85件中 31 - 40件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見たラジコン

    更に、無線LANと同等の小電力無線局として小電力用RFID、2.4GHz帯デジタルコードレス電話、模型飛行機のラジコン、マルチコプター、Bluetoothなどがあり、これらに対しては先に使用しているものが優先するが、実際には混信を完全に回避できるものではない。別ネットワークの複数機器がアクセスポイント等でチャネルが重なると、スループット低下などの影響を受ける。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た携帯電話

    無線LANの普及以前はIrDA規格に準拠した赤外線通信がケーブルレス通信の主な手段であり大部分のノートパソコンやICカード式公衆電話に搭載されたが、一対一のファイル交換が主な用途(プロトコル上の実装)であったことなどからあまり活用されず2012年現在赤外線通信は携帯電話において電話番号等のデータのやりとりに使用されているのが主な実用例である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアマチュア無線の周波数帯

    アマチュア無線では、暗語の使用や秘匿性のある無線設備は認められていないため、暗号化技術であるWEP・WPAの設定などをせず、無線局を運用することが条件として求められた。アマチュア無線で使用できる周波数帯には2.4GHz帯もあるが、この周波数帯での運用は、一般的に使用されている「無線LANとの誤接続の可能性がある」として許可されなかった。マイクロ波における遠距離および高速データ通信の実験を目指している。この局以外にも、首都圏で数局が無線局免許状の申請を準備している。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た力まかせ探索

    WPAを初心者にも簡単に設定できるようにする規格。Wi-Fiアライアンスによって策定され、メーカーを問わず利用できる。なお規格にはセキュリテイ上問題があり、PIN認証を用いた場合にはPINがブルートフォース攻撃できてしまうため、何度か認証に失敗すると認証をロックするよう設定された機種を使うか、ユーザの側でPIN設定後にWPSを無効化するなどして防御する必要がある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たAirSnort

    無線LAN初期の規格。2008年の段階でも10秒程度で解読可能であり、AirSnortなどのクラッキングソフトが出回っている。これは暗号化に使われているストリーム暗号のRC4を用いているが、WEPの場合、秘密鍵が固定でしかも鍵長が短いことやWEPで導入された初期ベクトルが公開かつ長さが短い事が原因である。またRC4自身、2016年現在すでに危殆化したとみなされている(詳細はRC4のページを参照)。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た赤外線通信

    無線LANの普及以前はIrDA規格に準拠した赤外線通信がケーブルレス通信の主な手段であり大部分のノートパソコンやICカード式公衆電話に搭載されたが、一対一のファイル交換が主な用途(プロトコル上の実装)であったことなどからあまり活用されず2012年現在赤外線通信は携帯電話において電話番号等のデータのやりとりに使用されているのが主な実用例である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た情報処理推進機構

    情報処理推進機構によると家庭用であれば認証方式としてWPA2-PSK、暗号化方式としてAES(CCMP)を選択し十分な強度の共有鍵(大文字・小文字・数字・記号を全て含み20文字以上)を使用するべきであるという。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た技術基準適合認定

    日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。なお、電気通信回線に接続するものは技術基準適合認定も要する。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た電器店

    2010年(平成22年)には、電波法の規定を超えた高出力の無線LAN機器を販売していたとして、大阪市・日本橋の電器店が摘発され、経営者が逮捕されている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たAirMac

    IEEE 802.11bでは通信速度が11Mbpsに改善される予定であったが当時はIEEE 802.11機器の価格が高いこともあり、Intelが推進していたHomeRF規格が家庭向け無線LANの本命と見られていた。しかしIEEE 802.11b正式標準化直前の1999年7月にアップルコンピュータ(現:アップル)がAirPort(日本国内での名称はAirMac)を発表、アクセスポイントが299ドル、カードが99ドルという低価格で市場にインパクトを与え、これに日本ではメルコ(現:バッファロー)を始め各社も追従しIEEE 802.11b規格の機器が一般にも広く普及することとなった。無線LAN フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示

「無線LAN」のニューストピックワード