81件中 61 - 70件表示
  • 風

    から見た無党派無党派

    空気全体の動きということで、全体的な雰囲気の方向のような意味で「風」という言葉が使われる例が多い。選挙において「無党派の風が吹いた」とか、「逆風が強かった」等という。また、芸術やファッションなどにおいて○○風(ふう)というのもこれに近い。 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の政治

    日本の政治から見た無党派層無党派

    ただし、長く続いた金権政治により有権者の政党離れが進み、近年は無党派層の増大傾向が著しい。そうしたことから今日、無所属議員の方がかえって当選する場合においてしばしば有利となる傾向があるなど、政党の公認が重荷になるケースもある。近年の国政選挙では無党派層をいかに自分の陣営に取り込めるかが焦点となるケースが多い。そのため都市部では従来の組織型選挙に代わり、政治家個人の人気やパフォーマンスにより大衆票を集めるケースが多いと言われている。日本の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た無党派無党派

    1990年代後半には日本社会党からの離反層を取り込み、集合離散の続いた他党候補者の濫立も有利に作用して衆議院で一時的に勢力を回復し、1998年の参議院選挙では15議席を獲得し、非改選議員とあわせて予算を伴う法案の提出権を初めて獲得した。その後は小選挙区制の定着による二大政党制指向の強まりや総議員定数の削減、日本周辺の国際情勢も相まって国会の議席が後退した。『しんぶん赤旗』の発行部数もピーク時の半分ほどにまで減少し、小選挙区制により共産党単独候補の当選はきわめて困難となった。1996年の第41回総選挙では、小選挙区で2議席(京都3区の寺前巌と高知1区の山原健二郎)を獲得したが、以後は小選挙区での当選はない。1997年の第21回党大会で、無党派と共同して21世紀の早い時期に民主連合政府を実現するとした。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉都民

    千葉都民から見た無党派無党派

    政治意識の面において、地元の事柄には無関心でかつ無党派が多いとされるため、その点を強調して解説するために選挙報道では頻繁に使用される。類似語には、「神奈川都民」「埼玉都民」「茨城都民」などがある。また、千葉市に住む千葉都民と区別するため「船橋都民」「市川都民」といった語を使用する例もある。千葉都民 フレッシュアイペディアより)

  • 佐竹敬久

    佐竹敬久から見た無党派無党派

    その後、自民・社民県連などの支持を得て秋田県知事選挙(2009年4月12日投開票)に出馬し、民主県連などの支持を受けた川口博などを破って初当選を果たした。自民党の組織票に加えて、全県的な知名度を生かして無党派層の支持も得たことが主な勝因となった。佐竹敬久 フレッシュアイペディアより)

  • 田村耕太郎

    田村耕太郎から見た無党派無党派

    2009年6月、自民党鳥取県連が公募をしたが田村以外の応募がなかったため、次回参院選の公認候補として申請する動きを固めていた。しかし、8月の第45回衆議院議員総選挙を受けて9月に政権交代による下野したことを受けて、自民党鳥取県連が信任投票をする方針を示したが、田村はブログで「自民党員に支持されていないと選挙にならないというが、大いなる時代錯誤」「今の自民党でも支持するような人たちが信任する候補者が無党派の心をつかめるだろうか」と県連の信任投票を批判した。田村の批判に対して「無党派層を取り込まなければ勝てないとの主張は理解できるが、 党員の支持がいらないとの趣旨の発言は公認候補としては不適切」などの意見が鳥取県連青年部を中心に出たため、鳥取県連は信任投票取り止めの代わりとして田村に対して信任投票批判のコラムの削除と謝罪を要求する事態となり、田村と自民党鳥取県連との関係が悪化した。田村耕太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た無党派無党派

    前述の青島知事、横山知事が政党の公認や支持を得ない、いわゆる「無党派」知事であったことや、55年体制の崩壊などによる政界再編で国政政党と地方会派の結びつきが弱くなっている現状から、近年、国政政党の公認を受けるケースはまれである。ただし、政党の党員であっても選挙では無所属として当選した人物は少なくない。現職の知事で国政政党の公認を得て知事選で当選した者は一人もおらず、地域政党など「その他の政治団体」を含めても、大阪府の松井一郎(大阪維新の会公認)のみである。直近の国政政党による公認者の当選例は2007年、群馬県の大沢正明(自民党公認)であり、彼は1996年の富山県知事選挙で再選した中沖豊以来11年ぶりの公認知事となった(なお、大沢は2011年の再選時に無所属に転じた)。しかし、選挙の際には政党が公認ではなく「推薦」または「支持」という形で支援するケースは多く存在する。それでも無党派層を取り込むため、政党の推薦・支持があっても政党色を薄めて選挙を戦うことが多い。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た無党派無党派

    旧来の自民党的なばらまき政治・土建屋行政、官僚主導の政治を批判・解体する一方で、左派の労働組合主義にも否定的であり、草の根市民運動に携わってきたことから自らを「ウルトラ無党派」「真の『保守』」としている。官僚や労組以外でも(個々の構成員は純粋でも全体になると)「人の顔が見えない」組織・団体やそこに存在する利権を嫌悪する傾向にある。これは選挙戦にも反映され、運動は主に勝手連的に行われている。市民運動に加担した過去からいわゆる市民派左派だと思われがちではあるが年越し派遣村を視察した際の感想として「憲法第9条維持など盾看板に政治的思惑があるものがあり運動に左派勢力が介在している。」とアクセスで批判的な感想を述べている田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸健一郎

    瀬戸健一郎から見た無党派無党派

    自民党推薦候補、民主党・自由党・社民党推薦候補、日本共産党推薦候補の3候補に対し、唯一の無党派・市民派候補として、当時としては画期的な33項目のマニフェスト『草加元気計画』を掲げ、「政策主導の対話型の市政」を主張するも落選。瀬戸健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本新党

    日本新党から見た無党派層無党派

    選挙戦を通じた中で無党派層の支持を獲得し、「ジバン(後援会組織)、カンバン(知名度)、カバン(選挙資金)」のいわゆる三バンが無い多数の政治家を国会に国会議員として送り込んだ。また、55年体制崩壊をもたらした「新党ブーム」のいわば火付け役となった存在であった。日本新党 フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「無党派層」のニューストピックワード