81件中 41 - 50件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見た混信

    ISMバンドを用いる高周波利用設備からは有害な混信を容認しなければならない無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアドホックモード

    インフラストラクチャー・モード、アドホックモード:アクセスポイント (無線LAN)を参照。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たスイッチングハブ

    無線LANの一般化に伴い無線LANアクセスポイントの機能は段階的に進化し、高機能化が進んできた。しかし無線特性上、企業向けなどの大規模構成時には機器を多数設置することが必要なことから家庭向けの高機能な単体機器では管理・メンテナンス性や耐障害性等の問題が生じることもある。そのため無線LANスイッチ(無線LANコントローラ)を使用して集中管理を行い、無線LANアクセスポイントは極力単純な設計のもの(シンアクセスポイント)が選択されることもある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たスループット

    別ネットワークの複数機器がアクセスポイント等でチャネルが重なると、スループット低下などの影響を受ける。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアメリカ合衆国

    WPS(Wi-Fi Protected Setup):WPAを初心者にも簡単に設定できるようにする規格。IEEE 802.11a/b/gとの接続性を確保したまま独自の改良を加えた高速化技術(圧縮・プロトコル最適化等)として「SuperAG」「SuperG」「フレームバースト」「フレームバーストEX」などが、到達エリア拡大技術として「XR(eXtended Range)」がある(SuperAG,SuperG,XRはアセロス・コミュニケーションズの商標)。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たIEEE 802.15

    なお、IEEE 802\.15シリーズを無線PAN(WPAN:Wireless Personal Area Network)と分類する事もある。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た超広帯域無線

    Ultra Wideband(UWB、IEEE 802.15.3a)無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た赤外線通信

    無線LANの普及以前はIrDA規格に準拠した赤外線通信がケーブルレス通信の主な手段であり大部分のノートパソコンやICカード式公衆電話に搭載されたが、一対一のファイル交換が主な用途(プロトコル上の実装)であったことなどからあまり活用されず2012年現在赤外線通信は携帯電話において電話番号等のデータのやりとりに使用されているのが主な実用例である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た日本橋 (大阪市)

    2010年(平成22年)には、電波法の規定を超えた高出力の無線LAN機器を販売していたとして、大阪市・日本橋の電器店が摘発され、経営者が逮捕されている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たサービスセット識別子

    SSID(Service Set ID)・ESSID(Extended SSID):無線LAN接続のグループ分けを行うID。認証にも使用される。最大32文字までの英数字が設定できる。通常はアクセスポイントとクライアントの設定を合致させないと接続できない。合致させなくとも接続できるような設定も可能だが、フリースポット等の公衆無料接続サービスを提供する場合以外ではセキュリティ面から推奨されない。無線LAN フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「無線LAN」のニューストピックワード