前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た世界遺産

    無形文化遺産は、芸能(民族音楽・ダンス・劇など)、伝承、社会的慣習、儀式、祭礼、伝統工芸技術、文化空間などが対象である。有形の文化遺産については既に1972年に採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)により、世界遺産をリストアップするなどの保護の枠組みが整えられていたが、無形文化遺産についてはその枠組みで保護することが難しいため、新たな枠組みが作られた。無形文化遺産の保護に関する条約は、締約国が30か国に達した時点から3か月後に発効する規定となっており、採択されてから約3年後の2006年4月20日に発効した。無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た2009年

    2007年9月には、代表一覧表や「緊急に保護する必要のある無形文化遺産の一覧表(危機一覧表)」などの作成について協議する、ユネスコの第2回政府間委員会が日本で開催された。この委員会では、第1回の一覧表作成を、2009年9月に行うことで各国政府代表が合意した。2008年6月に開催されたユネスコ総会で正式に決定された。なお、代表一覧表への各締約国の提案提出期限については、第1回は2008年9月末となっている。ちなみに、危機一覧表は2009年3月15日である。第2回目以降は、代表一覧表への提出期限は毎年8月末とされている。無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た歴史

    歴史、芸術、民族学、社会学、人類学、言語学又は文学の観点から、たぐいない価値を有する民衆の伝統的な文化の表現形式であること無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た国際連合教育科学文化機関

    ユネスコでは、無形文化遺産の保護に関する条約の発効に先立ち、隔年で「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」(傑作宣言)として発表していた。隔年で3回行われ(2001年、2003年、2005年)、計90件が傑作宣言された。これらは無形文化遺産の保護に関する条約の発効後に代表一覧表に統合され、その後の宣言は行われない。無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た

    無形文化遺産は、芸能(民族音楽・ダンス・など)、伝承、社会的慣習、儀式、祭礼、伝統工芸技術、文化空間などが対象である。有形の文化遺産については既に1972年に採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)により、世界遺産をリストアップするなどの保護の枠組みが整えられていたが、無形文化遺産についてはその枠組みで保護することが難しいため、新たな枠組みが作られた。無形文化遺産の保護に関する条約は、締約国が30か国に達した時点から3か月後に発効する規定となっており、採択されてから約3年後の2006年4月20日に発効した。無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た古田陽久

    古田陽久 古田真美監修『世界無形文化遺産データ・ブック』無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た人類学

    歴史、芸術、民族学、社会学、人類学、言語学又は文学の観点から、たぐいない価値を有する民衆の伝統的な文化の表現形式であること無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た無形文化遺産の保護に関する条約

    2003年の第32回ユネスコ総会で採択された「無形文化遺産の保護に関する条約」の第2条では、「無形文化遺産とは、慣習、描写、表現、知識及び技術並びにそれらに関連する器具、物品、加工品及び文化的空間であって、社会、集団及び場合によっては個人が自己の文化遺産の一部として認めるものをいう」と定義している。無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た伝承

    無形文化遺産は、芸能(民族音楽・ダンス・劇など)、伝承、社会的慣習、儀式、祭礼、伝統工芸技術、文化空間などが対象である。有形の文化遺産については既に1972年に採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)により、世界遺産をリストアップするなどの保護の枠組みが整えられていたが、無形文化遺産についてはその枠組みで保護することが難しいため、新たな枠組みが作られた。無形文化遺産の保護に関する条約は、締約国が30か国に達した時点から3か月後に発効する規定となっており、採択されてから約3年後の2006年4月20日に発効した。無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 無形文化遺産

    無形文化遺産から見た民族学

    歴史、芸術、民族学、社会学、人類学、言語学又は文学の観点から、たぐいない価値を有する民衆の伝統的な文化の表現形式であること無形文化遺産 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「世界無形遺産」のニューストピックワード