81件中 61 - 70件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見たLocal Area Network

    無線LAN(むせんラン)とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うLANシステムのことである。ワイヤレスLAN(Wireless LAN、WaveLAN)、もしくはそれを略してWLANとも呼ばれる。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たパーソナルコンピュータ

    無線LANにはさまざまな方式があり、IEEE 802.11シリーズが普及している。パソコンやPDAなどにおいて、一般的に利用される。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たlivedoor Wireless

    アクセスポイントへの接続を公衆に提供しインターネットへの接続手段を提供するサービスを、公衆無線LANと言う。公衆無線LANにはホットスポットやlivedoor Wireless、FREESPOTなどがある。詳細はこれらの項目を参照。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たRADIUS

    WPA2(Wi-Fi Protected Access 2):WPAのセキュリティ強化改良版。IEEE 802.11iの策定に伴い、それを取り込む形で制定された。アメリカ標準技術局(NIST)が定めたAES暗号化方式が採用されている。通常のパーソナルモード(PSKモード)に加え、エンタープライズモード(EAPモード)としてRADIUS認証サーバを使った認証方式(IEEE 802.1x)がオプションとして付け加えられた。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たAirStation

    AirStation One-Touch Secure System(AOSS):バッファローが発売しているAirStationに導入されている設定システム。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たコードレス電話

    更に、無線LANと同等の小電力無線局として小電力用RFID、2.4GHz帯デジタルコードレス電話、模型飛行機のラジコン、Bluetoothなどがあり、これらに対しては先に使用しているものが優先するするが、実際には混信を完全に回避できるものではない。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たアンテナ

    技適マークがなければ日本国内で使用してはならない。また、技術基準にはアンテナ系を除き「容易に開けることができないこと」とあり、特殊ねじなどが用いられているので、使用者は改造はもちろん保守・修理の為であっても分解してはならない。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たAirStation One-Touch Secure System

    AirStation One-Touch Secure System(AOSS):バッファローが発売しているAirStationに導入されている設定システム。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たISMバンド

    ISMバンドを用いる高周波利用設備からは有害な混信を容認しなければならない無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たノートパソコン

    無線LANの普及以前はIrDA規格に準拠した赤外線通信がケーブルレス通信の主な手段であり大部分のノートパソコンやICカード式公衆電話に搭載されたが、一対一のファイル交換が主な用途(プロトコル上の実装)であったことなどからあまり活用されず2012年現在赤外線通信は携帯電話において電話番号等のデータのやりとりに使用されているのが主な実用例である。無線LAN フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示