85件中 21 - 30件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見たLocal Area Network

    無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLAN(, )、もしくはそれを略して''とも呼ばれる。著名な無線LANの規格としてIEEE 802.11がある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たIEEE 802.11

    無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLAN(, )、もしくはそれを略して''とも呼ばれる。著名な無線LANの規格としてIEEE 802\.11がある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たIEEE

    無線LANの通信方式には様々なものがあるが、IEEEのLAN/MAN標準化委員会が規格化したIEEE 802.11シリーズが標準として普及している。IEEE 802.11機器に関する業界団体であるWi-Fi Allianceはこの標準にそって作られた製品間の相互接続性を認定しており、この認定の名称がWi-Fi(ワイファイ)である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たRC4

    無線LAN初期の規格。2008年の段階でも10秒程度で解読可能であり、AirSnortなどのクラッキングソフトが出回っている。これは暗号化に使われているストリーム暗号のRC4を用いているが、WEPの場合、秘密鍵が固定でしかも鍵長が短いことやWEPで導入された初期ベクトルが公開かつ長さが短い事が原因である。またRC4自身、2016年現在すでに危殆化したとみなされている(詳細はRC4のページを参照)。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たWi-Fi Alliance

    無線LANの通信方式には様々なものがあるが、IEEEのLAN/MAN標準化委員会が規格化したIEEE 802.11シリーズが標準として普及している。IEEE 802.11機器に関する業界団体であるWi-Fi Allianceはこの標準にそって作られた製品間の相互接続性を認定しており、この認定の名称がWi-Fi(ワイファイ)である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たBluetooth

    更に、無線LANと同等の小電力無線局として小電力用RFID、2.4GHz帯デジタルコードレス電話、模型飛行機のラジコン、マルチコプター、Bluetoothなどがあり、これらに対しては先に使用しているものが優先するが、実際には混信を完全に回避できるものではない。別ネットワークの複数機器がアクセスポイント等でチャネルが重なると、スループット低下などの影響を受ける。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た無線局

    日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。なお、電気通信回線に接続するものは技術基準適合認定も要する。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たトランスバーター

    2009年(平成21年)5月、アマチュア無線局JF1DQIが5.6GHz帯、10.1GHz帯、24GHz帯においてIEEE 802.11b/g方式の無線LANをアマチュア業務として運用できる無線局免許状を与えられた。設備は一般的に市販されているUSB無線LANアダプタで外部アンテナ端子がある機種(2000円以下)を用い、そのアンテナ端子にトランスバーター(周波数変換を行う機器)を接続し5.6GHz帯、10.1GHz帯、24GHz帯での運用を可能にしている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアメリカ合衆国

    メーカーによっては、IEEE 802.11a/b/gとの接続性を確保したまま独自の改良を加えた技術が存在する。高速化技術(圧縮・プロトコル最適化等)としては「SuperAG」「SuperG」「フレームバースト」「フレームバーストEX」などが、到達エリア拡大技術としては「XR(eXtended Range)」がある(SuperAG、SuperG、XRはクアルコム・アセロスの商標)。メーカーの独自拡張であるため、親機子機が同じメーカー製であり両方が対応していないと効果はない。これらは最大通信速度は54Mbpsである802.11a、11gが主流の頃に登場したが、通信速度が大幅に向上した802.11nが広まってからはあまり見られなくなった。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たIEEE 802.15

    なお、IEEE 802\.15シリーズを無線PAN(WPAN:Wireless Personal Area Network)と分類する事もある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「無線LAN」のニューストピックワード