1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示
  • 太陽にほえろ!

    太陽にほえろ!から見た無銭飲食無銭飲食

    東京都出身。1949年(昭和24年)生まれ。殉職した早見の後任(赴任前は七曲署管内の交番勤務)。看護婦の母と実家で暮らしている。配属当日の、1973年(昭和48年)7月18日に無銭飲食で捕まり、留置場から初出勤した。空手の有段者で、それを武器に一張羅のジーパン姿で暴れまわる。太陽にほえろ! フレッシュアイペディアより)

  • 適応障害

    適応障害から見た無銭飲食無銭飲食

    行動的な障害を伴う患者は、ストレスが原因で普段とはかけ離れた著しい行動に出ることがあるが、患者本人はそれらの行動の変化に懸念や自責の念を持たないことが多い。それらの行動の具体例としては、アルコール依存、万引き、虚偽の発言、睡眠時間の極端な変化、過度な攻撃性による喧嘩、喫煙開始あるいは禁煙からの再開、無銭飲食や無賃乗車、借金返済の拒否、規則違反などが挙げられる。適応障害 フレッシュアイペディアより)

  • すずらん (朝ドラ)

    すずらん (朝ドラ)から見た無銭飲食無銭飲食

    上野駅に降り立った萌は、次郎に手渡されたメモに下宿先が書かれていたものの土地勘が無く、人に尋ねている合間に生活費をスリに遭い途方に暮れる。その晩、駅の近くにある「猫又食堂」で手持ち僅かな全財産で食事をするが、お茶のお替わり分の代金を払えなくなり、店主で女将のとしに無銭飲食だと言いがかりをつけられるが、萌はとしの計らいから住み込みで働くようになる。ここで永年の友人となる民子らと知り合い、駅舎などの設計建築に携わっている鉄道省技術職員の日高正憲と結婚するに至り、光太郎をもうけたが、正憲は用務先の満州で戦乱に巻き込まれ帰らぬ人となった。すずらん (朝ドラ) フレッシュアイペディアより)

  • 近頃なぜかチャールストン

    近頃なぜかチャールストンから見た無銭飲食無銭飲食

    不良少年の小此木次郎は、婦女暴行未遂を働いて留置場に放り込まれた。留置場には、日本人であることを捨てた、自称「ヤマタイ国」の閣僚を名乗る6人の老人たちがいて、彼らは日本の国会議事堂に表敬訪問に訪れた際、無銭飲食で捕まったのだった。翌朝、次郎と老人たちは釈放されるが、「ヤマタイ国」が気になる次郎は彼らの住処を訪れ、「不法入国」で捕まってしまう。スパイ容疑による死刑を何とか免れた次郎は、「ヤマタイ国」の労働大臣(雑用係)に任命され、老人たちとの奇妙な共同生活を始める・・・。近頃なぜかチャールストン フレッシュアイペディアより)

  • 蛙 (喜劇)

    蛙 (喜劇)から見た無銭飲食無銭飲食

    船が向こう岸につくと、クサンティアースはすでに到着しており、二人はさらに進む。そこには秘教会の集団が幸せに包まれて踊っているので、彼らと共に進んで地獄の王であるプルトーンの宮殿に着くが、門番アイアコスはディオニューソスを見るとその衣装からヘラクレスであると思いこみ、かつて彼が地獄の番犬ケルベロスを殺した時のことをあげて怒鳴りつけ、巡査を呼びに行く。ディオニューソスは怖くなってクサンティアースと衣装を交替する。すると今度はペルセポネーの侍女がやってきて、女王が彼を歓待する用意をしていると告げる。ディオニューソスは再び衣装の交替を要求する。直後にヘラクレスが来た時に無銭飲食をやらかした宿屋のものが彼らを見つけ、告訴をすると言う。ディオニューソスはもう一度衣装の交替を求める。二人はやって来たアイアコスらに捕まり、尋問、拷問と鞭打ちを受け、プルトーンの元に連れて行かれる。蛙 (喜劇) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示

「無銭飲食・宿泊、無賃乗車」のニューストピックワード