61件中 41 - 50件表示
  • ラストホープ

    ラストホープから見た医療行為医療行為

    2000年、患者に訴えられアメリカでの医療行為が難しくなり、帝都大学医学部の交換研究員制度を利用し、日本へ20年ぶりに帰国する決意を固める。ラストホープ フレッシュアイペディアより)

  • 白血球

    白血球から見た医療行為医療行為

    感染症等の場合、免疫応答による好中球増加が見られるが、その初期の段階では桿状核球が増加し、さらに幼若な後骨髄球や骨髄球が末梢血に出現することがある。出血性貧血や、医療行為による骨髄抑制などによる汎血球減少からの回復期にも同様のことが起きる。このような一核細胞の増加を、核の左方推移と呼ぶ。好中球を急速に動員しなければならない事態のために、最終成熟形態でない好中球も動員されるためと思われる。白血球 フレッシュアイペディアより)

  • 好中球

    好中球から見た医療行為医療行為

    感染症等の場合、免疫応答による好中球増加が見られるが、その初期の段階では桿状核球が増加し更に幼若な後骨髄球や骨髄球が末梢血に出現することがある。出血性貧血や、医療行為による骨髄抑制などによる汎血球減少からの回復期にも同様のことが起きる。このような一核細胞の増加を「核の左方推移」と呼ぶ。好中球を早急に動員しなければならない事態のために、最終成熟形態でない好中球も動員される為である。好中球 フレッシュアイペディアより)

  • 人工透析

    人工透析から見た医療行為医療行為

    人工透析(じんこうとうせき)とは、医療行為(区分:処置)のひとつで、腎臓の機能を人工的に代替することである。単に透析(とうせき、, ダイアライシス)とも呼ばれる。人工透析 フレッシュアイペディアより)

  • 採血法

    採血法から見た医療行為医療行為

    採血は医師法によって医療行為であると定められており、医師の免許を持たない者が採血を行うことは同法で禁じられている(実際に摘発例がある)。採血法 フレッシュアイペディアより)

  • 管理栄養士

    管理栄養士から見た医療行為医療行為

    管理栄養士(かんりえいようし、)は、栄養士法(昭和22年12月29日法律第245号)に定められる資格のこと。1962年(昭和37年)の栄養士法の一部改正時に設けられた。名称独占資格の一つである。管理栄養士国家試験に合格し取得する。医療系の国家資格で唯一、法令で守秘義務が定められていない。応召義務もなし。疑義照会義務もなし。法令で定められた義務となる業務は何もなし。法令で定められた義務は、一定の規準を満たす施設への一人以上の配置のみである。従って、医療機関のNST業務や治験実施医療機関でのCRC業務に携わる例もあるなど医療系の国家資格と見なされる例もあるが、業として実施できる医療行為は法令で禁止されており一切なし。管理栄養士 フレッシュアイペディアより)

  • 瀉血

    瀉血から見た医療行為医療行為

    なお現在の日本の法律では、患者の体を切開することは医療行為にあたり、医師にしか許されない。無資格で行えば医師法違反(無資格医業)により処罰の対象となる。前述の刺絡に関しては瀉血であるか否かが議論となっているが、。日本刺絡学会の弁に拠れば、(瀉血は血管を切って血を出すものだが)刺絡は身体の所定の箇所(いわゆる「ツボ」)の皮膚に鍼を刺すか小さく切開して、指で絞る(このほか負圧にした小さなガラス容器を吸い付かせるなども)などして血を少量出すだけの、瀉血とは考え方も方法も(加えて排出される血の量も)異なる方法だとしている。ただ一部では、こういった事情にも絡んでか刺絡にしても積極的に血を絞り出させない施術を行なうところも出てきている模様である。瀉血 フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔科医

    麻酔科医から見た医療行為医療行為

    麻酔科医(ますいかい、)または麻酔医とは、術前、術中、術後に麻酔の管理を行う麻酔科の医師であり、今日では手術の進行と共に不安定になる患者の容態を医療行為によって生命維持する役割(全身管理)を担う。術中だけでなく術前・術後の麻酔科医の任務を重視して、他科と協同して行う周術期管理と呼ぶ。手術室でのチーム医療(手術チーム)の一員である他、複数の麻酔科医を麻酔チームと呼ぶこともある。重労働であるため、他国でを制度化している例があるが、日本では看護師などコメディカルの周術期業務を整理・統合し、患者の入院から手術を経て退院までの業務の流れを効率化するのと合わせて、麻酔科医を名実共にリーダーとして周術期のチーム医療を実現するという「周術期管理チーム」の名称の下に調整が進行中である。全身麻酔手術中は、鎮静薬、鎮痛剤、筋弛緩剤などによって、呼吸を含む患者の生命維持機能の多くが停止するため、必然的に麻酔のみでなく生命維持全般を受け持つ。術後の意識状態の確認も含み、救急医療での蘇生(心肺蘇生法)との学術的繋がりが深いため講座名として麻酔蘇生学を名乗る教室が増えている。救急外来では通常救急専従医か麻酔科医のどちらかが主治医となり急患の全身管理を担う。麻酔科とペインクリニックの両方を標榜する診療科もある。麻酔薬の薬理学などを外科学に応用する立場で、学術的な関連領域は広い。麻酔科医 フレッシュアイペディアより)

  • 杏林大病院割りばし死事件

    杏林大病院割りばし死事件から見た医療行為医療行為

    事件後、この事件を契機として、医療崩壊が大きく進行したと言われる。それまで、大病院の勤務医は労働条件に見合わない低収入や過酷な勤務状況に対しても、不満を自ら封印して社会のために貢献してきたが、善意に基づいて行った医療行為の結果が思わしくなかったという理由で、刑事責任を問われる事態が起こり、医師が現場から立ち去っていった。杏林大病院割りばし死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 焼灼止血法

    焼灼止血法から見た医療行為医療行為

    医学・医療の進歩に伴い、人間に対して焼コテが使われることはなくなったが、家畜などに対して行われる例はある。また、電気メスや医療用レーザー、マイクロ波凝固などの機器や酸などの薬剤を用いた治療・止血方法は焼灼止血法の原理に着眼したものである。これらは現代日本では医師が適切な方法で行なうべき医療行為であり、一般人が行うのは違法である。医師以外が行う外傷に対する応急処置としては、多くの場合において直接圧迫止血法が適切である。焼灼止血法 フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「無資格医療」のニューストピックワード