無資格医療 ニュース&Wiki etc.

医療行為(いりょうこうい)とは、人の傷病の治療・診断又は予防のために、医学に基づいて行われる行為である。 一般的には医行為と同義語として扱われる。広義では代替医療や統合医療を含めた医療全般の行為を指す。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「医療行為」のつながり調べ

  • 夏山診療所

    夏山診療所から見た医療行為

    対処法の相談や投薬、点滴、縫合、湿布、酸素吸入などの簡単な手当ができる体制となっている。医療行為は医師が駐在している時だけに限られるため、医師が不在の際は医学生により救護措置が行われる。医師は必ずしも常駐していない診療所も多く、夏山診療所で一般の診療所と同様の医療行為を期待することは、多くの場合できない。なお、健康保険証は使えず、保険診療とはならないため自由診療(保険外診療)となるが、ボランティアで医療行為とはいえない程度の措置を無料で提供するところも多い。つまり、医薬品等の実費は100%の支払いで、救護措置は無料となることが多い。ただし、その場合もカンパを要請するところや、カンパを利用者の自由意志で受け付けるところもある。(夏山診療所 フレッシュアイペディアより)

  • 医療の倫理ジレンマ

    医療の倫理ジレンマから見た医療行為

    医療の倫理ジレンマ(いりょうのりんりじれんま)は、医療の現場でしばしば用いられる用語で、ある医療行為の倫理的妥当性あるいは倫理的根拠を論じる際、より所とする倫理原則によって、全く異なる結論が導かれてしまう状態を指す。(医療の倫理ジレンマ フレッシュアイペディアより)

「医療行為」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「無資格医療」のニューストピックワード