47件中 21 - 30件表示
  • 無党派

    無党派から見た新党日本

    無党派と称される、もしくは自称する候補者が必ずしも政党・団体に全く所属していないとは限らない。石原慎太郎などは自民党所属であるし、田中康夫は任期途中で新党日本代表に就任した。また、「政治団体無党派」(辻山清)「無党派市民連合」(中山千夏、矢崎泰久、永六輔ら)など無党派を冠する団体もある。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た首長

    無党派(むとうは)とは特定の政党の思想に属していないこと。公職議員や首長が党派に即していない場合は主に無所属といい、一般的に無党派は公職選挙における有権者をさすことが多い。この場合、無党派層(NHKでは支持なし層)ともいう。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た労働組合

    無党派層が拡大した背景として、ひとつには従来の政党にとって重要な「票田」となっていた諸団体に帰属する有権者が減少していることが挙げられる。例えば、業種・職種・職能ごとの団体・組合は多くの場合それぞれにいずれかの政党と関係が深い場合が多い。しかし、これらの団体は、特に、バブル経済崩壊前後よりその構成員を減らしている場合が多い。例えば、農業協同組合や労働組合はそれぞれ自由民主党・日本社会党の有力支持母体であったが、前者は農業従事者の高齢化などで、後者は組合結成率の低下や非正規雇用の増加によっていずれも構成員が減少傾向にある。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見たマニフェスト

    特に、2003年以降、各政党は国政選挙にこぞってマニフェストと称する政治公約を公開している。これは積極的無党派へのアピールとして有効であると考えられている。小泉純一郎は「無党派は宝の山」と言ったことがある。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た日本放送協会

    無党派(むとうは)とは特定の政党の思想に属していないこと。公職議員や首長が党派に即していない場合は主に無所属といい、一般的に無党派は公職選挙における有権者をさすことが多い。この場合、無党派層(NHKでは支持なし層)ともいう。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た組織票

    それ以外にも、度重なる政治家の汚職や政治不信などが有権者の政治に対する無関心を増大させつつあり、低投票率の場合、近年は組織票で勝る政党が勝利するケースが多いため、選挙に行くこと自体が無意味と考える人々が多く、そのため、さらに投票率が下がるという悪循環に陥ってしまう。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た農業協同組合

    無党派層が拡大した背景として、ひとつには従来の政党にとって重要な「票田」となっていた諸団体に帰属する有権者が減少していることが挙げられる。例えば、業種・職種・職能ごとの団体・組合は多くの場合それぞれにいずれかの政党と関係が深い場合が多い。しかし、これらの団体は、特に、バブル経済崩壊前後よりその構成員を減らしている場合が多い。例えば、農業協同組合や労働組合はそれぞれ自由民主党・日本社会党の有力支持母体であったが、前者は農業従事者の高齢化などで、後者は組合結成率の低下や非正規雇用の増加によっていずれも構成員が減少傾向にある。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た政治団体

    無党派と称される、もしくは自称する候補者が必ずしも政党・団体に全く所属していないとは限らない。石原慎太郎などは自民党所属であるし、田中康夫は任期途中で新党日本代表に就任した。また、「政治団体無党派」(辻山清)「無党派市民連合」(中山千夏、矢崎泰久、永六輔ら)など無党派を冠する団体もある。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た自由民主党

    無党派層が拡大した背景として、ひとつには従来の政党にとって重要な「票田」となっていた諸団体に帰属する有権者が減少していることが挙げられる。例えば、業種・職種・職能ごとの団体・組合は多くの場合それぞれにいずれかの政党と関係が深い場合が多い。しかし、これらの団体は、特に、バブル経済崩壊前後よりその構成員を減らしている場合が多い。例えば、農業協同組合や労働組合はそれぞれ自由民主党・日本社会党の有力支持母体であったが、前者は農業従事者の高齢化などで、後者は組合結成率の低下や非正規雇用の増加によっていずれも構成員が減少傾向にある。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見たバブル経済

    無党派層が拡大した背景として、ひとつには従来の政党にとって重要な「票田」となっていた諸団体に帰属する有権者が減少していることが挙げられる。例えば、業種・職種・職能ごとの団体・組合は多くの場合それぞれにいずれかの政党と関係が深い場合が多い。しかし、これらの団体は、特に、バブル経済崩壊前後よりその構成員を減らしている場合が多い。例えば、農業協同組合や労働組合はそれぞれ自由民主党・日本社会党の有力支持母体であったが、前者は農業従事者の高齢化などで、後者は組合結成率の低下や非正規雇用の増加によっていずれも構成員が減少傾向にある。無党派 フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「無党派層」のニューストピックワード