81件中 21 - 30件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見たRC4

    WEP(Wired Equivalent Privacy):無線LAN初期の暗号化規格。秘密鍵暗号方式であるRC4が用いられているが暗号化方式としては脆弱性が指摘され、AirSnortなどのクラッキングソフトが出回っている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たBluetooth

    更に、無線LANと同等の小電力無線局として小電力用RFID、2.4GHz帯デジタルコードレス電話、模型飛行機のラジコン、Bluetoothなどがあり、これらに対しては先に使用しているものが優先するするが、実際には混信を完全に回避できるものではない。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たWi-Fi Alliance

    またWi-Fi(ワイファイ)とも呼ばれることがあるが、これはIEEE 802.11機器に関する業界団体であるWi-Fi Allianceによる相互接続性の認定の名称である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たAirSnort

    WEP(Wired Equivalent Privacy):無線LAN初期の暗号化規格。秘密鍵暗号方式であるRC4が用いられているが暗号化方式としては脆弱性が指摘され、AirSnortなどのクラッキングソフトが出回っている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た鍵 (暗号)

    WEP(Wired Equivalent Privacy):無線LAN初期の暗号化規格。秘密鍵暗号方式であるRC4が用いられているが暗号化方式としては脆弱性が指摘され、AirSnortなどのクラッキングソフトが出回っている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たIEEE 802.11

    無線LANにはさまざまな方式があり、IEEE 802\.11シリーズが普及している。パソコンやPDAなどにおいて、一般的に利用される。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た不法無線局

    国内向けであっても改造されたものは、技術基準適合証明が無効になるので不法無線局となる。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た携帯情報端末

    無線LANにはさまざまな方式があり、IEEE 802.11シリーズが普及している。パソコンやPDAなどにおいて、一般的に利用される。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たWi-Fi Protected Access

    WPA(Wi-Fi Protected Access):無線LANの暗号化規格の1つ。前述のWEPの脆弱性を改良するためIEEE 802.11iの策定に先立ち、Wi-Fi Allianceによって制定された。WEPでのRC4方式に改良が加えられたTKIP(Temporal Key Integrity Protocol)と呼ばれる暗号化方式が採用されている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たプロトコル

    無線LANの普及以前はIrDA規格に準拠した赤外線通信がケーブルレス通信の主な手段であり大部分のノートパソコンやICカード式公衆電話に搭載されたが、一対一のファイル交換が主な用途(プロトコル上の実装)であったことなどからあまり活用されず2012年現在赤外線通信は携帯電話において電話番号等のデータのやりとりに使用されているのが主な実用例である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「無線LAN」のニューストピックワード