51件中 11 - 20件表示
  • ハイパーレストラン

    ハイパーレストランから見た無銭飲食無銭飲食

    食い逃げ集団3人組。初回と二回目の登場で大いにそのデザインを変えている。ハイパーレストラン フレッシュアイペディアより)

  • 強制通用力

    強制通用力から見た無銭飲食無銭飲食

    飲食店での飲食後の支払いや、交通機関の利用後の支払い(いずれも後払いの場合)、個人間の口頭による金銭貸借による債務を想定すると、例えばもし支払うべき者が「硬貨」しか持ち合わせていなければ、計算上金額は足りていたとしても、「硬貨」の通用制限を根拠とした受けとり側の拒否によって、支払いができないという事態が生じうる。ただし、債務不履行の問題とはなっても、支払いの意思に関して故意や重大な過失のない限りは無銭飲食や不正乗車の問題とはならない。強制通用力 フレッシュアイペディアより)

  • 立喰師

    立喰師から見た無銭飲食無銭飲食

    押井の「もし仕事を辞めたらこんなことをしてみたい」という妄想から生まれた架空の職業。飲食店で話術や奇行など様々な手段を用いて店員を圧倒し、その隙に飲食代金を支払わずに店を出る者のこと。またライバル店を潰すために兵隊として雇われることもある。その手法は暴力や恫喝を用いず、一種の芸の域に達しており、その点が単なる食い逃げ・無銭飲食とは異なる。立喰師 フレッシュアイペディアより)

  • ルーファス (ストリートファイター)

    ルーファス (ストリートファイター)から見た無銭飲食無銭飲食

    二人の馴れ初めは『ストIV』本編から2年前の秋、大勢の男たちに追われているキャンディを偶然その場に居合わせたルーファスが助けたことがきっかけ。なお、キャンディが追われていた原因は食い逃げである。ルーファス (ストリートファイター) フレッシュアイペディアより)

  • まりかセヴン

    まりかセヴンから見た無銭飲食無銭飲食

    宇宙寄生体。体長10センチ程度のタイノエに似た群体生物で、テレパシーのようなもので繋がっているゆえ、一匹が苦痛を感じると他の仲間全てに伝播する。準レギュラーのメガネ警官を含む多数の都民の体内に寄生、栄養摂取のため宿主の食欲を刺激して都内各地で無銭飲食を行わせていた。十分に栄養を蓄えると大量の幼生を産む。寄生相手の全員が意識を乗っ取られるわけではなく、宿主の中には普通にバスの運転手をしていた者もいる。セヴン同様に化学刺激物質を苦手としており、これを使われた苦痛から一斉に宿主の体を捨てて合体・巨大化した。まりかセヴン フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤初代

    伊藤初代から見た無銭飲食無銭飲食

    前から初代に目をつけていた川島は、店の帳場で畳に短刀を突き立てながら、店の主人に初代の居所を聞き出すと、それならお前が2人(初江と権藤)をまとめてやれと引き下がり、川端と石濱を飲みに誘い無銭飲食で2、3軒つき合わせた。無頼な川島連中は、関係のない客に理由なくつっかかり喧嘩をした後、川端と別れる時に、初代のことはさっぱり諦めろと忠言した。伊藤初代 フレッシュアイペディアより)

  • 食券

    食券から見た無銭飲食無銭飲食

    個々の食堂・レストランやファーストフードチェーン・ファミリーレストランなど、主に店頭の自動券売機において発券され、その販売者の元で決められた場所でのみ有効となり、また、有効期限なども任意に決められる。なお、金券形式で発行される場合には「食事券」ともいう。食券を発行することによって、金銭管理の省力化、人員不足の解消、無銭飲食(食い逃げ)を防いだり、数量管理の簡素化を図ることができる。食券 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋数良

    高橋数良から見た無銭飲食無銭飲食

    旧制高松中学校(現・県立高松高校)に進学すると、同窓には後に政界に進出して“ヤジ将軍”の異名を取る三木武吉や小説家として文藝春秋を立ち上げる菊池寛らがいた。しかし1900年6月に高松名物“夜鳴きそば”の屋台をひっくり返し食い逃げする事件を起こし、その首謀者として放校処分を受けた高橋は岡山の関西中学(現・関西高校)へ、三木武吉は京都の同志社中学校(現・同志社高校)へ、それぞれ転校させられてしまった。高橋数良 フレッシュアイペディアより)

  • ヤッさん

    ヤッさんから見た無銭飲食無銭飲食

    中学3年生。亡くなった父譲りの大の蕎麦好きが高じて、高校進学をせずに蕎麦打ちの職人になりたいと告げたところ、母親の理解を得られず、函館から家出。東京の蕎麦の名店で食い逃げを繰り返していたところをタカオに捕まり、ヤスが善後策を練る。ヤッさん フレッシュアイペディアより)

  • ハイ・ヌーン

    ハイ・ヌーンから見た食い逃げ無銭飲食

    ドラマは、上記のように再び最初のメニューから注文し始めたところで終了となるが、原作の『すすめ!!パイレーツ』はギャグ漫画であるため、オチの付いた終わり方となっている。原作では、ラーメン屋に入った粳寅満次が最後のメニューである五目冷やしを平らげ、メニュー全53品目を完食した後、周囲が祝福する中でテレビのインタビューに答えるのだが、その後、夕暮れの街に消えていく満次の姿を見届けた店主がポツリと一言、「食い逃げだ…」と呟き、周囲がずっこけて話が終わる。なお、満次は五目冷やしの前にメニューには無いプリンアラモードを注文しているが、それが実際に満次に提供されたのか、そしてそれを満次が完食したのかどうかは不明。ハイ・ヌーン フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「無銭飲食・宿泊、無賃乗車」のニューストピックワード