81件中 51 - 60件表示
  • 東京都第6区

    東京都第6区から見た無党派層無党派

    世田谷区のうち、南東部(東京都第5区に属す地域)を除いた、北部および西部が区域となる。23区内でも有数の住宅地であり、無党派層が多い。2008年9月に総務省が公表した数値によれば全国の小選挙区の中では千葉県第4区に次いで有権者が多い。東京都第6区 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県第4区

    千葉県第4区から見た無党派無党派

    千葉県第二の人口を擁する船橋市1市で構成される。船橋市は市域南部を中心として東京のベッドタウンとして開発が進み、「千葉都民」と呼ばれる無党派が多い地域といわれる。2008年9月2日時点の選挙人登録名簿によると、全国で最も有権者の多い小選挙区である。千葉県第4区 フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た無党派無党派

    1992年(平成4年)11月25日発足。代表にはマッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパン会長を務める経営コンサルタントの大前研一が就任し、いわゆる無党派と呼ばれる大都市圏サラリーマン層を中心とする会員が「生活者主権の国」を掲げ、道州制・規制緩和などの新自由主義的政策に賛同する国会議員を党派を超えて推薦・支持をした。議員格付け効果を導入し、議員立法を強制させることによる“平成維新”実現を目指した。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府第10区

    大阪府第10区から見た無党派層無党派

    高槻市、島本町ともに大阪市、京都市のベッドタウンとしての性格を有している。何れも1960年代から1980年代にかけての宅地開発に伴い、急激に人口が増加。2000年代以降も高槻駅、摂津富田駅周辺ではマンションの建設ラッシュが進み、若い世代の人口流入が増えている。このように人口流動が多いことから、無党派層が多く、その選挙時に無党派層の心をつかんだ候補が当選する傾向にある。よってこれまで、大阪府下では17区と同様にこの選挙区から連続して当選した者はいない。また、2000年以降の総選挙では府内の選挙区で最も高い投票率を記録している。大阪府第10区 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府第6区

    京都府第6区から見た無党派層無党派

    京都府の南部、南山城地方及び相楽郡地方がエリア。京都市や大阪市のベッドタウン化が進み、人口は現在も増加傾向。久世郡や宇治市西部などには大工場が多い一方、綴喜郡や相楽郡東部にはのどかな茶畑や森林が広がる。もともとは、宇治市・八幡市など都市部では社会党・共産党が一定の支持を集めるも、自民党が多くの地方議会で力を持つ保守地盤であった。1980年代後半以降急速に宅地が進み新住民の流入が相次いだため無党派層の増大と共に流動的な地域となった。現在は民主党の山井和則が四度の選挙区勝利で安定した支持を得ている。京都府第6区 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年東京都知事選挙

    2007年東京都知事選挙から見た無党派無党派

    一方で、同年7月に予定されていた第21回参議院議員通常選挙を前に自民党との対立姿勢を示したい民主党が独自の対立候補擁立を模索したが、都議会民主党は知事与党であり、菅直人擁立をめぐる党内の混乱を招いて失敗に終わった。最終的に民主党は菅のブレーンでもある五十嵐敬喜が擁立に大きく関与した浅野の支援を決定して、独自候補の擁立を断念した。また石原も自民党推薦を一度受諾したが、最終的に断った。しかし、石原は「支援はいくらでも受ける」と自民・公明に支援を要請し、浅野も民主・社民に支援を要請しつつ、共産に出馬辞退を迫った。この選挙を巡っては無党派層の拡大の前に政党色を隠し、事実上の支援に限定する構図となっている。黒川は、自身が出馬当日立ち上げた政党の公認候補として立候補し、吉田は共産党の推薦を受けた。2007年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 東国原英夫

    東国原英夫から見た無党派層無党派

    東国原は、選挙活動において、タレント候補にありがちなタレントの選挙応援を一切受けないことで、「脱タレント」を印象付ける選挙活動を展開した。遊説や立会演説では宮崎弁を使い、早稲田大学出身をアピールし、選挙活動最終日にはマラソンをしながら活動した。宮崎再建・宮崎自立のための具体策を打ち出したそのまんまマニフェストや無所属であることの「しがらみのなさ」を強調しての県政批判などは、政治に無関心な無党派層の関心を呼び起こしただけではなく、現状に不満を持つ政党支持層へも支持を拡大していくこととなった。東国原英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 東葛地域

    東葛地域から見た無党派無党派

    県庁所在地の千葉市よりも東京都寄りに位置しており、戦前から東京のベッドタウン化が進んだことから、千葉市の影響力が弱く、また住民は千葉都民と呼ばれ、千葉県への帰属意識が希薄で県政への関心も薄い。衆議院が中選挙区制だった時代には、この地域(千葉4区)は1票の価値が最も低い選挙区として知られていた。しかし長い間北東部・南部の整備・開発を重視する県から冷遇されてきたとの不満も根強く、2001年には無党派の堂本暁子知事を誕生させる原動力ともなった。県から自立し自己決定権を持つため、東葛地区6市または市川市を含む7市の合併によって政令指定都市移行を目指そうという意見もあり、行政レベルでの研究会設置の動きも出てきているが、東葛地区の主導権をめぐる各市の綱引きにより、具体的な話はあまり進んでいない(なお、浦安市は財政状況が良好であるため合併に参加しないという方針を明確にしている)。浦安市などの一部には東京都編入を目指す動きもある。この地域を走るJR常磐線は千葉支社ではなく東京支社に属する。ただし、これは千葉県に存在する動労千葉への対策が主目的であるとされる。東葛地域 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年山口県知事選挙

    2012年山口県知事選挙から見た無党派層無党派

    現職の二井から事実上の後継指名を受け、自民・公明両党の推薦を受け、組織型の選挙戦を展開した山本が4新人の争いを制した。一方、「脱原発」を前面に掲げ、既成政党に頼らない選挙戦を展開した飯田だったが、典型的な『保守王国』とされる山口で無党派層を中心に3割以上の票を集めたものの、及ばなかった。衆院議員を辞職し鞍替え出馬した高邑は、「脱政党政治」を掲げ、選挙戦を展開したが、県内の有権者への浸透が進まなかった。県民の健康と安心の維持を訴えた三輪は、知名度で他候補に差をつけられ得票数最下位となった。2012年山口県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府第9区

    大阪府第9区から見た無党派層無党派

    都市部・住宅地が多いとあって無党派層が多く、時々の情勢に左右されやすい。1996年の新進党ブーム、2000年の保守党退潮、2003年の民主党ブーム、2005年の郵政解散、2009年の政権交代ブーム、2012年の民主党退潮、自民党・維新の会ブームなど追い風が吹いた候補者が当選し向かい風が吹いた候補者が落選している。大阪府第9区 フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「無党派層」のニューストピックワード