51件中 41 - 50件表示
  • 名古屋市中区栄スナックバー経営者殺害事件

    名古屋市中区栄スナックバー経営者殺害事件から見た無銭飲食無銭飲食

    この事件から2週間後の2月19日、所持金がわずか39円しかなかったBは、東京都台東区浅草の喫茶店にいたところを、諏訪署の捜査員に詐欺(無銭飲食)容疑で逮捕された。その後、諏訪署に連行されたBは同月20日になって、女将の殺害について「自分がやった」と容疑を認めたため、同日に殺人・死体遺棄容疑で逮捕された。同年10月、Bは殺人、窃盗罪などで、長野地方裁判所から、懲役15年(求刑懲役20年)の判決を受け、岐阜刑務所に服役していた。判決後の接見で、Bは国選弁護人から「刑務所で悪知恵を付けるんじゃないぞ。出てきて街で会ったら声を掛けてこい」と語りかけられた。事件を知ったBの母は、被害者の女将の冥福を祈るため、四国八十八箇所を遍路し、月に1度、獄中の息子へ送った手紙に改心を願う母心をつづった。名古屋市中区栄スナックバー経営者殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • ホテル

    ホテルから見た無銭飲食無銭飲食

    日本では、ビジネスホテル等の廉価なホテルは前払い方式、それ以外の高級ホテルや観光地の旅館タイプのホテルでは、チェックアウト時に支払う後払い式が比較的多く、後者の方式を採用しているホテルは、多少なりとも客による「無銭飲食」「無銭宿泊」(詐欺罪が成立する)の負債を負うことになる。ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 対馬

    対馬から見た無銭飲食無銭飲食

    一部の韓国人観光客は、外国人には禁止されている撒き餌漁を行ったり、飲食店では食い逃げや、食料品を持ち込んで注文をせずに居座るなどの行為が問題となっており、飲食店の中には「韓国人観光客お断り」の店も増えてきている。100円ショップやスーパーなどでの万引きも横行しており、島民は困惑している。また、壱岐対馬国定公園内に大韓民国の国花であるムクゲを無許可で植栽し、逮捕者を出すなどの問題も発生している。なお、韓国には対馬にムクゲを植える運動を広げる旅行社がある。対馬 フレッシュアイペディアより)

  • デジモンアドベンチャー

    デジモンアドベンチャーから見た無銭飲食無銭飲食

    デジタルワールドでは通貨の概念が存在し、現在判明している限りではドルが使われていた。金はレストランなどで使う模様(日本円で払った場合は無銭飲食となる)。ただし、デジタルワールドには食べられる植物(バナナに似た果物など)や、中身の入った冷蔵庫のような理不尽な物まで、至るところに食料があるので、場所にもよるが食料の確保はそう難しくは無い。海には魚がいて、デジモン以外の生物もいる様子。また、薬草も取れるので万が一、怪我や病気の時も安心。デジモンアドベンチャー フレッシュアイペディアより)

  • 自転車

    自転車から見た無銭飲食無銭飲食

    若者の間では俗にチャリンコとも呼ばれるが、この語は戦前には無銭飲食あるいはスリを意味する言葉であったため、高齢者との会話での使用には注意を要する。また自転車を指す俗語の方言としては「ケッタ」「ケッタマシーン」がある。自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本典道

    熊本典道から見た無銭飲食無銭飲食

    1991年 - 司法修習で同期の弁護士の和田久を頼って鹿児島市に転居、鹿児島弁護士会に移籍、和田法律事務所で働く。大腸癌、肝硬変、黄疸などの体調不良のため仕事を減らし静養。熊本によると、当時の仕事は法律相談に乗ることだったというが、和田によると当時の熊本は事務所で本を読んだり外出したりでほとんど何もしなかったという。私生活では酒に溺れ、娘ほどの年齢のスナックの女性に入れあげ、アパートの部屋は足の踏み場もなく、タバコや蚊取り線香でボヤ騒ぎを起こし、無銭飲食でトラブルになったこともある。熊本典道 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭 小遊三

    三遊亭小遊三から見た食い逃げ無銭飲食

    メンバーの中で最も下ネタを発することが多く、司会者や他のメンバーから「変態」扱いされている。そのため司会者からは回答の後、座布団を没収されることが多い。他には、自分を木村拓哉、ペ・ヨンジュン、福山雅治、アラン・ドロンやジョニー・デップなど様々な二枚目の有名人に例えるナルシストネタ、深川通り魔殺人事件の犯人に顔が似ている事から始めた泥棒・刑務所・手錠・食い逃げなどの犯罪者ネタ、自動販売機の釣銭拾いネタ、駅前の自転車窃盗ネタなども定番となっている。三遊亭小遊三 フレッシュアイペディアより)

  • 三里塚闘争

    三里塚闘争から見た無銭飲食無銭飲食

    ただし、新左翼党派の中でも階級闘争至上主義の革マル派は三里塚闘争を「小ブルジョア農民の自己保身」と揶揄したほか、内ゲバや地元の食堂での無銭飲食など素行の悪さが目立ったため、1970年1月に反対同盟の幹部会で「現地闘争に主体的に参加せず、他派に対する誹謗のみを目的とした」として、運動から追放された。その後、革マル派は三里塚闘争への妨害活動を続けている。三里塚闘争 フレッシュアイペディアより)

  • 死のう団事件

    死のう団事件から見た無銭飲食無銭飲食

    これらの要人暗殺計画は警察側の調書に基づき報道されたものだが、のちに事件を取材した保坂正康は「テロ計画は全くなかった」と結論し、血気にはやる1名の男が増上寺焼き討ちを計画しただけだとしている。なお、焼き討ちの計画を知った江川は、男に無銭飲食の罪を着せるという手荒な手段を用いて計画を止めさせているが、計画を狂わされ決行日を留置場で過ごす羽目となった男は、日蓮会を去った後もこれを諦めず、遂に捕縛されている。死のう団事件 フレッシュアイペディアより)

  • 異世界食堂

    異世界食堂から見た無銭飲食無銭飲食

    過去に食い逃げを起こしたため、店主に許してもらった現在でも扉に拒絶され1人では来店ができなくなっている。そのため、「ねこや」を訪れる際は扉を開けてもらうための同行者を必要としている。異世界食堂 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「無銭飲食・宿泊、無賃乗車」のニューストピックワード