140件中 61 - 70件表示
  • 2007年愛知県知事選挙

    2007年愛知県知事選挙から見た無党派層無党派

    また、1月28日の中日新聞の世論調査では、神田:石田が、男性では4:4の割合で拮抗していたのに対して、女性は5:2の割合で神田がリードしていたが、中日新聞の出口調査では52:41と石田が追い上げていたことが分かった。特に、無党派層では38:55と石田が逆転していた。このことから、柳澤発言の影響があったと考えられる。2007年愛知県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年奈良県知事選挙

    2011年奈良県知事選挙から見た無党派無党派

    各党の対応は、共産党が党推薦候補として北野を擁立。前回知事選では荒井を推薦した自民・公明両党は、今回の知事選で荒井が「無党派」を掲げたため、推薦から支援に切り替えた。政権与党の民主党は、上記にもあるように県医師連の塩見に党からの出馬を要請したが断られ、擁立作業は難航。最終的に、前回と同様に自主投票とすることを決めた。2011年奈良県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年長崎県知事選挙

    2014年長崎県知事選挙から見た無党派無党派

    現職の中村は自民・公明両党の全面支援を始め、野党の民主党や同党の支持母体である連合長崎の支援も受け選挙戦を終始優位に進めた。これらの政党・団体の支持層の他、無党派層などの浮動票も確実に積み上げ、共産党公認の原口を大差で下し再選を果たした。2014年長崎県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第6区

    東京都第6区から見た無党派無党派

    世田谷区のうち、南東部(東京都第5区に属す地域)を除いた、北部および西部が区域となる。23区内でも有数の住宅地であり、無党派層が多い。2008年9月に総務省が公表した数値によれば全国の小選挙区の中では千葉県第4区に次いで有権者が多かった。2013年の区割変更に伴い、池尻・三宿は6区から5区に移行し、2017年の区割変更に伴い、代沢、太子堂が6区から5区に移行した。東京都第6区 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都第2区

    東京都第2区から見た無党派無党派

    1区などに次いで都心の注目選挙区であるため、2000年の総選挙では自由連合が候補者を立てるなど、少数政党や中堅政党、諸派・無所属候補が多く挑み、候補者が多くなる傾向がある。下町主体で江戸時代からの古い歴史を有する地域であるため、保守的な有権者が多く、長年にわたり都市部自民の牙城として君臨していた。元首相の鳩山一郎が地盤にしていたこともある。しかし、近年、この地域はいわゆる都心回帰に伴う新住民の流入に伴い、無党派層の増大が見られる。東京都第2区 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県第3区

    兵庫県第3区から見た無党派層無党派

    神戸市南西部の住宅地であり、伝統的に無党派層が多い。長く民主党(旧社会党系)の土肥隆一が安定した支持を受けて勝ち続けてきた選挙区であるが、2005年の総選挙では自由民主党の新人関芳弘に敗れ比例復活で当選した(2009年の総選挙では再び小選挙区にて当選)。2012年の総選挙では土肥が引退し、関が返り咲いた。この選挙の結果、民主党は初めて完全に議席を失った。なお、兵庫県は神戸市議会、兵庫県議会レベルでも民主党の勢力が強い。その後2014年・2017年の総選挙では関が危なげなく当選を重ねており、自民党が優位な選挙区になりつつある。また兵庫県自体も2017年の選挙で自民党及び公明党で全議席を独占しており、参院選でも民主党系は2013年・2016年の選挙で現職候補が落選している。兵庫県第3区 フレッシュアイペディアより)

  • 神の国解散

    神の国解散から見た無党派層無党派

    6月20日 森が選挙演説で「無党派層は寝ていてくれればいい」と発言し、問題視される。神の国解散 フレッシュアイペディアより)

  • 清水勇人

    清水勇人から見た無党派層無党派

    2017年さいたま市長選挙に民進党の支援を受けて出馬し、初の女性市長を目指す元衆議院議員の中森福代や、地区労組協議会の前島英男と選挙戦を戦った。前回に引き続き埼玉高速鉄道線の延伸のほか、大宮駅や浦和駅周辺の再開発推進、さいたま市立病院の建て替え、認可保育所の増設等によって待機児童の解消を図ることの必要性を訴えた。5月21日に投開票が行われ、民進党の支持層や無党派層に加え、候補者の擁立を見送った自民党の支持層からも支持を集め、203,953票を獲得し3選(中森は63,200票、前島は53,971票)。なお、投票率は過去最低の31.44%(前回比6%下落)に終わった。清水勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 分裂選挙

    分裂選挙から見た無党派無党派

    官製談合事件で当時の知事・安藤忠恕が逮捕されたことに伴う知事選挙において、自民党・公明党が持永哲志を推薦したが、同じ保守陣営から川村秀三郎も立候補したため保守陣営の分裂選挙となる。選挙では保守票が分裂したことに加え、無党派層を取り込んだ宮崎出身のタレント・そのまんま東(本名・東国原英夫)が勝利する。分裂選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 全学共闘会議

    全学共闘会議から見た無党派無党派

    社会党のこの突然の支持率の急落に対して、全共闘運動の直接的な影響と関連を見出すものには、石川真澄の言説がある。石川によれば、社会党はこの総選挙に際し、「一部学生の暴力的行動」を全面否定する統一見解を出していた。しかし、下部組織の社青同に新左翼系の勢力を抱え、三派全学連については「各全学連の共通する思想であるトロツキズムと誤った戦術については思想闘争を強め、広範な学生のエネルギーをわれわれの戦列に加えるよう努力する」という見解を示すなど、共産党と比べ新左翼・全共闘勢力との峻別の度合いが低かった。石川は、社会党のこのような態度がプラハの春や中国の文化大革命など社会主義へのマイナスイメージに繋がる事件に対する曖昧な対応と重なり、社会党支持者層が大量棄権、総選挙大敗、そして社会党離れによる無党派層の増大に結びついたと指摘している。全学共闘会議 フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「無党派層」のニューストピックワード

  • 喜びと同時に大きなプレッシャーを感じながら臨んだ

  • キングスマン:ファースト・エージェント

  • キングスマン ファースト・エージェント