世界無形遺産 ニュース&Wiki etc.

無形文化遺産(むけいぶんかいさん、)は、民族文化財、フォークロア、口承伝統などの無形の文化遺産のこと。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「世界無形遺産」のつながり調べ

  • 焚き火

    焚き火から見た無形文化遺産

    フランス東部および南ドイツ地方には(構成:火の粉+炎=篝火[かがりび])という習慣があり、クリスマスなどで使用した樅(もみ)の木などを「灰の水曜日 Funkensonntag (フンケンゾンターク)」に燃やして祈る習慣がある。これはキリスト教の到来以前から当地にあった異教の習慣の名残とされ、2010年にはオーストリアのユネスコ無形文化遺産に指定された。花火を詰めた人形を魔女に見立てて樅の木に結わえ付け、一緒に燃やすのが特徴である。■右列に画像あり。(焚き火 フレッシュアイペディアより)

  • 燃灯会

    燃灯会から見た無形文化遺産

    2012年3月30日、文化財庁は燃灯会をユネスコの無形文化遺産に申請したと明らかにした。(燃灯会 フレッシュアイペディアより)

「世界無形遺産」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「世界無形遺産」のニューストピックワード