1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • 無線LAN

    無線LANから見たTemporal Key Integrity Protocol

    無線LANの暗号化規格の1つ。前述のWEPの脆弱性を改良するためIEEE 802.11iの策定に先立ち、Wi-Fi Allianceによって制定された。暗号化にはTKIP(Temporal Key Integrity Protocol)というストリーム暗号が用いられているが、これはWEPでのRC4方式に、鍵と初期ベクトルをミックスする関数を加えるなどして既知の攻撃を可能な限り避けようとしたものである。しかし実際にはWEPの場合と同様の攻撃の多くが効いてしまう(詳細は英語版のTKIPの記事を参照)。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た鍵導出関数

    PSKモード(Pre-Shared Key、事前鍵共有)はパーソナルモードとも呼ばれ、アクセスポイント側に事前にパスワードを設定しておき、端末側でそのパスワードを打つ事で接続を開始する。通信に使う鍵はパスワードからPBKDF2というアルゴリズム(鍵導出関数)を用いて計算する。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た小電力データ通信システム

    日本においては、1992年(平成4年)に電波法令上のいわゆる小電力無線局の小電力データ通信システムの無線局とされ、技術基準が定められた。これにより免許は不要であるが技術基準適合証明を要することとされた。なお、電気通信回線に接続するものは技術基準適合認定も要する。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見たクアルコム・アセロス

    メーカーによっては、IEEE 802.11a/b/gとの接続性を確保したまま独自の改良を加えた技術が存在する。高速化技術(圧縮・プロトコル最適化等)としては「SuperAG」「SuperG」「フレームバースト」「フレームバーストEX」などが、到達エリア拡大技術としては「XR(eXtended Range)」がある(SuperAG、SuperG、XRは米クアルコム・アセロスの商標)。メーカーの独自拡張であるため、親機子機が同じメーカー製であり両方が対応していないと効果はない。これらは最大通信速度は54Mbpsである802.11a、11gが主流の頃に登場したが、通信速度が大幅に向上した802.11nが広まってからはあまり見られなくなった。無線LAN フレッシュアイペディアより)

  • 無線LAN

    無線LANから見た認証付き暗号

    WPAのセキュリティ強化改良版。IEEE 802.11iの策定に伴い、それを取り込む形で制定された。暗号方式としては認証暗号のAES-CCMでMPDUやそのヘッダを守るCCMPという方式が採用されている。無線LAN フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示

「無線LAN」のニューストピックワード