前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • 世界遺産

    世界遺産から見た無形文化遺産無形文化遺産

    なお、後述するように、無形文化遺産は世界遺産条約の対象ではない。世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 端午

    端午から見た無形文化遺産無形文化遺産

    2005年11月、大韓民国の「江陵端午祭((?? ???)、ローマ字転写: Gangneung Danoje)」がユネスコによる「人類の口承及び無形遺産の傑作」への認定を宣言された(第3回傑作宣言)。この事を受けて、端午祭の本家である中国のマスコミをはじめとする諸団体は「韓国起源の節句として無形文化遺産登録された」などと猛反発した。端午 フレッシュアイペディアより)

  • 南魚沼市

    南魚沼市から見た無形文化遺産無形文化遺産

    9月30日、小千谷縮・越後上布がユネスコ無形文化遺産に登録。南魚沼市 フレッシュアイペディアより)

  • コルシカ島の民族音楽

    コルシカ島の民族音楽から見た無形文化遺産無形文化遺産

    コルシカ島の民族音楽(こるしかとうのみんぞくおんがく)は、フランス領である地中海のコルシカ島で歌われる歌謡を中心とする音楽の総称。コルシカ語で歌われる多声合唱(ポリフォニー)が多い。ここでは、ユネスコの無形文化遺産に登録されているパディエッラ風の歌謡(Cantu in paghjella)も含める。コルシカ島の民族音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 日立風流物

    日立風流物から見た無形文化遺産無形文化遺産

    山車は国の重要有形民俗文化財に、操り人形の操作などが国の重要無形民俗文化財に指定されている。2009年9月には、ユネスコ無形遺産委員会により無形文化遺産の代表リストへの記載が決定された。同一の行事に関連して、国の重要有形民俗文化財と重要無形民俗文化財の両方に指定されているものは全国で5組のみで、その内の1つである。日立風流物 フレッシュアイペディアより)

  • 小千谷縮

    小千谷縮から見た無形文化遺産無形文化遺産

    小千谷縮(おぢやちぢみ)は、新潟県小千谷市周辺を生産地とする麻織物。南魚沼市を生産地とする越後上布と共に、国の重要無形文化財に指定、ユネスコの無形文化遺産に登録されている。堀次郎将俊が明石縮をもとに越後麻布から改良したもので、昔は農民の副業として特に冬に生産されていた。小千谷縮 フレッシュアイペディアより)

  • ディアブラーダ

    ディアブラーダから見た無形文化遺産無形文化遺産

    2001年、ユネスコはボリビアのを無形文化遺産に指定し、その際にこれは今のオルロに住んでいたが崇拝する神に捧げる祭りであったと推定している。あるいは、起源は現在のボリビアのポトシなどであるとする説もある。スペインによるアメリカ大陸の植民地化の際、オルロやアルティプラーノ出身の鉱夫の入植により広まったとする説もある。あるいはディアブラダは1538年頃、アウラガス(Aullagas、現在のボリビアポトシ県北部)の鉱山でキリスト教文化とアンデスの地元宗教が融合したものであり、キリスト教の宗教的な像を地元宗教のシンボルとしたことに始まるとされる。例えば、キリスト教徒が地元宗教と融合して、のような信仰対象となり、それに合わせてキリスト教の宗教行事が地元の祭りに取り入れられ、舞踊にも影響したとする説である。古くから信じられていた地元神はや聖人の名に置き換えられて信仰が続けられた。ディアブラーダ フレッシュアイペディアより)

  • 石州和紙

    石州和紙から見た無形文化遺産無形文化遺産

    石州和紙(せきしゅうわし)・石州半紙(せきしゅうばんし)は、島根県の西部、石見地方で製造される和紙である。1967年に重要無形文化財(石州半紙)、1989年に伝統工芸品の指定、2009年にユネスコの無形文化遺産に登録。石州和紙 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の記憶

    世界の記憶から見た無形文化遺産無形文化遺産

    人類が長い間記憶して後世に伝える価値があるとされる書物などの記録物(動産)を、ユネスコ世界記録遺産国際諮問委員会にて定められ、1997年から2年ごとに登録事業を行っている。三大遺産事業は他に不動産遺産である世界遺産 (World Heritage)、無形文化遺産である人類口伝及び無形遺産傑作 (Masterpiece of the Oral and Intangible of Humanity) がある。世界の記憶 フレッシュアイペディアより)

  • アエノコト

    アエノコトから見た無形文化遺産無形文化遺産

    アエノコトは、石川県奥能登地方の珠洲市、輪島市、鳳珠郡能登町、同郡穴水町で古くから行われている新嘗の祭礼。「アエノコト」とは「アエ=饗」の「コト=祭り」を意味する。「奥能登のあえのこと」という名称で、1977年(昭和52年)重要無形民俗文化財に指定され、2009年(平成21年)には、ユネスコの世界無形遺産に登録された。アエノコト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「世界無形遺産」のニューストピックワード