52件中 31 - 40件表示
  • 手技療法

    手技療法から見た医療行為医療行為

    医療資格者への医業類似行為者からの要望:療術への差別や撲滅運動は、医療行為に携わる医療資格者にとって恥ずべき行為であり慎まなければならない。手技療法 フレッシュアイペディアより)

  • 瀉血

    瀉血から見た医療行為医療行為

    なお現在の日本の法律では、患者の体を切開することは医療行為にあたり、医師にしか許されない。無資格で行えば医師法違反(無資格医業)により処罰の対象となる。前述の刺絡に関しては瀉血であるか否かが議論となっているが、2006年2月1日に無資格者が瀉血を行なったとして逮捕者を出した(同5月11日に有罪判決)。日本刺絡学会の弁に拠れば、(瀉血は血管を切って血を出すものだが)刺絡は身体の所定の箇所(いわゆる「ツボ」)の皮膚に鍼を刺すか小さく切開して、指で絞る(このほか負圧にした小さなガラス容器を吸い付かせるなども)などして血を少量出すだけの、瀉血とは考え方も方法も(加えて排出される血の量も)異なる方法だとしている。ただ一部では、こういった事情にも絡んでか刺絡にしても積極的に血を絞り出させない施術を行なうところも出てきている模様である。瀉血 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道整復術

    柔道整復術から見た医療行為医療行為

    厚生労働省では医業類似行為として扱っており、医療法に基づく医療行為ではない。柔道整復術 フレッシュアイペディアより)

  • 病理検査

    病理検査から見た医療行為医療行為

    ヒトの疾患の診断を目的として行う病理検査は医療行為(医行為)である。したがって医師、歯科医師のみが病理診断を行う権限と責務がある。臨床検査技師は病理標本の作製に重要な役割を担うことが期待されている。標本作製の良し悪しや染色の質は病理診断の品質に大いに影響する。実際の病理検査室では、病理検体の受付登録、標本作製、染色までを検査技師等が分担し1、病理診断は医師(または歯科医師)が行っている。病理検査 フレッシュアイペディアより)

  • 一次救命処置

    一次救命処置から見た医療行為医療行為

    AEDは医療機器と定義されており、AEDの使用は、医学的知識をもって行うのでなければ傷病者の生命身体に危険を及ぼすおそれのある行為、つまり「医療行為」である。「医療行為」は医師法第17条「医師でなければ、医業をなしてはならない」により医師以外には禁止されている。つまり元々はAEDは医師または看護師しか使えなかった。救急隊員も使えなかった。一次救命処置 フレッシュアイペディアより)

  • カイロプラクティック

    カイロプラクティックから見た医療行為医療行為

    現行法律上、カイロプラクティックを行うことは違法ではないが、カイロプラクティックに関連する法律が存在しないため合法、適法ともいえなく、厚生労働省も黙認している状況にある。無論、人体に有害なものであれば違法、非合法となり、処罰の対象となり得る。柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師等の国家資格にはそれぞれの法律があり有資格者のため医療行為に分類されるが、カイロプラクティック、整体、エステティックなどについては無資格なので医業類似行為に分類される。カイロプラクティック フレッシュアイペディアより)

  • 自由刑

    自由刑から見た医療行為医療行為

    刑罰とはいえ最低限の衣食住が保障されており、虫歯の治療や眼鏡の製作といった医療行為も受けられるため、かえって一般社会で暮らすよりも楽に感じる人すらいる(困窮して犯罪を犯した者の場合、生活水準が向上することはままある)ため、二度と犯罪を犯させない特別予防効果が発揮されない場合がある。この傾向は特に発展途上国出身の外国人犯罪者に目立ち、日本で犯罪を犯しても(出身国の市民社会より生活水準が高く拷問などを受ける恐れもない)日本の刑務所に入れられるだけだから怖くない」と広言した犯罪者もいたと言われている。自由刑 フレッシュアイペディアより)

  • 人工透析

    人工透析から見た医療行為医療行為

    透析(とうせき)、人工透析(じんこうとうせき)とは、医療行為のひとつで腎臓の機能を人工的に代替することである。正しくは、血液透析療法である。人工透析 フレッシュアイペディアより)

  • 接種

    接種から見た医療行為医療行為

    予防接種は、感染症を予防する目的でワクチンを生体に投与する医療行為。予防注射ともいわれる。ワクチンとは、弱毒化した病原体または死菌などであり免疫記憶の形成を誘導することで、本格的な感染を防ぐためのものと言われている。接種 フレッシュアイペディアより)

  • 研修医

    研修医から見た医療行為医療行為

    日本では大学において6年間の医学教育が行われているが、医師免許・歯科医師免許を持たない学生は法律的に医療行為を行えないため、大学卒業時点では医師・歯科医師としての実地経験はないに等しい。そのため、診療に従事しようとする医師・歯科医師に対し、免許取得の後に、臨床研修の名で上級医の指導の下に臨床経験を積む卒後教育が制度化された。研修医 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「無資格医療」のニューストピックワード

  • 年齢的に最後のチャンスだと思って決断した。

  • 春野町美しい茶園でつながるプロジェクト推進協議会