26件中 11 - 20件表示
  • 無党派

    無党派から見た無所属

    無党派(むとうは)は、どの政党にも属していない人や、どの政党も支持していない人のことである。公職議員や首長が党派に属していない場合は主に無所属という。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た第42回衆議院議員総選挙

    1990年代に増大した無党派層は、必ずしもすべてが政治的関心が低い層というわけではなく、政治的関心をもち投票へ行く有権者層もあることから、無党派層の投票の行方が政治を大きく左右することもある。2000年衆議院選挙の直前、無党派層が野党民主党に多く投票すると予想されていたため、当時の首相森喜朗は「無党派層は寝ていてくれれば」と発言して批判された。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た1995年東京都知事選挙

    日本では無党派層は1960年代後半までは有権者の1割程度であった。その後、1970年代から1990年代初めにかけて無党派層は有権者の2割から3割程度となったものの、政党支持層に比べると少数派であった。しかし、1990年代に無党派層は急増し、1990年代中頃には無党派層が有権者の半数前後を占めるようになった。1995年に東京都知事選挙と大阪府知事選挙で無所属の青島幸男と横山ノックが当選し、既成政党の候補が敗れた時、無党派が注目されるようになった。同年、「無党派」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見たミシガン大学

    1950年代の世論調査をもとにしたミシガン大学での研究は投票者の政党帰属意識(政党支持態度)の観点から分析を行うもので「ミシガン・モデル」または「政党帰属意識モデル」として投票行動理論の古典的地位を占めた。ところが、1960年代中盤以降になると政党離れによる無党派層の増大や争点志向の増大により投票行動モデルの修正が必要となった。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た平和・民主・革新の日本をめざす全国の会

    平和・民主・革新の日本をめざす全国の会 - 無党派と日本共産党との共同を目的につくられた組織無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た第44回衆議院議員総選挙

    2005年の衆議院選挙での自民党の大勝は、無党派層の投票動向が選挙結果に大きく影響した事例と考えられている。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た冷戦

    1990年代の無党派層の増大は、国際的には冷戦構造の終焉、国内的には55年体制の崩壊後の政党の分裂と新党の結成などによる有権者の認知的不協和が原因にあるとされている。また、たび重なる政治家の汚職や政治不信などが有権者の政治に対する無関心を増大させつつあり、低投票率の場合は組織票で勝る政党が勝利するケースが多いため、選挙に行くこと自体が無意味と考える人々が多いことも挙げられている。個々人の価値観が極度に多様化していることも、特定の政党を支持しづらいことにつながっている。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た支持政党なし (政治団体)

    支持政党なし \(政治団体\) - 佐野秀光が2013年に設立した政治団体の名称。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た政党

    無党派(むとうは)は、どの政党にも属していない人や、どの政党も支持していない人のことである。公職議員や首長が党派に属していない場合は主に無所属という。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た自民党

    2005年の衆議院選挙での自民党の大勝は、無党派層の投票動向が選挙結果に大きく影響した事例と考えられている。無党派 フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「無党派層」のニューストピックワード

  • 喜びと同時に大きなプレッシャーを感じながら臨んだ

  • キングスマン:ファースト・エージェント

  • キングスマン ファースト・エージェント