85件中 11 - 20件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見た不正アクセス行為の禁止等に関する法律

    なお日本では、クラッキングなどの手法により、パスワードで保護されたネットワークに不正に侵入した場合、もしくは試みた場合は、不正アクセス行為の禁止等に関する法律に抵触する可能性がある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たPeer to Peer

    無線LANの普及以前はIrDA規格に準拠した赤外線通信がケーブルレス通信の主な手段であり大部分のノートパソコンやICカード式公衆電話に搭載されたが、一対一のファイル交換が主な用途(プロトコル上の実装)であったことなどからあまり活用されず2012年現在赤外線通信は携帯電話において電話番号等のデータのやりとりに使用されているのが主な実用例である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た商標

    メーカーによっては、IEEE 802.11a/b/gとの接続性を確保したまま独自の改良を加えた技術が存在する。高速化技術(圧縮・プロトコル最適化等)としては「SuperAG」「SuperG」「フレームバースト」「フレームバーストEX」などが、到達エリア拡大技術としては「XR(eXtended Range)」がある(SuperAG、SuperG、XRは米クアルコム・アセロスの商標)。メーカーの独自拡張であるため、親機子機が同じメーカー製であり両方が対応していないと効果はない。これらは最大通信速度は54Mbpsである802.11a、11gが主流の頃に登場したが、通信速度が大幅に向上した802.11nが広まってからはあまり見られなくなった。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たWi-Fi

    無線LANの通信方式には様々なものがあるが、IEEEのLAN/MAN標準化委員会が規格化したIEEE 802.11シリーズが標準として普及している。IEEE 802.11機器に関する業界団体であるWi-Fi Allianceはこの標準にそって作られた製品間の相互接続性を認定しており、この認定の名称がWi-Fi(ワイファイ)である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たETC

    ISMバンドを用いる高周波利用設備からは、有害な混信を容認しなければならない。最も普及している2.4GHz帯の機器の場合、稼働中の電子レンジの付近では、通信に著しい影響や出たり通信不能に陥る。また、VICS(ETC)、一般用RFID、アマチュア無線局機器など、無線局免許状・無線局登録を受けて運用する無線局からの有害な混信に対して、異議・排除を申し立てる権利は一切無く、逆に使用中止を要求されたら、利用者は従わねばならない。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアマチュア無線

    アマチュア無線では、暗語の使用や秘匿性のある無線設備は認められていないため、暗号化技術であるWEP・WPAの設定などをせず、無線局を運用することが条件として求められた。アマチュア無線で使用できる周波数帯には2.4GHz帯もあるが、この周波数帯での運用は、一般的に使用されている「無線LANとの誤接続の可能性がある」として許可されなかった。マイクロ波における遠距離および高速データ通信の実験を目指している。この局以外にも、首都圏で数局が無線局免許状の申請を準備している。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たNECアクセステクニカ

    NECアクセステクニカ株式会社(現・NECプラットフォームズ)が開発した設定システム。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアップル (企業)

    IEEE 802.11bでは通信速度が11Mbpsに改善される予定であったが当時はIEEE 802.11機器の価格が高いこともあり、Intelが推進していたHomeRF規格が家庭向け無線LANの本命と見られていた。しかしIEEE 802.11b正式標準化直前の1999年7月にアップルコンピュータ(現:アップル)がAirPort(日本国内での名称はAirMac)を発表、アクセスポイントが299ドル、カードが99ドルという低価格で市場にインパクトを与え、これに日本ではメルコ(現:バッファロー)を始め各社も追従しIEEE 802.11b規格の機器が一般にも広く普及することとなった。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たNECプラットフォームズ

    NECアクセステクニカ株式会社(現・NECプラットフォームズ)が開発した設定システム。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た無線局免許状

    日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。なお、電気通信回線に接続するものは技術基準適合認定も要する。無線LAN フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「無線LAN」のニューストピックワード