53件中 21 - 30件表示
  • 祇園祭

    祇園祭から見た無形文化遺産無形文化遺産

    2009年(平成21年)9月30日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会により、「京都園祭の山鉾行事」が、無形文化遺産に登録された。祇園祭 フレッシュアイペディアより)

  • 題目立

    題目立から見た無形文化遺産無形文化遺産

    題目立(だいもくたて)は、奈良県奈良市上深川町の八柱神社に伝わる民俗芸能の語り物である。1975年(昭和50年)の文化財保護法の改正によって制定された重要無形民俗文化財の第1回の指定を受け、2009年(平成21年)にユネスコ無形文化遺産に登録された。題目立 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨文化

    捕鯨文化から見た無形文化遺産無形文化遺産

    人形浄瑠璃 - 文楽(ぶんらく)とも呼ばれ、ユネスコの無形文化遺産に登録され、日本の重要無形文化財にも指定されている。人形浄瑠璃の操り人形には「エンバ板」と呼ばれる鯨のひげが使われておりその滑らかな動きの要因となっているといわれる。交換部品として鯨のひげが大切に保管されているが、捕鯨問題と関連して鯨のひげが無くなってしまう事が懸念されていて、現在の工業品で代用することも検討されるが、素材の独自性も文化の一部であるという理由から安易な代用品の使用を疑問視する声もある。ちなみに1633年(寛永10年)の頃から人形の生産や販売で成り立っていた東京の人形町にも鯨のひげの利用から感謝の意を表した鯨を象った鯨の碑がある。捕鯨文化 フレッシュアイペディアより)

  • 十字架の丘

    十字架の丘から見た無形文化遺産無形文化遺産

    十字架の丘(リトアニア語: )は、リトアニア北部、シャウレイの北12kmに位置する巡礼地。リトアニアの観光名所となっている。2001年に『リトアニアの十字架の手工芸とその象徴』の一つとして無形文化遺産に指定されている。十字架の丘 フレッシュアイペディアより)

  • エヒタナハの踊りの行進

    エヒタナハの踊りの行進から見た無形文化遺産無形文化遺産

    タイムによれば、「ルクセンブルクを訪れる5つの理由のうちの1つ」である。また、ユネスコの無形文化遺産リストにも記載されている。エヒタナハの踊りの行進 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニアの世界遺産

    リトアニアの世界遺産から見た無形文化遺産無形文化遺産

    世界遺産とは別に、以下の無形文化遺産がユネスコで登録されている。リトアニアの世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 豚足

    豚足から見た無形文化遺産無形文化遺産

    中国河南省商水県の、河南省非物質文化遺産(無形文化遺産)に指定された料理。魏の鄧艾将軍が無類の豚足好きだったことから、毎日食べても飽きない、複雑な味を出す技法が考案されたとされる。砂糖、醤油だけでなく、陳皮、シナモン(肉桂)、ナツメグ(肉豆?)、白芷、クローブ(丁香)、カルダモン(砂仁)、コウリョウキョウ(良姜)、茴香、花椒等のスパイスを多用して煮込んでいるところに特徴がある。豚足 フレッシュアイペディアより)

  • 古琴

    古琴から見た無形文化遺産無形文化遺産

    古琴(こきん、七絃(弦)琴、中国語では'')は、中国の古い伝統楽器。3000年の歴史がある。撥弦楽器である琴(きん)の一種で、絃(弦)は7本。箏などと違い、琴柱(ことじ)はなく「徽(き)」と呼ばれる印が13あり、これに従い、左手で弦を押さえて右手で弾く。古琴演奏技は、2003年、ユネスコの無形文化遺産保護条約に基づく「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に掲載され、2009年9月に無形文化遺産として正式登録された。孔子、諸葛孔明、竹林の七賢の稽康、陶淵明、白居易など、中国宮廷でも高貴かつ限られた文人しか演奏できなかった楽器であり、日本でも菅原道真、重明親王が学んだことが知られる。現在でも奏者は極めて少ない。「君子左琴」「右書左琴」「伯牙絶弦」「知音」など、琴にまつわる故事成語も多い。古琴 フレッシュアイペディアより)

  • ムッセム

    ムッセムから見た無形文化遺産無形文化遺産

    モロッコ南部の都市タンタンで毎年9月に開催。以前からこのあたりでは周りの遊牧民族が集まって食料品の売買から馬やラクダのコンテスト、結婚式や演奏会などが行われていたが、1963年にそれらを祭典化したもの。1979年以降は治安の問題から開催を休止していたが2004年に復活した。2005年にはユネスコによる「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」(無形文化遺産の前身)に日本の歌舞伎などとともに選ばれた。。ムッセム フレッシュアイペディアより)

  • 福知山市

    福知山市から見た無形文化遺産無形文化遺産

    京都府無形文化遺産にも指定されており、当時の和紙すきを行う所は200戸余りもあったが漆産業の衰退などの理由により衰退を招き、現在では大江町和紙伝承館などの限られた施設でのみ見ることができる。福知山市 フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「世界無形遺産」のニューストピックワード