前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 医療行為

    医療行為から見た看護師

    医師のみが行える医業(歯科医師が行う歯科医業をここでは含む)とは、医行為(医)を反復継続の意思をもって行うこと(業)であり、医行為のうちの一部は他の有資格者(看護師等)にも認められている。このほか、調剤を行う薬局も医療法で医療提供施設と定められていることから、薬剤師の調剤も医療行為に該当する。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見たホームヘルパー

    患者の安全の為、医療行為を業として行う者を制限することは必要なことではあるが、その範囲が曖昧なため、在宅患者に対して簡単な行為でもホームヘルパーが行えないなど不利益も生じており、一部の行為については範囲が設定された。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た自動体外式除細動器

    医療行為は業として行わなければ、これを全面的に禁止する法令はない。無資格者であっても、前述の条件を満たすなどの上で正当性があれば、心肺蘇生法や自動体外式除細動器の使用などの応急処置を行うことができるのは、業として行うのではないからである。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た暴行罪

    体にメスを入れたり、エックス線を照射したりするように、他者の身体を傷つけたり体内に接触したりするような医療侵襲行為は、これが正当な業務でなければ傷害罪や暴行罪に該当する違法性がある。したがって、たとえ医療のためであってもこのような行為を行うには、正当な医療行為とされる後述の条件を満たす違法性阻却事由が必要である。医療従事者には、その行為が特別に許されるための要件として、資格(医師免許、歯科医師免許、看護師免許、助産師免許等)がある。医療行為には患者にとって不利益な事態をまねく恐れが大きいものもあるので、相応の知識と医療倫理が要求される。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た調剤

    医師のみが行える医業(歯科医師が行う歯科医業をここでは含む)とは、医行為(医)を反復継続の意思をもって行うこと(業)であり、医行為のうちの一部は他の有資格者(看護師等)にも認められている。このほか、調剤を行う薬局も医療法で医療提供施設と定められていることから、薬剤師の調剤も医療行為に該当する。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た薬剤師

    医師のみが行える医業(歯科医師が行う歯科医業をここでは含む)とは、医行為(医)を反復継続の意思をもって行うこと(業)であり、医行為のうちの一部は他の有資格者(看護師等)にも認められている。このほか、調剤を行う薬局も医療法で医療提供施設と定められていることから、薬剤師の調剤も医療行為に該当する。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た医療法

    医師のみが行える医業(歯科医師が行う歯科医業をここでは含む)とは、医行為(医)を反復継続の意思をもって行うこと(業)であり、医行為のうちの一部は他の有資格者(看護師等)にも認められている。このほか、調剤を行う薬局も医療法で医療提供施設と定められていることから、薬剤師の調剤も医療行為に該当する。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た刺青

    レーザー脱毛、刺青を入れる行為、ケミカルピーリング医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た傷病

    医療行為(いりょうこうい)とは、人の傷病の治療・診断又は予防のために、医学に基づいて行われる行為である。医療行為 フレッシュアイペディアより)

  • 医療行為

    医療行為から見た心肺蘇生法

    医療行為は業として行わなければ、これを全面的に禁止する法令はない。無資格者であっても、前述の条件を満たすなどの上で正当性があれば、心肺蘇生法や自動体外式除細動器の使用などの応急処置を行うことができるのは、業として行うのではないからである。医療行為 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「無資格医療」のニューストピックワード

  • 年齢的に最後のチャンスだと思って決断した。

  • 春野町美しい茶園でつながるプロジェクト推進協議会