81件中 41 - 50件表示
  • 泡沫候補

    泡沫候補から見た無党派層無党派

    このような二重基準に反発し、他候補(特に現職や相乗りオール与党候補)への批判として、無党派層にも積極的に泡沫候補への投票を呼びかける動きもある。泡沫候補 フレッシュアイペディアより)

  • 自社さ連立政権

    自社さ連立政権から見た無党派無党派

    イデオロギーで長年対立関係にあった衆議院第1党自民党と衆議院第2党の社会党が連立を組んだため大連立に近い政権であった。また、別の見方をすれば、1993年の第40回衆議院議員総選挙で過半数を割った自民党と、歴史的大敗をした社会党が、敗者同士で手を結び、議席を伸ばした新党を押しのけて政権を奪った野合政権ともいえる。実際に自社さ政権の成立を境に、これら既存政党に愛想を尽かして無党派が爆発的に増え、無党派の支持を受けて東京都の青島幸男知事、大阪府の横山ノック知事が誕生することになったという指摘もある。自社さ連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 救援連絡センター

    救援連絡センターから見た無党派無党派

    財源は、主に救援を受けた個人やその家族を中心に、おおむね無党派からなる協力会員から月額1,000円の会費と、『救援』購読費、および一般からのカンパのみでまかなうのが原則となっており、新左翼や労働団体などからの寄付は受け付けない。このため、財源不足を補う目的で設立された弁護士や学者で構成する「救援連絡センター強化基金」から補助を受けている。救援連絡センター フレッシュアイペディアより)

  • 東海由紀子

    東海由紀子から見た無党派層無党派

    、ジョージ・ワシントン大学客員研究員、UPSジャパン(ユナイテッド・パーセル・サービス)政府渉外担当本部長、日本ゼネラル・エレクトリック(GE)渉外部部長を経て、2010年7月に行われた第22回参議院議員通常選挙へ東京都選挙区(改選数5)から自由民主党の2人目の候補として出馬したが、党の公認が遅れて、無党派層における得票率(共同通信出口調査)は3%にとどまり落選した。東海由紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党 (イギリス)

    自由民主党 (イギリス)から見た無党派層無党派

    基本的な方向性は二大政党の一角・労働党と通じるところが多く、支持層も重なる部分がある。ただし、労働党が労働組合などの組織化された強固な支持基盤を持っているのに対して、自民党は浮遊層や無党派層などの草の根的な支持層に支えられている。特に近年は二大政党に不満を持つ有権者からの支持を得て、得票を伸ばしてきた。自由民主党 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • 福田昭夫

    福田昭夫から見た無党派無党派

    2000年に今市市長を辞職し、栃木県知事選挙に出馬。この知事選は保守分裂選挙であり、また福田が政党の推薦・支持を得ていなかったため無党派ブームに乗る形で支持を拡大し、栃木県知事に当選。ダム事業の見直しを掲げ、栃木県鹿沼市の東大芦川ダム建設の中止(今はダム中止顕彰碑が建っている)、南摩ダム建設推進を決定。また行財政改革にも取り組み、2年連続で栃木県の財政の黒字化を図った。2004年の栃木県知事選に再選を目指して出馬したが、宇都宮市長を辞職して立候補した福田富一に敗れ、落選。福田昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • 天野建

    天野建から見た無党派無党派

    自民党山梨県連は知事選に際して分裂し、当時の4大政党(自民・社会・公明・民社)と金丸信が推薦する小沢澄夫元副知事に対し、天野は元知事の田邊圀男、自民党議員の堀内光雄の支持を受けるが政党の推薦・支持がないまま「権力批判」「草の根」の選挙戦術を展開し、小沢を5000票差で破り、初当選を遂げた。父の天野久も山梨県知事だったが、同一公選知事職の親子世襲が実現したのは天野親子だけ(ただし、空白期間が24年間存在する)。このあと誕生する「無党派知事」の魁と呼ばれた。2期目以降は日本共産党以外の全政党が推薦するオール与党知事だった。天野建 フレッシュアイペディアより)

  • 地方主権の会

    地方主権の会から見た無党派無党派

    地方主権の会(ちほうしゅけんのかい)は2003年に結成された埼玉県議会の会派。2007年3月をもって解散となった。民主党議員と非自民党・非共産党の無党派議員が参加した。国会における政界再編の流れや新党結成の影響を受け離合集散した県議によって組織された会派である。結成に至るまでの流れとともに前身の会派についても本稿にて記す。地方主権の会 フレッシュアイペディアより)

  • 国際赤色救援会

    国際赤色救援会から見た無党派無党派

    1932年10月、モスクワで世界大会開催。このとき組織状況が次のように報告された。資本主義諸国での個人会員129万人、団体会員202万人。ソビエト連邦支部の会員823万人。会員の42%は無党派ないし共産党以外の政党員。また、この年の時点で70か国に支部があり、42支部は非合法下におかれていた。日本赤色救援会も世界大会への代表派遣を準備していたが、熱海事件など関係者検挙のため果たせず、日本人としてはモスクワ在住の片山潜とシロタ(実名未詳)の2人が出席した。国際赤色救援会 フレッシュアイペディアより)

  • 小池晃

    小池晃から見た無党派無党派

    なお小池の立候補表明に際し、超党派の革新・無党派市民を中心に「小池晃さんを応援する市民勝手連Q」が立ち上げられた。これは同選挙区において、他に護憲派有力候補がいなかったことが背景にある(ただし、社会民主党は独自候補を擁立した)。小池晃 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「無党派層」のニューストピックワード