52件中 11 - 20件表示
  • 医行為

    医行為から見た医療行為医療行為

    医療行為という言葉も使われているが、診療の補助業務等を医療行為と呼んで医行為と区別していることもある。実際には医行為と医療行為を厳密には区別しないことも多く、医療行為(医行為)という用語を用いて医行為を説明している医事法のテキストもある。医行為 フレッシュアイペディアより)

  • 診療情報提供書

    診療情報提供書から見た医療行為医療行為

    特定機能病院を受診する際、初診患者が紹介状を持っていないと特定療養費を請求されることがある。これは紹介外来制といい、地域医療から高度医療まで医療機関ごとに役割を分担すべきとの考え方に基づく。初診患者は基本的に地域の診療所で診療し、高度な医療行為を必要とする患者は大病院へ転送するという枠組みである。診療情報提供書 フレッシュアイペディアより)

  • 母体保護法指定医師

    母体保護法指定医師から見た医療行為医療行為

    母体保護法指定医師(ぼたいほごほうしていいし。以下「指定医師」という。)とは、母体保護法(昭和23年法律156号)第14条に基づきいて、医療行為を行うことが出来る医師のこと。母体保護法指定医師 フレッシュアイペディアより)

  • 杏林大病院割りばし死事件

    杏林大病院割りばし死事件から見た医療行為医療行為

    事件後、この事件を契機として、医療崩壊が大きく進行したと言われる。。それまで、大病院の勤務医は労働条件に見合わない低収入や過酷な勤務状況に対しても、不満を自ら封印して社会のために貢献してきたが、善意に基づいて行った医療行為の結果が思わしくなかったという理由で、刑事責任を問われる事態が起こり、現場から立ち去っていった。特に救急医療においては、日本ではもともと救急専門医が少なく、こわごわと働く非救急専門医によって支えられてきた現状があったが、この事件を期に、医師は自分も犯罪者として糾弾される可能性があると考えるようになり、専門外の診療を避ける傾向が強まった。また、財政上、24時間あらゆる事態に即座に対応できる体制にある病院は存在せず、多くの中小の救急病院は、紛争を恐れて、救急医療から撤退した。このような医師への刑事責任追及に対して報道機関の果たした役割は極めて大きく、割り箸事件についてのマスコミの報道こそが今日の医療の危機的状況を作り出したといわれている。また、本件等での刑事事件化は医学研究にも深刻な影響を及ぼしている。現在、刑事責任につながる可能性があるとの思いから、学会や医学雑誌で症例報告、合併症報告、副作用報告が激減している。もしマスコミがその場にいれば「過失あり」と報道されかねないため、学会に行っても相手の間違いを指摘する質問さえしにくい雰囲気になっているという。医師同士の医学的経験・情報の共有を阻害する可能性が示唆されている。杏林大病院割りばし死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 焼灼止血法

    焼灼止血法から見た医療行為医療行為

    医学・医療の進歩に伴い、人間に対して焼コテが使われることはなくなったが、家畜などに対して行われる例はある。また、電気メスや医療用レーザー、マイクロ波凝固などの機器や酸などの薬剤を用いた治療・止血方法は焼灼止血法の原理に着眼したものである。これらは現代日本では医師が適切な方法で行なうべき医療行為であり、一般人が行うのは違法である。医師以外が行う外傷に対する応急処置としては、多くの場合において直接圧迫止血法が適切である。焼灼止血法 フレッシュアイペディアより)

  • 顔面エピテーゼ

    顔面エピテーゼから見た医療行為医療行為

    顔面エピテーゼ(がんめんえぴてーぜ)は、顎顔面領域に用いるエピテーゼの事。腫瘍、火傷、怪我、先天性などによる顔面部の欠損の補綴を目的としてものであり形成外科、口腔外科などで治療および研究開発が行われている。顔面エピテーゼには鼻エピテーゼ、耳エピテーゼなどがあり製作は義肢装具士、歯科技工士が担う事が多い。現在日本ではエピテーゼは医療行為として認められておらず装身具扱いであり、保険対象外となる。その影響もあり近年まで日本では欧米に比べ症例数が少なく認知度は低かったが、歯科技工士を養成する広島大学歯学部口腔保健学科で顔面エピテーゼのカリキュラムを導入され技術者の養成が始まる顔面エピテーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 船舶に乗り組む衛生管理者

    船舶に乗り組む衛生管理者から見た医療行為医療行為

    労働安全衛生法による衛生管理者と類似しているが、就業場所が違う事によって根拠法及び主務大臣も異なる資格として並存している。業務面での決定的な相違点は、船舶の航行中に薬剤投与、注射、縫合などの医療行為を部分的に許されている事で、このほか血圧の測定、止血なども行うため、船内では医務室などで勤務する。船舶に乗り組む衛生管理者 フレッシュアイペディアより)

  • 抜髄処置

    抜髄処置から見た医療行為医療行為

    抜髄処置(ばつずいしょち)とは、歯牙の内部に存在する歯髄を取り去る医療行為のことである。抜髄処置 フレッシュアイペディアより)

  • レセプト債

    レセプト債から見た医療行為医療行為

    多くの場合、診療報酬は、社会保険診療報酬支払基金(社保)、国民健康保険団体連合会(国保)から支払われている。医療機関は、医療行為を行った時点で保険者に対して、診療報酬を請求して受け取る権利を有しているが、保険者から報酬が支払われるまでには、必ずタイムラグが発生している。レセプト債 フレッシュアイペディアより)

  • 施術所

    施術所から見た医療行為医療行為

    医師・歯科医師と同様の医療行為を行うことはできない。施術所 フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「無資格医療」のニューストピックワード

  • 年齢的に最後のチャンスだと思って決断した。

  • 春野町美しい茶園でつながるプロジェクト推進協議会