61件中 11 - 20件表示
  • 紹介 (医療)

    紹介 (医療)から見た医療行為医療行為

    診療中の医療機関ではできない、より高度な医療行為が必要なとき紹介 (医療) フレッシュアイペディアより)

  • 顔面エピテーゼ

    顔面エピテーゼから見た医療行為医療行為

    顔面エピテーゼ(がんめんえぴてーぜ)は、顎顔面領域に用いるエピテーゼの事。腫瘍、火傷、怪我、先天性などによる顔面部の欠損の補綴を目的としてものであり形成外科、口腔外科などで治療および研究開発が行われている。顔面エピテーゼには鼻エピテーゼ、耳エピテーゼなどがあり製作は義肢装具士、歯科技工士が担う事が多い。現在日本ではエピテーゼは医療行為として認められておらず装身具扱いであり、保険対象外となる。その影響もあり近年まで日本では欧米に比べ症例数が少なく認知度は低かったが、歯科技工士を養成する広島大学歯学部口腔保健学科で顔面エピテーゼのカリキュラムを導入され技術者の養成が始まる顔面エピテーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 母体保護法指定医師

    母体保護法指定医師から見た医療行為医療行為

    母体保護法指定医師(ぼたいほごほうしていいし。以下「指定医師」という。)とは、母体保護法(昭和23年法律156号)第14条に基づいて、医療行為を行うことが出来る医師のこと。母体保護法指定医師 フレッシュアイペディアより)

  • 浣腸

    浣腸から見た医療行為医療行為

    浣腸(かんちょう、「灌腸」とも)とは、肛門および直腸を経由して腸内に液体を注入する医療行為、もしくはそれに使用する薬剤や器具の総称。浣腸 フレッシュアイペディアより)

  • チーム医療

    チーム医療から見た医療行為医療行為

    ただし、問題点としては日本の現状では法的にほとんどの医療行為が医師の指示のもとでなければ行ってはいけないとされ、全体的な制度のみならず、例えば薬剤師における独占業務である調剤行為の定義があいまいである点があるなど各職種面での整備も追いついていない。また、現場でも長年の主従意識は容易に解消できるものではない(パターナリズムを参照)。チーム医療 フレッシュアイペディアより)

  • 病理検査

    病理検査から見た医療行為医療行為

    ヒトの疾患の診断を目的として行う病理検査は医療行為(医行為)である。したがって医師、歯科医師のみが病理診断を行う権限と責務がある。臨床検査技師は病理標本の作製に重要な役割を担うことが期待されている。標本作製の良し悪しや染色の質は病理診断の品質に大いに影響する。実際の病理検査室では、病理検体の受付登録、標本作製、染色までを検査技師等が分担し1、病理診断は医師(または歯科医師)が行っている。病理検査 フレッシュアイペディアより)

  • 接種

    接種から見た医療行為医療行為

    予防接種は、感染症を予防する目的でワクチンを生体に投与する医療行為。予防注射ともいわれる。ワクチンとは、弱毒化した病原体または死菌などであり免疫記憶の形成を誘導することで、本格的な感染を防ぐためのものと言われている。接種 フレッシュアイペディアより)

  • 鍼医

    鍼医から見た医療行為医療行為

    鍼医(はりい)は、明治時代初期までの日本において鍼を使用して医療行為を行った職業およびそれに従事していた人の名称で、鍼醫または針医(しんい)とも呼ばれた。現在ははり師として国家資格化されている。鍼医 フレッシュアイペディアより)

  • 根拠に基づく医療

    根拠に基づく医療から見た医療行為医療行為

    人体の生理反応や治療の効果・副作用には再現性は必ずしも認められず、同じ治療でも患者によって結果は異なる。しかしすべての医療行為は、目の前の患者にとって最良の結果をもたらすために医学的判断に基づいて選択されなければならない。最良の治療法を選ぶ方法論として従来は生理学的原則・知識が重視され、不足の部分を医療者の経験や権威者の推奨が補ってきた。根拠に基づく医療 フレッシュアイペディアより)

  • 医療の倫理ジレンマ

    医療の倫理ジレンマから見た医療行為医療行為

    医療の倫理ジレンマ(いりょうのりんりじれんま)は、医療の現場でしばしば用いられる用語で、ある医療行為の倫理的妥当性あるいは倫理的根拠を論じる際、より所とする倫理原則によって、全く異なる結論が導かれてしまう状態を指す。医療の倫理ジレンマ フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「無資格医療」のニューストピックワード