回参議院議員通常選挙では、選挙前に民主党を離党した議員(植松恵美子、川崎稔、平野達男、室井邦彦らがいる)を「『民主党では戦えない』と自己保身に走っただけ」と批判し、「民主党の復活・再生をこの手でなし遂げたい」と気勢を上げたが、民主党への逆風から選挙戦では「政党より個人」を掲げた。そのため、選挙戦で冷遇された民主党や支持母体の連合の反発を受け、無党派層の支持も取り込めなかったため、自民党新人の舞立昇治に敗北した。同年12月、民主党を離党した。川上義博 フレッシュアイペディアより)

  • 救援連絡センター

    救援連絡センターから見た無党派無党派

    財源は、主に救援を受けた個人やその家族を中心に、おおむね無党派からなる協力会員から月額1,000円の会費と、『救援』購読費、および一般からのカンパのみでまかなうのが原則となっており、新左翼や労働団体などからの寄付は受け付けない。このため、財源不足を補う目的で設立された弁護士や学者で構成する「救援連絡センター強化基金」から補助を受けている。救援連絡センター フレッシュアイペディアより)

  • 神の国発言

    神の国発言から見た無党派無党派

    2000年4月5日に就任した森首相は、この発言などから急速に内閣支持率を落とした。その後、6月2日に森首相は衆議院を解散。6月25日の投票日までの間、この発言や「無党派層は寝ていてくれればいい」という発言、さらに五人組による総理・総裁選出の経緯など、森の首相としての資質が盛んに論じられたため、当該解散を神の国解散と呼ぶことが定着した。ただし、これらの発言、経緯にも森は反論している。神の国発言 フレッシュアイペディアより)

140件中 41 - 50件表示

「無党派層」のニューストピックワード

  • 喜びと同時に大きなプレッシャーを感じながら臨んだ

  • キングスマン:ファースト・エージェント

  • キングスマン ファースト・エージェント