81件中 51 - 60件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見たデータ

    無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLAN(Wireless LAN、WaveLAN)、もしくはそれを略してWLANとも呼ばれる。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たラジコン

    更に、無線LANと同等の小電力無線局として小電力用RFID、2.4GHz帯デジタルコードレス電話、模型飛行機のラジコン、Bluetoothなどがあり、これらに対しては先に使用しているものが優先するするが、実際には混信を完全に回避できるものではない。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た情報処理推進機構

    情報処理推進機構によると家庭用であれば認証方式としてWPA2-PSK、暗号化方式としてAESを選択し十分な強度の共有鍵(大文字・小文字・数字・記号を全て含み20文字以上)を使用するべきであるという。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た日本

    日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た無線局免許状

    日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たVICS

    また、VICS(ETC)、一般用RFID、アマチュア無線機器など、免許・登録を受けて運用する無線局からの有害な混信に対して異議・排除を申し立てる権利は無く、逆に使用中止を要求されたら従わねばならない。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た携帯電話

    無線LANの普及以前はIrDA規格に準拠した赤外線通信がケーブルレス通信の主な手段であり大部分のノートパソコンやICカード式公衆電話に搭載されたが、一対一のファイル交換が主な用途(プロトコル上の実装)であったことなどからあまり活用されず2012年現在赤外線通信は携帯電話において電話番号等のデータのやりとりに使用されているのが主な実用例である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアマチュア無線の周波数帯

    2009年(平成21年)5月、アマチュア無線局JF1DQIが5600MHz帯、10.1GHz帯、24GHz帯において IEEE 802.11b/g 方式の無線LANをアマチュア業務として運用できる免許を与えられた。設備は一般的に市販されているUSB無線LANアダプタで外部アンテナ端子がある機種(2000円以下)を用い、そのアンテナ端子にトランスバーター(周波数変換を行う機器)を接続し5600MHz帯、10.1GHz帯、24GHz帯での運用を可能にしている。アマチュア無線では暗語の使用や秘匿性のある無線設備は認められていないため、暗号化技術であるWEPの設定などをせずに運用することが条件として求められた。アマチュア無線で使用できる周波数帯には2400MHz帯もあるが、この周波数帯での運用は一般的に使用されている無線LANとの誤接続の可能性があるとして免許されなかった。マイクロ波における遠距離および高速データ通信の実験を目指している。この局以外にも、首都圏で数局が免許の申請を準備している。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た無線局

    日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たインフラストラクチャー・モード

    インフラストラクチャー・モード、アドホックモード:アクセスポイント (無線LAN)を参照。無線LAN フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「無線LAN」のニューストピックワード