無資格医療 ニュース&Wiki etc.

医療行為(いりょうこうい)とは、人の傷病の治療・診断又は予防のために、医学に基づいて行われる行為である。 (出典:Wikipedia)

「無資格医療」最新ニュース

「無資格医療」Q&A

  • Q&A

    無資格、未経験、無知識で駄目元で医療事務受けて見たら内定をその場でいただいたのですが…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月18日 14:59

  • Q&A

    仕事を辞めたいけど辞めれない。 私は高校を卒業してから医療関係の仕事に就いていました…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月18日 08:24

  • Q&A

    自衛隊に入り救命の仕事がしたいのですが、現在21歳です。無資格では甘い考えなのでしょ…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2016年11月16日 19:16

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「医療行為」のつながり調べ

  • 焼灼止血法

    焼灼止血法から見た医療行為

    医学・医療の進歩に伴い、人間に対して焼コテが使われることはなくなったが、家畜などに対して行われる例はある。また、電気メスや医療用レーザー、マイクロ波凝固などの機器や酸などの薬剤を用いた治療・止血方法は焼灼止血法の原理に着眼したものである。これらは現代日本では医師が適切な方法で行なうべき医療行為であり、一般人が行うのは違法である。医師以外が行う外傷に対する応急処置としては、多くの場合において直接圧迫止血法が適切である。(焼灼止血法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消防

    日本の消防から見た医療行為

    また以前、救急隊員には、傷病者を病院まで搬送するだけで、医療行為を行うことは認められていなかったが、心肺停止など緊急性が特に高い傷病者については、早期の医療処置が必要であるとの声が高まり、1991年に救急救命士制度が創設され、有資格者は一定条件の下で特定の医療行為の実施が可能となった。救急隊に救急救命士を最低1人配置するため、教育訓練が精力的に進められている。2003年以降、電気的除細動、気管挿管、薬剤(アドレナリン)の投与などの行為が順次、救急救命士の業務として新たに認められるようになっている。(日本の消防 フレッシュアイペディアより)

「医療行為」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「無資格医療」のニューストピックワード

  • 年齢的に最後のチャンスだと思って決断した。

  • 春野町美しい茶園でつながるプロジェクト推進協議会