前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 医行為

    医行為から見た医療行為医療行為

    医行為(いこうい)は「医師の医学的判断および技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼし、または危害を及ぼすおそれのある行為」とするのが通例である。同じ内容に思われるが「医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生じるおそれのある行為」という表現もある。一般的には医療行為と同義語として扱われることが多い。医行為 フレッシュアイペディアより)

  • ピアス

    ピアスから見た医療行為医療行為

    日本において、ピアスを通す穴(ピアスホール)を身体に開けるのは医療行為と見なされる為に、医師による施術を頼る人が殆どである。ピアス フレッシュアイペディアより)

  • 夏山診療所

    夏山診療所から見た医療行為医療行為

    対処法の相談や投薬、点滴、縫合、湿布、酸素吸入などの簡単な手当ができる体制となっている。医療行為は医師が駐在している時だけに限られるため、医師が不在の際は医学生により救護措置が行われる。医師は必ずしも常駐していない診療所も多く、夏山診療所で一般の診療所と同様の医療行為を期待することは、多くの場合できない。なお、健康保険証は使えず、保険診療とはならないため自由診療(保険外診療)となるが、ボランティアで医療行為とはいえない程度の措置を無料で提供するところも多い。つまり、医薬品等の実費は100%の支払いで、救護措置は無料となることが多い。ただし、その場合もカンパを要請するところや、カンパを利用者の自由意志で受け付けるところもある。夏山診療所 フレッシュアイペディアより)

  • 医業

    医業から見た医療行為医療行為

    医業(いぎょう)とは、業として、医行為(医療行為)を行うことをいう。医業 フレッシュアイペディアより)

  • 診療報酬

    診療報酬から見た医療行為医療行為

    診療報酬(しんりょうほうしゅう、)とは、保険診療の際に医療行為等の対価として計算される報酬を指す。「医師の報酬」ではなく、それだけでなく医療行為を行った医療機関・薬局の医業収入の総和を意味する。医業収入には、医師(または歯科医師)や看護師、その他の医療従事者の医療行為に対する対価である技術料、薬剤師の調剤行為に対する調剤技術料、処方された薬剤の薬剤費、使用された医療材料費、医療行為に伴って行われた検査費用などが含まれる。診療報酬 フレッシュアイペディアより)

  • 応急処置

    応急処置から見た医療行為医療行為

    なお、応急手当・救命手当は怪我や病気を治療する行為(医療行為)ではない。あくまでも、怪我人や死人を医師等に引き渡すまでの間に症状を悪化させないための一時的な措置であることに注意しなければならない。応急処置 フレッシュアイペディアより)

  • 抜髄処置

    抜髄処置から見た医療行為医療行為

    抜髄処置(ばつずいしょち)とは、歯牙の内部に存在する歯髄を取り去る医療行為のことである。抜髄処置 フレッシュアイペディアより)

  • 気管内吸引

    気管内吸引から見た医療行為医療行為

    近年、ALS患者の介護において、気管内吸引(喀痰吸引)を介護福祉士や訪問介護員にも認めるべきではないかという議論が起こり、医療行為の範囲に含まれるのか否かが焦点となった。その結果、2011年に介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律によって、社会福祉士及び介護福祉士法が改正され、2012年4月から、一定の研修を修了した介護職員等が喀痰吸引や経管栄養を実施することが可能になった。気管内吸引 フレッシュアイペディアより)

  • 病歴

    病歴から見た医療行為医療行為

    病歴(びょうれき)とは、診察を実施したり医療行為を提供するのに役立つ情報を得るために、医師、または医学に明るい患者や患者の周囲の人物が、患者に詳細な質問をすることによって得られる情報のことである。病歴 フレッシュアイペディアより)

  • 抜歯

    抜歯から見た医療行為医療行為

    抜歯(ばっし、the extraction of a tooth)とは、歯科医師、医師が人為的に患者の口腔内から歯を抜く医療行為をいう。抜歯 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「無資格医療」のニューストピックワード